二人目不妊から抜け出すために - 不妊治療専門漢方鍼灸治療院 馬場聖鍼堂

お電話でのお問い合わせ:072-633-3253 ご相談・ご予約はこちらから
お電話でのお問い合わせ:072-633-3253 ご相談・ご予約はこちらから

HOME > テーマ別ブログ > 二人目不妊の原因と治療 > 二人目不妊から抜け出すために

二人目不妊から抜け出すために

2017年11月11日

当院には、二人目不妊でお悩みの方もたくさんいらっしゃいます。最初からご夫婦でカウンセリングにお越しになる方もいらっしゃれば、旦那さんには内緒で女性だけでお越しになられる方もいらっしゃいます。家庭環境や夫婦関係は、ご夫婦それぞれありますから、妊活の仕方もご夫婦それぞれです。

けど、早く新しい命を授かり、二人目不妊から抜け出すためには、家庭環境や夫婦関係によらず大切なことがあります。


たとえば、
・今の身体の状態を検査する
・育児や家事の分担など、夫婦で協力しあう
・両親など家族からの育児サポート

などは、これまでのブログでも何度かお話ししてきました。

過去に妊娠したことがあったとしても、加齢による卵子や精子の老化や、前回の妊娠出産後に生殖器に妊娠を妨げる何かが発生していることも考えられますから、ご夫婦の現状を正しく知るためにも、まずは西洋医学的なクリニックで検査を受けることが大切です。

そして、今の生活に妊活が加わるわけですから、育児や家事の分担なども、今までと変わってくる可能性があります。特に、育児や家事は女性が主導というご家庭が多いですから、女性がクリニックに行く間に男性が分担できる態勢が望ましいです。

また、時にはご夫婦ともクリニックに行かなくてはならなかったり、どちらもがお子さんを見ておくことができなくなることもありますから、もし、近くにどちらかのご実家があるのであれば、実家に協力をお願いしておくのも、スムーズに妊活をしていくためには有効なことです。


こういった妊活環境作りは、二人目不妊の妊活には大切なことです。ですが、環境さえ整えれば、妊娠できるのかというと、やはりそううまくはいかないものです。二人目不妊の原因に多いのは、やはり加齢による卵子の老化です。卵子を若返らせることはできないので、いかに卵子の質を高めていけるかというのが、二人目不妊の妊活ではポイントになってきます。

でも、卵子は長い月日をかけて卵巣の中で育っていくものです。そのため、卵子の質というのは、なかなか一朝一夕に変わるものではなく、卵子を育てる母体の体質からじっくりと改善していくことが大切です。根気が必要なんですね。


仕事に家庭に育児に妊活、妊活環境を整えてもやっぱりハードなのが二人目妊活です。このハードな妊活を前向きに乗り越えていくため欠かせないことがあります。それは夫婦仲です。

しんどい時にお互いを心身両面から助け合えるのは、夫婦仲があってこそです。お子さんが生まれてからの夫婦関係はいかがですか?いつの間にか「パパ」「ママ」のように呼び合うようになり、父親と母親という関係だけになっていないでしょうか?二人目はお互い欲しいし仲も悪くはないけど、実は何ヶ月もセックスレス状態・・・というご夫婦も珍しくありませんし、不妊治療を始めてからさらにセックスレス状態がすすんでしまったというご夫婦もいらっしゃいます。

当院にお越しのゲストをみていても、そもそも不妊で悩んでいるのにセックスレスというご夫婦は決して少なくありません。それは、二人目不妊で悩むご夫婦でも同様で、むしろその割合が多くなっているように感じます。(統計データではなく当院のゲストを治療していての印象ですのであしからず)

たしかに、子どもが生まれると、それまでの男女の関係から母親と父親という関係に変わり、どちらからともなく、なんとなくセックスレスになってしまうということもあります。また、女性の場合、産後すぐは体力的にもホルモンバランス的にも性欲が少なくなるため仕方がない面もあります。これは男性もある程度は理解できる部分かと思いますが、卒乳し、子どもがある程度育ってきても、そのままセックスレスのままというご夫婦も少なくないのです。

それでもお互い満足しているし、仲も良好だから問題なし!であれば、まだ良いかもしれません。現代の生殖医療では、確かにセックスレス状態のままでも、赤ちゃんを授かることはできるかもしれません。でも、そういった最新生殖医療に頼らず、赤ちゃんを授かることを望むのであれば、セックスレスでは、新しい命を宿すことはできませんよね。

かといって、妊活するならご夫婦の性生活を再開して頻度を増やしてくださいと義務的にしてしまうと、夫婦関係という面では逆に悪くなってしまう場合もあります。

ですから、円滑に妊活をしていくためにも、まずは、ご夫婦の関係をお子さんの父親と母親ではなく、もとの男性と女性という状態にできるだけ戻していくことからスタートで良いと思います。

とはいえ、子ども中心の生活はそう簡単に変えることができませんから、たとえば、毎日夜、お子さんが寝た後にお互いマッサージをし合ったり、ストレッチをするなどスキンシップを増やすだけでもOKです。子どもを預けられれば、ご夫婦二人だけで出かける時間を作るというのもすごく良いですね!


妊活をしていくと夫婦仲がドライになってしまいがちだからこそ、よりお二人の時間を充実させ、夫婦仲をUP!していくということも、二人目不妊の妊活では大事なことだと思います。

ハードな二人目不妊を乗り越えていくために欠かせない夫婦仲。忘れていませんか?


では、今回はこの辺で。


二人目不妊担当 万木祥太郎



お問い合わせ
お問い合わせ
お電話でのお問い合わせ:072-633-3253

PageTop

btn_shindan01.gif
btn_shindan02.gif
btn_merumaga.png
メディアで紹介されました
赤ちゃんが欲しいクリニック 妊活スタートBOOK 2017
赤ちゃんが欲しいクリニック
妊活スタートBOOK 2017

不妊専門のおすすめ鍼灸院として紹介されました。

赤ちゃんが欲しい2016年秋号
赤ちゃんが欲しい
2016年 秋号

不妊専門のおすすめ鍼灸院として紹介されました。

医道の日本2015年10月号
医道の日本 2015年10月号
はりきゅう師向けの業界誌で当院の不妊鍼灸治療の内容などが紹介されました。

CREA2014年11月号
CREA 2014年11月号
不妊専門のおすすめ鍼灸院として紹介されました。

赤ちゃんが欲しいカップルのためのガイドBOOK
赤ちゃんが欲しいカップルのためのガイドBOOK
不妊専門のおすすめ鍼灸院として紹介されました。
出版書籍
「子宝地図」で赤ちゃんを授かる!
馬場乾竹著「子宝地図」で赤ちゃんを授かる!
新着記事
カテゴリー
メニュー
休診日カレンダー


:休診日

連絡先
〒567-0897
大阪府茨木市主原町6-32
馬場聖鍼堂

Tel/Fax 072-633-3253
受付時間 9:00〜20:00
馬場聖鍼堂ブログ
お問い合わせ