小さなことからこつこつ妊活 ~睡眠の質~ - 不妊治療専門漢方鍼灸治療院 馬場聖鍼堂

お電話でのお問い合わせ:072-633-3253 ご相談・ご予約はこちらから
お電話でのお問い合わせ:072-633-3253 ご相談・ご予約はこちらから

HOME > テーマ別ブログ > 高齢不妊から妊娠する! > 小さなことからこつこつ妊活 ~睡眠の質~

小さなことからこつこつ妊活 ~睡眠の質~

2015年12月05日

不妊治療をしていると毎年の誕生日が憂鬱・・・。
こういう方は少なくないと思います。

年齢を重ねるごとに卵子も老化して、妊娠力が下がってしまう・・・
分かっていても
どうすることもできないことですしね。

だからこそ、
普段からアンチエイジングをしていくことが
高齢不妊の方にかぎらず不妊治療では大切
なのですが
忙しい毎日、何から手を付ければよいのやら・・・
というのも分かります。

けど、何も妊活、不妊治療だからといって
たいそうなことをやらないといけないわけではありません。

小さなことからこつこつできる妊活もあるんですよ。


ということで、今回は、
すぐに実践できて
妊娠力アップにもつながる
「睡眠の質」を良くする方法
をお伝えさせていただきますね!


そもそも、
なぜ「睡眠の質」が妊娠力アップにつながるのか?
ですが、
ひとつは睡眠中の成長ホルモンの分泌が関係あります。

成長ホルモンというと
子どもの成長に必要なもの
という印象をお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんが
成長ホルモンの働きは
身体の成長だけではありません。

身体の疲れを回復させたり、免疫力を養ったり、
代謝をたすけたり、老化を防いだり
という働きもあります。

要は健康を保つためにとても大切なものなのです。

これは不妊治療をしていくうえでも、とても大切なことですよね。


また、東洋医学的な視点でいうと
睡眠が腎臓を養うのにとても重要だということです。

東洋医学では、腎臓が生命力や妊娠力を担当していると考えます。
西洋医学的な腎臓の働きとは異なります。

そして、その腎臓が養われるのが睡眠中なのです。

といっても、昼夜逆転しているような睡眠ではなく
夜22時~26時の良質な睡眠がとても大切です。

いわゆる一昔前のお肌のゴールデンタイムですね。

今では入眠後3~4時間が真のゴールデンタイムであるというのが
定説になりつつあるようですが
東洋医学的に考えると、腎臓を養うには
やはり昔のゴールデンタイムが最適と考えられます。

(ちなみに、腎臓はカラダの潤いも担当していると東洋医学では考えますので
美容にもやっぱり昔のゴールデンタイムが良いと考えることができます)


ということで、現代医学的にも東洋医学的にも
妊娠力アップのためには睡眠の質が大切!なんですね。


また、一般的に、高年齢になればなるほど
睡眠が浅くなったり、中途覚醒が増えたりと
睡眠の質が低下しがちです。

ですので、高齢不妊で妊活中の方には特に
睡眠のケアを大切にしていただきたいと思います。


では、睡眠の質を上げるために
日常生活のなかでこつこつできる小さなことを
今回は5つ紹介させていただきますね。


◎夜は検索しない、深追いしない

不妊治療をしていると、色々気になって仕方ありませんよね。
そして、今では、いつでも手元のスマホで検索できてしまいます。
インターネット上にはとても沢山の情報が溢れてますから
気になったことに対して良いことも悪いこともみつかり
もっと気になって、深追いしてしまい
結局、答えが分からず疲れてしまう・・・。
その結果、いざ寝ようと思っても、気になって寝付けない・・・。

不妊治療中、こういう体験がおありの方は、少なくないと思います。

すぐに検索できるのは便利なのですが
夜何時以降は検索しないようにしたり
通院中のクリニックの先生や看護師さん、
僕たちのような不妊を専門としている人にお聞きいただく方が
きっとスッキリできるでしょうし
睡眠の質も良くなると思いますよ(^^)


◎夜はリラックスの時間に充てる

働きながら妊活もがんばられている方は
日中はお仕事で交感神経が昂ぶっている状態です。
主婦の方も家事でいっぱいいっぱいという方は少なくありませんよね。

こういった交感神経が優位な状態では
入眠が難しくなったり、睡眠が浅くなったりします。

にもかかわらず、
ご自宅に帰られた後に、ご夫婦で不妊治療の話をされたり
色々検索してしまったりすると
交感神経が休まることなく、働き続けることになり
睡眠の質に影響してしまうのです。

