二人目不妊だから欠かせないケアとは? - 不妊治療専門漢方鍼灸治療院 馬場聖鍼堂

お電話でのお問い合わせ:072-633-3253 ご相談・ご予約はこちらから
お電話でのお問い合わせ:072-633-3253 ご相談・ご予約はこちらから

HOME > テーマ別ブログ > 二人目不妊の原因と治療 > 二人目不妊だから欠かせないケアとは?

二人目不妊だから欠かせないケアとは?

2014年09月26日

二人目不妊は、一人目は授かれたけど
二人目をなかなか授かれないという不妊のことをいいます。

二人目不妊の原因や理由は色々ありますが
病院などでの治療内容は一人目の時と全然変わらない
そういうことは多いですよね。

でも、二人目不妊には一人目の時とは違い
欠かせないケアがあるということをご存知でしょうか?

一人目の時と二人目の時とで
絶対的に異なることが1つだけあります。


それは、

お子さんがいる

ということです。


そうです。

二人目不妊のケアにはお子さんのケアが欠かせないのです。



二人目不妊には母子のケアが欠かせない。

それでなくても、
子育て奮闘中のお母さんはお子さんに引っ張られます。

起きる時間や寝る時間、食事にトイレに遊びの時間、
未就学で保育園や幼稚園入園前だったり
昼寝をしなかったりだったら一日中つきっきりになることだって
少なくありませんよね。

これは主婦でも職場復帰していても
さほど変わりません。

ご夫婦でうまく子育てや家事などをうまく分担されている
方もいらっしゃいますが
やっぱり、お子さん中心の生活になることが多いです。


これだけでも大変なのに
子供はちょっとしたことで熱を出したり
風邪を引いたりすることも多いです。


となると、
保育園などはお休みしないといけなくなりますから
お母さん(またはお父さん)は付きっきりで看病されますよね。

もちろん、日常の家事などは通常どおりですから
負担はとても大きくなります。


すると、
お子さんの体調回復と時を同じくして
お母さんの体調が悪くなる・・・
ということも・・・

実際に多いんですよね。

お子さんから風邪などをもらってしまって体調を崩す
ということもありますし
お子さんの体調が回復して、気が抜けて、反動で体調を崩す
ということも意外と多いです。


また、この逆パターンもあります。

先にお母さん(お父さん)が体調を崩して
それがお子さんに伝染してしまうパターンです。

これはどちらかというと
お母さんやお父さんの消耗から始まることが
多いように感じます。


「母子はつながっている」

母と子はつながっている


お母さんとお子さんは
生まれる前は臍の緒でつながっていますが
色々な母子にお会いしたり、お話を聞いたりすると
そのつながりは出産後もあるというように思えます。
出産後も母乳でつながりますしね^^


ということで
二人目不妊の治療には、お子さんのケアというのも
大切な要素なんです。


当院ではお子さんを直接治療することは出来ませんが
ご家庭で親子でできるケアの方法などは
アドバイスさせて頂く事はできますので
ご来院いただいた際にでも、気軽に聞いてみてくださいね!(^_^)


では、今週はこの辺で。

二人目不妊担当 万木祥太郎



お問い合わせ
お問い合わせ
お電話でのお問い合わせ:072-633-3253

PageTop

btn_shindan01.gif
btn_shindan02.gif
btn_merumaga.png
メディアで紹介されました
赤ちゃんが欲しいクリニック 妊活スタートBOOK 2017
赤ちゃんが欲しいクリニック
妊活スタートBOOK 2017

不妊専門のおすすめ鍼灸院として紹介されました。

赤ちゃんが欲しい2016年秋号
赤ちゃんが欲しい
2016年 秋号

不妊専門のおすすめ鍼灸院として紹介されました。

医道の日本2015年10月号
医道の日本 2015年10月号
はりきゅう師向けの業界誌で当院の不妊鍼灸治療の内容などが紹介されました。

CREA2014年11月号
CREA 2014年11月号
不妊専門のおすすめ鍼灸院として紹介されました。

赤ちゃんが欲しいカップルのためのガイドBOOK
赤ちゃんが欲しいカップルのためのガイドBOOK
不妊専門のおすすめ鍼灸院として紹介されました。
出版書籍
「子宝地図」で赤ちゃんを授かる!
馬場乾竹著「子宝地図」で赤ちゃんを授かる!
新着記事
カテゴリー
メニュー
休診日カレンダー


:休診日

連絡先
〒567-0897
大阪府茨木市主原町6-32
馬場聖鍼堂

Tel/Fax 072-633-3253
受付時間 9:00〜20:00
馬場聖鍼堂ブログ
お問い合わせ