二人目不妊の妊活をはじめるその前に、一番身近な○○は大丈夫? - 不妊治療専門漢方鍼灸治療院 馬場聖鍼堂

お電話でのお問い合わせ:072-633-3253 ご相談・ご予約はこちらから
お電話でのお問い合わせ:072-633-3253 ご相談・ご予約はこちらから

HOME > テーマ別ブログ > 二人目不妊の原因と治療 > 二人目不妊の妊活をはじめるその前に、一番身近な○○は大丈夫?

二人目不妊の妊活をはじめるその前に、一番身近な○○は大丈夫?

2017年08月25日

不妊治療をしていく上で大事なことは、妊娠しやすい身体になるための体質改善をしていくことや、今のお身体の状態を知るために不妊の検査を受けることです。

これらは、一人目の不妊でも二人目不妊でもどちらでも大事なことで、当院にお越しになるゲストのみなさまにお勧めしていることです。

もちろん、通院する不妊のクリニックの選別や、不妊治療をするための時間やお金の確保など、大切なことはこの他にもあります。

また、不妊の原因体質を見定めるためにも、ぜひ、当院のような不妊専門の鍼灸院などでの体質チェックも受けて頂くことも重要です。

ただ、二人目不妊で妊活をはじめる場合は、この他にも、とても身近な所に大事なことがあります。


それは、 パートナー(夫)の教育です。


教育というと少し仰々しいかもしれませんが、実際にパートナーが不妊治療の足かせになってしまっている場合もあり、とても大事なことです。

そこで今回は、スムーズに二人目不妊の治療を進めていくためにも、せめてこれだけはパートナーの方にお願いしたい!ということをご紹介させていただきます。


それは、
せめて不妊治療に出かけている間だけでも、家事や育児を安心して任せられるようになって欲しい!
ということです。


二人目不妊の治療をする上で、欠かせないのが家事や育児の分担です。

分担というと負担を半々にするイメージがあるかもしれませんが、二人目不妊の治療中は、半々ではなく、時にはパートナーに全部任せられるようになってもらえることが望ましいです。

例えば、不妊専門のクリニックは、通常の婦人科や産婦人科のクリニックと違い、お子さんを連れて行けないことが多いです。
(当院も、お子さんを連れてのご来院はご遠慮頂いています)

つまり、不妊専門クリニックなどに治療にいっている間は、保育所などに預けるか、パートナーなどご家族がお子さんをみておかなくてはならないのです。


特に不妊治療では、予定外にクリニックへの通院が急に入ったりすることもあり、そのために保育所に預けられなかったり、食事を準備しておくことができないこともありえます。

となると、パートナーに一切を任せることになるのですが、、、

あなたのパートナーは家事や育児を全部任せても、大丈夫ですか?

実際、当院にお越しのゲストにお話しをお伺いしても、「安心して任せられない」とおっしゃるゲストは少なくありません。

が、お子さんを安心して預けて、しっかり治療に臨めるかどうかというのは、二人目不妊の治療をしていくにあたって、とても重要なことです。


特に当院で行っているような東洋医学的な不妊の鍼灸治療では、こうした不安感などのメンタル面が治療効果に影響を及ぼす場合もあります。

東洋医学的な鍼灸治療は、目に見えない"気"に対してアプローチするものです。

"気"が動くことで、その他の"血"や"水"など身体を構成するその他の要素も動きますし、経絡上の気のめぐりが良くなり、五臓六腑の状態もよくなります。

それだけ"気"の動きは大事なのですが、この"気"の動きは、"気持ち"に大きく影響されてしまうのです。

そのため、東洋医学的な鍼灸治療をする場合、「鍼灸治療を受けることで身体にどのように効いて、どこがどう変わっていくのか」ということを心から納得しているかどうかだけでも、治療効果は上がります。