ですので、できるだけ夜はリラックスの時間に充てるのが
睡眠の質をあげるためにも良いのです。

好きな音楽をBGMでかけたり、アロマをしたり
照明も少し落として、くつろぐ時間を作れると最高ですね。


◎就寝2時間前にはスマホやタブレットを手放す

さきほどまでの話ともつながりますが
やっぱり手元にスマホやタブレットがあると
手にとってしまうものです。

また、ディスプレイの光は想像以上に強烈で
見ているだけで交感神経を優位にしてしまうことがあります。

ですので、就寝時間の2時間前くらいには
少し離れた場所に手放してしまうことをオススメします。


◎寝る前に足を温める

寝る直前にお風呂に入って
身体をぽかぽかにして就寝する
という方、けっこういらっしゃいます。

これでしっかり眠れていれば良いのですが、
入浴の仕方によっては、逆に目が覚めてしまい
睡眠の質が下がってしまうこともあります。

そこでオススメなのが足湯です。

足を温めることでリラックス効果を得られるというのもありますし
東洋医学的には、上に上がった"気"を下に降ろすという
働きも期待できます。

いきなり"気"という言葉が出てきましたが
要は色々な考えがぐるぐる頭の中をめぐって覚醒している状態は
"気"が上がっている状態といえます。

で、足を温めることで
この"気"を下に降ろすことができ、
良質な睡眠を得られるようになると、東洋医学的には考えられるのです。

当院でも、治療前に足湯をさせていただいたり、
ベッドにも足元に遠赤外線のマットを引いたりして足を温めるように
してます。

ぜひ、普段からしっかり足を温めてあげて下さいね。


◎寝る前に目を休める

現代人はとにかく目を酷使しています。
さきほどのスマホやタブレットもそうですが
お仕事でパソコンなどのディスプレイを見続けているという方も
少なくありません。

東洋医学的に目は血をたくさん使う所です
血を目にめぐらせるためには、"気"をめぐらせなければなりません。
つまり、目を使うということは、"気"を上に上げるということです。

しっかり良質な睡眠をとるためにも
寝る直前に足湯と一緒に、
目にもホットタオルやアイマスクなどをあてて
疲れをとることをオススメします。

一日の生活の中で目に集まっていた"気血"が解けていきますので
入眠しやすくなったり、睡眠の質もよくなることを
期待できますよ(^^)

ちなみに、アイマスクは当院でも治療にとり入れてますよ。


ということで
今回ご紹介する方法はこれで以上です。

いかがですか?

これなら、忙しい毎日の中でも
こつこつできそうではありませんか?


妊娠しやすいカラダになるための体質改善は
こういったこつこつとした妊活も欠かせません。

もちろん、不妊の鍼灸治療などを併用された方が
大きな効果は期待できますが
大切なことは、できることからこつこつとやっていく
ということです。

ぜひ、実践してみて下さいね。


高齢不妊担当 万木祥太郎



お問い合わせ
お問い合わせ
お電話でのお問い合わせ:072-633-3253

PageTop

btn_shindan01.gif
btn_shindan02.gif
btn_merumaga.png
メディアで紹介されました
赤ちゃんが欲しいクリニック 妊活スタートBOOK 2017
赤ちゃんが欲しいクリニック
妊活スタートBOOK 2017

不妊専門のおすすめ鍼灸院として紹介されました。

赤ちゃんが欲しい2016年秋号
赤ちゃんが欲しい
2016年 秋号

不妊専門のおすすめ鍼灸院として紹介されました。

医道の日本2015年10月号
医道の日本 2015年10月号
はりきゅう師向けの業界誌で当院の不妊鍼灸治療の内容などが紹介されました。

CREA2014年11月号
CREA 2014年11月号
不妊専門のおすすめ鍼灸院として紹介されました。

赤ちゃんが欲しいカップルのためのガイドBOOK
赤ちゃんが欲しいカップルのためのガイドBOOK
不妊専門のおすすめ鍼灸院として紹介されました。
出版書籍
「子宝地図」で赤ちゃんを授かる!
馬場乾竹著「子宝地図」で赤ちゃんを授かる!
新着記事
カテゴリー
メニュー
休診日カレンダー


:休診日

連絡先
〒567-0897
大阪府茨木市主原町6-32
馬場聖鍼堂

Tel/Fax 072-633-3253
受付時間 9:00〜20:00
馬場聖鍼堂ブログ
お問い合わせ