高齢で不妊治療をする時の3つの心構え - 不妊治療専門漢方鍼灸治療院 馬場聖鍼堂

お電話でのお問い合わせ:072-633-3253 ご相談・ご予約はこちらから

HOME > テーマ別ブログ > 高齢不妊から妊娠する! > 高齢で不妊治療をする時の3つの心構え

高齢で不妊治療をする時の3つの心構え

2015年05月22日

当院では、40歳を過ぎてから不妊治療を始められたというゲストは少なくありません。
一般的には高齢不妊治療と言われることが多い年齢です。

といっても、当院ではさほど珍しいことではありませんし、
40歳を超えているから妊娠はとても難しいとも考えていません。
重要なのは体質ですので。

とはいえ、いわゆる高齢で不妊治療をしていく上では
やはり20代や30代前半での不妊治療とは違い困難なこともあります。

ということで、今回は
高齢で不妊治療をする時の3つの心構えを紹介させて頂こうと思います。

■身体にはタイムリミットがあるということ

高齢不妊の治療をする上で理解しておかなければならないことの一つに
身体にはタイムリミットがあるということです。

個人差はありますが、
40歳前後になると卵子の老化が進むだけでなく
卵子の残存数も減少してきます。

排卵されない時もありますし
卵子の老化が進むと
排卵されても妊娠できるだけの卵ではないということもあります。

そして、卵子の数は年月とともに確実に減っていきます。

つまり、高齢になればなるほど、妊娠のチャンス自体が減ってくるのです。

また若年性更年期や早期閉経ということもあります。

ですので、どういった形で妊娠を望まれる場合でも、
必ずホルモンの数値などの検査を受けて、
どういったペースで、どういった治療方法で
不妊治療をしていくのが良いのか、最初にしっかり考えておくことが
大切です。


ちなみに、
卵子の残存数はAMH(抗ミュラー管ホルモン)というホルモンの数値で
計ることができます。
これは、発育過程にある卵胞から分泌されるホルモンで
卵巣予備能の目安とされている数値です。

とはいえ、AMHは年齢とは比例しないと言われていますので
若年齢でも少ない人もいれば、高齢でも多いという人もいます。

ただ、年齢が高くなるほど、AMHも少なくなっていることが多い
という傾向はありますので、
40代で不妊治療をされる際は、かならず検査すべき項目だと思います。


■流産のリスクが高くなるということ

人が妊娠後に流産してしまう確率は20歳代でも10%程度あると言われています。

決して低くはない数値です。

ですが、この確率は、年齢とともに高くなり
40歳では40%の確率で流産してしまうと言われています。

もちろん、統計上の数値ですので、全ての人がそうかというと
そうではない人もいらっしゃるかもしれません。

でも、高齢で不妊治療をしていく中では
やっとの思いで陽性反応が出たとしても
40%くらいの確率で流産を体験してしまうかもしれない
ということなのです。

流産に対する極度な心配や緊張状態は
身体に負担となってしまいますが
精神的な強さというのも大切かもしれません。


■不妊治療の結果を受け入れるということ

始まりがあれば終わりがあります。

不妊治療は
出口の見えないトンネルやゴールのないマラソンと例えられるように
妊娠という結果がないと終わり時が分からない
ということがよくあります。

もちろん、妊娠で不妊治療卒業となることが一番ですが
残念なことに、そうではないことも、もちろんありえます。

ですので
あらかじめ不妊治療の終了条件とその後をご夫婦で考えておく
というのもひとつですし
考えていなかったとしても
「ふとした時に"もう終わりにしよう"と自然に思えるときがきた」
という声をお聞きすることもあります。


大切なことは
どういう結果で不妊治療を終えることになったとしても
それを受け入れる心の準備をしておく

ということです。


不妊治療の終え方はご夫婦によって様々です。

それが望んだ結果でなかったとしても、
「不妊治療をすることによって夫婦の絆が深まり、お互いをより大切に思えるようになった」
「不妊治療をやって良かった」
という声をお聞きすることもあります。

つまり
不妊治療の末の未来が明るいものになるのか暗いものになるのかは
治療の結果もありますが
ご夫婦の関係がとても大切になるのだと思います。

これから不妊治療をはじめられるご夫婦には
こういった部分も心構えとしてご夫婦で共有されておくと
良いのではないかと思います。


ということで、今回は
これから高齢不妊治療を始める際の心構えを
ご紹介させていただきました。

とはいえ、これが全てではありません。
不妊治療をされるご夫婦によって色々な形がありますので
今回ご紹介させていただいた内容も踏まえつつ
ご夫婦に合った形で臨んでいただければと思います。


では、今回はこのへんで。


高齢不妊担当 万木祥太郎



お問い合わせ
お問い合わせ
お電話でのお問い合わせ:072-633-3253

PageTop

btn_shindan01.gif
btn_shindan02.gif
btn_merumaga.png
メディアで紹介されました
赤ちゃんが欲しいクリニック 妊活スタートBOOK 2017
赤ちゃんが欲しいクリニック
妊活スタートBOOK 2017

不妊専門のおすすめ鍼灸院として紹介されました。

赤ちゃんが欲しい2016年秋号
赤ちゃんが欲しい
2016年 秋号

不妊専門のおすすめ鍼灸院として紹介されました。

医道の日本2015年10月号
医道の日本 2015年10月号
はりきゅう師向けの業界誌で当院の不妊鍼灸治療の内容などが紹介されました。

CREA2014年11月号
CREA 2014年11月号
不妊専門のおすすめ鍼灸院として紹介されました。

赤ちゃんが欲しいカップルのためのガイドBOOK
赤ちゃんが欲しいカップルのためのガイドBOOK
不妊専門のおすすめ鍼灸院として紹介されました。
出版書籍
「子宝地図」で赤ちゃんを授かる!
馬場乾竹著「子宝地図」で赤ちゃんを授かる!
新着記事
カテゴリー
メニュー
休診日カレンダー


:休診日

連絡先
〒567-0897
大阪府茨木市主原町6-32
馬場聖鍼堂

Tel/Fax 072-633-3253
受付時間 9:00〜20:00
馬場聖鍼堂ブログ
お問い合わせ