つまり、気持ち(心持ち)と実際の治療とが同じ方向を向くことで、相乗効果となるのです。

ですが、預けてきたお子さんのことや、任せてきた家事のことなどで不安な状態のままでは、不安感に"気"を奪われ、折角の相乗効果を邪魔してしまいます。

それでなくとも、不妊治療をしていると気が張った状態が続いたり、心配事が多かったりしますから、"気"を緩めるということが治療の中では欠かせません。

ですから、治療にはしっかりご自身の身体に向き合い、また、リラックスした状態で臨んでいただくことが大切です。

そのためにも、安心して家事や育児をパートナーに任せられるようになっていただく必要があるのです。


できれば、少なくとも、あなたが治療に出かけている間の数時間程度は、パートナー一人で全部できるようになってもらえるのが理想です。(もっとできれば言うことなしです)

また、当院では院内では携帯電話の使用を控えて頂くようお願いしていますが、クリニックでも同様なところは少なくありません。

大事な治療をしている最中に、些細なことで電話で助けを求めてきて、"気"を乱されてしまうようでは困りますよね。

そうならないよう、そして、相乗効果でしっかり治療できるようにするためにも、パートナー教育は大事なのです。


ということで、今回は、二人目不妊の治療をはじめるその前にということで、パートナー(夫)の家事&育児教育が大事ということをご紹介させて頂きました。

この役割分担やスイッチをうまくできているご夫婦は、やはり治療効果が上がりやすいです。

とはいえ、得手不得手はありますし、できることとできないこともあると思います。

大事なことは、あなた方ご夫婦とご家族に合ったやり方で、あなたへの家事や育児の負担を減らし、より安心&リラックスした状態で治療に臨めるように工夫していくことだと思います。


もしも、パートナーの方が、妊娠の仕組みや不妊治療についてよく分かっていなかったり、家事や育児の分担の重要性がなかなか納得いかないようでしたら、当院の不妊治療説明会やカウンセリング、体験治療の中で、お伝えすることも出来ますので、お気軽にご相談頂ければと思います。

きっと、お二人の状況やご希望を踏まえて、あなた方ご夫婦の二人目不妊の治療に最適な進め方をご提案させて頂けると思います。

当院の不妊治療説明会、カウンセリング、体験治療のお申し込みはコチラです。
http://www.e-harikyuu.com/briefing.php


二人目不妊の妊活をがんばるあなたを応援しています。


二人目不妊担当 万木祥太郎



お問い合わせ
お問い合わせ
お電話でのお問い合わせ:072-633-3253

PageTop

btn_shindan01.gif
btn_shindan02.gif
btn_merumaga.png
メディアで紹介されました
赤ちゃんが欲しいクリニック 妊活スタートBOOK 2017
赤ちゃんが欲しいクリニック
妊活スタートBOOK 2017

不妊専門のおすすめ鍼灸院として紹介されました。

赤ちゃんが欲しい2016年秋号
赤ちゃんが欲しい
2016年 秋号

不妊専門のおすすめ鍼灸院として紹介されました。

医道の日本2015年10月号
医道の日本 2015年10月号
はりきゅう師向けの業界誌で当院の不妊鍼灸治療の内容などが紹介されました。

CREA2014年11月号
CREA 2014年11月号
不妊専門のおすすめ鍼灸院として紹介されました。

赤ちゃんが欲しいカップルのためのガイドBOOK
赤ちゃんが欲しいカップルのためのガイドBOOK
不妊専門のおすすめ鍼灸院として紹介されました。
出版書籍
「子宝地図」で赤ちゃんを授かる!
馬場乾竹著「子宝地図」で赤ちゃんを授かる!
新着記事
カテゴリー
メニュー
休診日カレンダー


:休診日

連絡先
〒567-0897
大阪府茨木市主原町6-32
馬場聖鍼堂

Tel/Fax 072-633-3253
受付時間 9:00〜20:00
馬場聖鍼堂ブログ
お問い合わせ