やっぱり愛なんだな。 - 不妊治療専門漢方鍼灸治療院 馬場聖鍼堂

お電話でのお問い合わせ:072-633-3253 ご相談・ご予約はこちらから

HOME > テーマ別ブログ > 二人目不妊の原因と治療 > やっぱり愛なんだな。

やっぱり愛なんだな。

2015年02月13日

20150213_本.jpg

二人目不妊の原因に多いセックスレス。
二人目不妊でなくても、
セックスがタイミングの時だけになったり
体外受精などの高度生殖医療にステップアップすると
まったくなくなってしまったり・・・

不妊治療をしていると
こんな風に淡泊な夫婦関係になってしまうこと、意外と少なくないんですよね。

でも実は、東洋医学の古典によると、妊娠するための大切な部分が欠乏している状態と言えるんです!



馬場聖鍼堂では、古典に基づいた東洋医学的な鍼灸治療を行っています。
ですので、
何100年や何1000年も前に書かれたような書物を読んで
勉強をすることが多いのですが(もちろん最新の近代的な生殖医療についても勉強してます)
ある古典に妊娠するために大切な事が書かれていましたので
今回はそれを紹介させて頂きますね。


それは、『臓腑経絡詳解』という江戸時代に書かれた本で
五臓六腑の東洋医学的な働きや、経絡、関係する病症などについて記されています。

その本の中にこういった文章があります。


人の生ずる男女交合にして、一滴の精。
母の子宮に納に生ず。
その精泄るや。
父母の感情、心に動し。
其の気、下焦腎陰に及ぶ。
及ぶ時は即ち、下も動じて精泄。
然る時は即ち、この精泄感心に生ず。
心の感は神の感なり。
神感して其の気下に及びて精泄れる時は即ち、其の精中自ずから感ずる所の神気集まれり。


端折りながら現代風に分かりやすくざっくり意訳すると次のような感じです。


男女がセックスをすることで一滴の精が子宮に入ります。
父母の感情により精の心(神)が動き、その気が腎臓におよび妊娠します。
赤ちゃんの精は父母の感心から生まれるのです。


ざっくり意訳でも分かりにくいですが
つまり、
妊娠するためには父母の感情や感心が必要
ということが書かれているのです。


ここでいう"感情"や"感心"とはなんでしょう?


"感情"の意味を国語辞典で引いてみたら次のようにありました。

物事に感じて起こる気持ち。
外界の刺激の感覚や観念によって引き起こされる、ある対象に対する態度や価値づけ。
快・不快、好き・嫌い、恐怖、怒りなど。


なるほど。
先ほどの文章の"感情"に当てはめると、これでもなんとなく意味は通りますが
それでもいまいちはっきりしませんね。


では、東洋医学的に陰陽で考えてみるとどうなるか
というと
ここの文章の"感情"は
「快感」と「愛」
というように解釈することが出来ます。

形ある肉体的なものから得られる「快感」(陰)
決して形では現すことが出来ない「愛」(陽)です。


つまり、
単にセックスで気持ちが良いだけでは授かることが出来ないし
もちろん愛だけあっても授かることが出来ない

ということです。


不妊治療で、タイミングを合せようとすると
どうしても、機械的で形だけのセックスになってしまいがちです。

また、人工授精や体外受精では、妊娠するために
そもそもセックスを必要としません。

セックスレスのご夫婦でしたら
尚更かもしれませんね。


けど、
普段目に見えない"気"などを意識し、感じながら
治療している僕たちからすると、ここに書かれているような
"感情"はやっぱり必要なことだと思います。

もちろん、科学的な根拠はありません。


けど、
女性(陰)だけや男性(陽)だけでは妊娠出来ません。
かならず陰陽の交流は必要なのです。

不妊治療をされているご夫婦には
二人目不妊でも、お一人目でも、セックスレスでも
人工授精や体外受精にステップアップされていても
こういった"感情"を感じ、陰陽を交流させながら
不妊治療に向き合っていくということも
大切なことだと思います。

なんだかんだいっても、やっぱり「愛」は重要ということですね!(^^)


ということで、今回はこの辺で。


なお、東洋医学的な古典の解釈の仕方は色々あります。
この解釈が全てではありませんので、あしからず。。m(__)m


二人目不妊担当 鍼灸師 万木祥太郎




お問い合わせ
お問い合わせ
お電話でのお問い合わせ:072-633-3253

PageTop

btn_shindan01.gif
btn_shindan02.gif
btn_merumaga.png
メディアで紹介されました
赤ちゃんが欲しいクリニック 妊活スタートBOOK 2017
赤ちゃんが欲しいクリニック
妊活スタートBOOK 2017

不妊専門のおすすめ鍼灸院として紹介されました。

赤ちゃんが欲しい2016年秋号
赤ちゃんが欲しい
2016年 秋号

不妊専門のおすすめ鍼灸院として紹介されました。

医道の日本2015年10月号
医道の日本 2015年10月号
はりきゅう師向けの業界誌で当院の不妊鍼灸治療の内容などが紹介されました。

CREA2014年11月号
CREA 2014年11月号
不妊専門のおすすめ鍼灸院として紹介されました。

赤ちゃんが欲しいカップルのためのガイドBOOK
赤ちゃんが欲しいカップルのためのガイドBOOK
不妊専門のおすすめ鍼灸院として紹介されました。
出版書籍
「子宝地図」で赤ちゃんを授かる!
馬場乾竹著「子宝地図」で赤ちゃんを授かる!
新着記事
カテゴリー
メニュー
休診日カレンダー


:休診日

連絡先
〒567-0897
大阪府茨木市主原町6-32
馬場聖鍼堂

Tel/Fax 072-633-3253
受付時間 9:00〜20:00
馬場聖鍼堂ブログ
お問い合わせ