二人目不妊、ママ友付き合いのストレスケアも - 不妊治療専門漢方鍼灸治療院 馬場聖鍼堂

お電話でのお問い合わせ:072-633-3253 ご相談・ご予約はこちらから

HOME > テーマ別ブログ > 二人目不妊の原因と治療 > 二人目不妊、ママ友付き合いのストレスケアも

二人目不妊、ママ友付き合いのストレスケアも

2015年08月29日

不妊治療をされていると
様々な悩みやストレスがつきまとうものですが
二人目不妊でお悩みのかたにつきものなのが
ママ友同士の付き合いです。

育児をしていく上で、
色々な悩みを相談できたり、夫の愚痴もこぼせる
ママ友の存在ってけっこう重要だったりしますよね。

特に同じ校区やご近所にお住まいだったり
子どもの通う保育園や幼稚園のママ友というのは
子どもの成長とともに長い間お付き合いすることになる
ということも多いです。

けど、
二人目不妊で治療をしていると
そんなママ友との関係も辛くなることがあります。

いわゆる"二人目ラッシュ"という時期です。

子どもが2~3歳を過ぎた頃から
二人目妊娠の知らせを耳にすることが多くなってきます。


二人目不妊で悩まれている方には
一人目のお子さんも不妊治療の末、念願叶って授かった
という方もたくさんいらっしゃいます。

以前の不妊治療中に友人たちの妊娠や出産ラッシュで
辛い思いを経験をされている方もいらっしゃいますから
その頃の嫌な気持ちがよみがえってくるということもあると思います。

ですので
今まさに二人目妊活中というときの
ママ友のおめでた話は
祝福してあげたい気持ちがある一方で
なかなか授かれない自分自身に劣等感や敗北感を抱いてしまい
素直に喜んであげられない
ということもあると思います。

けれども
そういう気持ちとは裏腹に
ママ友同士ではマタニティトークが多くなっていったり
また別のママ友の二人目妊娠ラッシュが続いたりと
精神的にしんどくなってしまうことは少なくありません。


「子どものこともあるしママ友とはいい関係でいたい」
「ママ友の妊娠や出産を祝ってあげたい」
「けど、誰よりも妊活をがんばっているのに先に妊娠されたことが辛い」
「本当は、他人の妊娠の話は聞きたくないし、祝えるほど心に余裕もない」
「できることなら、妊娠中の人からは避けたい」


こういった気持ちで押し殺されそうになってしまうことも
あると思います。

もしかしたら
「友達の妊娠を祝えない自分はなんて酷い人間なんだ・・・」
というように
ご自身を卑下してしまうこともあるかもしれませんね。


大丈夫ですよ。

それだけの努力や苦労をされているのですから
こういった感情を抱いてしまったとしても
仕方のないことです。

無理矢理、気持ちにウソをつくことはありません。


とはいえ、
こういった気持ちの葛藤は
そのままストレスとなり、
結果的には不妊の状態をより良くない方向に進めてしまうことに
つながりかねません。

東洋医学では、"心身一如"という言葉があり
心が病むと、身体も病んでしまうのです。


では、
こういう時どうすればよいのでしょうか?

方法はいくつかあります。

・しんどいのを我慢して今まで通りのママ友付き合いを続ける
・妊娠中のママ友を避ける
・妊活中ということをママ友に話して、精神的にしんどいということを理解してもらう

などなど、
インターネットの質問サイトなどでも
色々な方の経験談や対策などが紹介されてます。

どれが良いかは
ママ友との関係性や、お互いの性格などに依存するので
一概にこれが一番良い!というのは難しいのですが
どの方法でも共通していえる
大切なことは、「意識の変化」です。


例えば、
妊娠したママ友の嬉しそうな振る舞いや、大きくなってきたお腹などに
嫌悪感を抱いたり、遠ざけたい気持ちがあることは仕方がないと思います。

けど、そういったママ友の姿は
近い将来、自分自身がなりたい姿であるはずです。

その姿を否定するというのは、
自分自身の将来像を否定するということにもつながってしまい
そのイメージが深層心理に残り
無意識のうちに、ご自身の妊娠を遠ざけることになりかねないのです。

ですので
ママ友の妊娠や出産というのは
ご自身の将来像として
むしろ、どんどん受け入れ、接していった方が
妊娠という結果を引き寄せやすくなる
ということですね。


とはいえ、
こうした方が良いとはいっても
心は簡単に付いてきてくれるものではありません。

ですので、最初はやはり時間が必要かもしれません。

心に無理をかけすぎず、自分のペースで向き合っていけば良いと思います。


また、"心身一如"は、カラダからココロにもつながります。

つまり、カラダを治療して良くなってくると
ココロも良くなっていく
ということです。

メンタル面へのアプローチは、
ある意味、東洋医学的な鍼灸治療の真髄でもあります。

実際、当院で治療を続けているうちに
外で見かける妊婦さんが気にならなくなってきたり
自分のことのように思えるようになってきたという方は
たくさんいらっしゃいます。


そうして
以前のように普通に接することができるようになってきたときには
心も身体も良くなってきているということですので
あなたの妊娠にも、ぐぐっと近づいているということです!


"心身一如"です。

ココロもカラダもととのえて
ママ友とも良い関係で妊活していきましょうね(^^)


では、今回はこのへんで。

二人目不妊担当 万木祥太郎



お問い合わせ
お問い合わせ
お電話でのお問い合わせ:072-633-3253

PageTop

btn_shindan01.gif
btn_shindan02.gif
btn_merumaga.png
メディアで紹介されました
赤ちゃんが欲しいクリニック 妊活スタートBOOK 2017
赤ちゃんが欲しいクリニック
妊活スタートBOOK 2017

不妊専門のおすすめ鍼灸院として紹介されました。

赤ちゃんが欲しい2016年秋号
赤ちゃんが欲しい
2016年 秋号

不妊専門のおすすめ鍼灸院として紹介されました。

医道の日本2015年10月号
医道の日本 2015年10月号
はりきゅう師向けの業界誌で当院の不妊鍼灸治療の内容などが紹介されました。

CREA2014年11月号
CREA 2014年11月号
不妊専門のおすすめ鍼灸院として紹介されました。

赤ちゃんが欲しいカップルのためのガイドBOOK
赤ちゃんが欲しいカップルのためのガイドBOOK
不妊専門のおすすめ鍼灸院として紹介されました。
出版書籍
「子宝地図」で赤ちゃんを授かる!
馬場乾竹著「子宝地図」で赤ちゃんを授かる!
新着記事
カテゴリー
メニュー
休診日カレンダー


:休診日

連絡先
〒567-0897
大阪府茨木市主原町6-32
馬場聖鍼堂

Tel/Fax 072-633-3253
受付時間 9:00〜20:00
馬場聖鍼堂ブログ
お問い合わせ