見た目の若さや老けと不妊は関係ある? - 不妊治療専門漢方鍼灸治療院 馬場聖鍼堂

お電話でのお問い合わせ:072-633-3253 ご相談・ご予約はこちらから
お電話でのお問い合わせ:072-633-3253 ご相談・ご予約はこちらから

HOME > テーマ別ブログ > 高齢不妊から妊娠する! > 見た目の若さや老けと不妊は関係ある?

見た目の若さや老けと不妊は関係ある?

2015年08月08日

すごく老けて見えるのに、実は20代!とか
若そうに見えるけど、実は見た目年齢+10歳!とか
人と会った時に
見た目と実際の年齢のギャップに驚くことありませんか?

きっと男女関係なく、1度や2度は経験あるのではないでしょうか。

いつまでも若く見えるというのはすごく良いことですよね!



実際、見た目が若い人はカラダも若いということは珍しくありません。
(もちろん、ノーメイクのすっぴん状態で)


健康に関するテレビなどでも
長寿の方の血液検査をしたら数10歳若い年代の数値と同等だった
ということも良くありますよね。

実際、こういう方は身体も元気で
実年齢の割に若々しく活動されている方多いように感じます。
(テレビなどのメディア越しではありますが)


実は、
東洋医学的にも、見た目は診察する上で重要なファクターの一つです。

望診というのですが、見た目から得られる情報を元に
身体の状態を診察するのです。

顔色肌の状態目の色できものの位置
さらには顔面のパーツの配置などまで、
表面上に現われるあらゆるものが診察対象になります。

もちろん、望診だけで全てを判断するということはありませんが
顔色や肌の状態なんかは
治療前後で変わりやすいところですし
普段から気にしているところではあります。


では、こういう実年齢の割に見た目が若いというのと
不妊とは関係あるのでしょうか?


それは、あるとも言えますし、ないとも言えると思います。


例えば皮膚の状態で考えてみると
皮膚が痩せこけているよりも
適度な潤いとハリがある状態が若々しいと思います。

東洋医学的にこれを五臓六腑に当てはめて考えると
皮膚の状態は五臓では肺と関係しますし
潤いがあるかどうかというポイントで見ると腎臓とも関係します。

つまり、皮膚に適度な潤いとハリがある状態の人は
五臓六腑で肺や腎臓が健康な状態であると考えることができます。

特に東洋医学では腎臓を生命力や生殖力、妊娠力と関係していると
考えますので、見た目が若い人の方が妊娠しやすい
と言えるかもしれません。

もちろん、東洋医学的な診察は望診だけではありませんし
肌の状態だけで妊娠力を判断することはできません。

肌の状態というピンポイントで考えると
こうも考えることができるということです。


一方で、見た目が若いからといって目をそらしてはいけないのが
卵子の老化です。


女性の卵子の元となる細胞は、生まれた時から卵巣にありますので
実際に年齢を重ねるのと同じように卵も年齢を重ねています。

つまり、20歳の時に排卵した卵子は20歳ですが
30歳の時には、30歳の卵子
40歳の時には、40歳の卵子です。

年齢を重ねた卵子は、分割がうまく進まず染色体異常となることが多くなり
結果的に不妊につながっていきます。

これがいわゆる卵子の老化です。


ですので、
見た目が若くても不妊となることは十分にあり得るということです。

油断はできません。


高齢不妊に対する東洋医学的な治療では
いかに生命力や生殖力を助け、アンチエイジングしていくか
ということが大切です。

排卵される卵子も全てが妊娠可能な状態という訳ではありませんし
妊娠できる卵子の排卵自体も減ってきてしまいます。

これは見た目の若さではなく
しっかり身体の内側と体質を診ていく必要があります。

もちろん、見た目の若さは、さきほど説明したように
東洋医学的に肺や腎臓といった部分が元気ということもありえます。
このあたりは、ポジティブに捉えていきましょう!


その他にも、
実年齢の割に老けて見えるという逆のパターンもありますよね。

この場合、実年齢は若いということですので、卵子の老化は
そこまで進んでいないかもしれません。

ただ、外見が老けて見えるといことは、身体の内側にも
実年齢の割に加齢があるかもしれないとも考えることができます。


いずれにしても
西洋医学的な検査結果であったり、
当院で行っているような東洋医学的な不妊の体質チェックなどをもとに
しっかり地に足を付けた不妊治療をしていくことが大切ですね。




さて、少し話は変わりますが
6月に厚生労働省のホームページに平成26年の人口動態統計のまとめが掲載されました。

それによると
昨年の40歳以上の出生が約51,000人で、その内第1子は約20,000人。
全体的な出生数が減っているのに対し、40歳以上は増えているという結果でした。

また、第1子出生時の母親の平均年齢は30.6歳で
一昨年に比べると0.2歳高齢化が進んでいるという状況です。

晩産化が進んでます。


高齢不妊で妊活中の方、
または、これから妊活をはじめようと考えておられる方は
見た目年齢だけでなく、しっかり身体の内側にも目を向けて
より妊娠しやすいカラダへの体質改善とアンチエイジングをしていきましょうね!


では、今回はこのへんで。


高齢不妊担当 万木祥太郎


<<参考>>
平成26年人口動態統計月報年計(概数)の概況|厚生労働省
http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/geppo/nengai14/index.html



お問い合わせ
お問い合わせ
お電話でのお問い合わせ:072-633-3253

PageTop

btn_shindan01.gif
btn_shindan02.gif
btn_merumaga.png
メディアで紹介されました
赤ちゃんが欲しいクリニック 妊活スタートBOOK 2017
赤ちゃんが欲しいクリニック
妊活スタートBOOK 2017

不妊専門のおすすめ鍼灸院として紹介されました。

赤ちゃんが欲しい2016年秋号
赤ちゃんが欲しい
2016年 秋号

不妊専門のおすすめ鍼灸院として紹介されました。

医道の日本2015年10月号
医道の日本 2015年10月号
はりきゅう師向けの業界誌で当院の不妊鍼灸治療の内容などが紹介されました。

CREA2014年11月号
CREA 2014年11月号
不妊専門のおすすめ鍼灸院として紹介されました。

赤ちゃんが欲しいカップルのためのガイドBOOK
赤ちゃんが欲しいカップルのためのガイドBOOK
不妊専門のおすすめ鍼灸院として紹介されました。
出版書籍
「子宝地図」で赤ちゃんを授かる!
馬場乾竹著「子宝地図」で赤ちゃんを授かる!
新着記事
カテゴリー
メニュー
休診日カレンダー


:休診日

連絡先
〒567-0897
大阪府茨木市主原町6-32
馬場聖鍼堂

Tel/Fax 072-633-3253
受付時間 9:00〜20:00
馬場聖鍼堂ブログ
お問い合わせ