不妊治療の区切りの付け方 - 不妊治療専門漢方鍼灸治療院 馬場聖鍼堂

お電話でのお問い合わせ:072-633-3253 ご相談・ご予約はこちらから
お電話でのお問い合わせ:072-633-3253 ご相談・ご予約はこちらから

HOME > テーマ別ブログ > 高齢不妊から妊娠する! > 不妊治療の区切りの付け方

不妊治療の区切りの付け方

2016年05月14日

不妊治療は出口のないトンネル
というような表現をされることがあるように
同じ事の繰り返しで時間だけがどんどん経過し
それに伴いお金とメンタルがどんどん消費されていく
というようになっている方は少なくありません。

今では30代後半で結婚&妊活スタートとなられる方は
珍しくありませんので、
あっという間に40代半ばになっていたり
ということもあります。


35歳を超えると男女とも妊娠力が低下してきて
年齢を重ねれば重ねるほど、妊娠することが難しくなってきます。

これは、西洋医学でも東洋医学でも同じです。

実際、各種統計データによると
自然妊娠の確率は
 35歳で18%程度
 40歳で5%程度
 45歳で1%程度

体外受精の場合は
 35歳で35%程度
 40歳で20%程度
 45歳で5%程度

といわれています。

数値だけをみると
45歳で自然妊娠をめざそうと思うと100周期
体外受精でも20回トライしてやっと妊娠できるかどうか
です。

データをみると絶望的な気持ちになってしまうかもしれませんが
高齢で不妊治療をしていくうえでは
目を背けることの出来ない、無視することのできないことです。

時間は無限にあるものではありませんから
いつか区切りをつけなくてはいけない時がくるというのは
避けることが出来ないことです。


とはいえ、
妊娠という結果なしで
年齢や治療期間などだけで
簡単に区切りを付けることができないのが
不妊治療です。

簡単に諦められることではありませんよね。


もしかすると、
高年齢や長期間にわたるの治療を理由に
周囲から不妊治療の区切りを迫られたりすることもあるかもしれません。

確かにそうやって年齢や期限で不妊治療に区切りを付けることも大事です。
人生はそこで終わるわけではありませんしね。


けど、大事なことはもう一つあります。


それは、ご夫婦お二人が納得できるまでされたかどうかです。


やり残したことや後悔がたくさんあるまま不妊治療を終えるか
すっきり将来を見据え、未来志向で不妊治療を終えるかでは
ぜんぜん違います。


不妊治療の区切りの付け方は人それぞれです。

期限を決めていた方がスッキリやめられるという方もいらっしゃれば
期限は決めていなくとも、ふとした瞬間に区切りという気持ちになった
という方もいらっしゃいます。


当院のゲストは40歳前後の方がほとんどです。

区切りを意識せざるを得ないというゲストも当然いらっしゃいます。

けど、40歳を超えても妊娠される方がいらっしゃるのも事実で
当院ではさほど珍しいことではありません。


かといって
いたずらに治療を引き延ばし続けるのは
確かにオススメできることではありません。

だから区切りをつけるべきかどうかで板挟みになってしまうのですが
こういう時は
体質の変化がみられるかどうか
が一つの目安になるかもしれません。


例えば
・月経周期が整ってきた
・卵の成長が前よりも良くなった

などは、分かりやすい変化だと思います。

もし、こういった変化があったり
良い状態をキープできているのであれば
まだ希望をもってトライしていくのが良いのかもしれません。

逆に同じ養生を続けているにもかかわらず
状況が良くなくなってきているということが続いている時は
何かを変える必要があるのかもしれません。

それは、不妊治療に区切りを付けることかもしれませんし
治療方法や生活スタイルを変えるということかもしれません。

これはあくまでも"体質の変化"に着目した場合です。


当院では、何をもって区切りとするかはご夫婦の意向を優先しています。


ある期間ごとにカウンセリングのお時間もお取りさせていただいていますし
どういった結果で不妊治療を終えることになったとしても
最初から最後まで寄り添っていきます。

ご自身の気持ちを大事にいきましょう!


では、今回はこのへんで。


高齢不妊担当 万木祥太郎



お問い合わせ
お問い合わせ
お電話でのお問い合わせ:072-633-3253

PageTop

btn_shindan01.gif
btn_shindan02.gif
btn_merumaga.png
メディアで紹介されました
赤ちゃんが欲しいクリニック 妊活スタートBOOK 2017
赤ちゃんが欲しいクリニック
妊活スタートBOOK 2017

不妊専門のおすすめ鍼灸院として紹介されました。

赤ちゃんが欲しい2016年秋号
赤ちゃんが欲しい
2016年 秋号

不妊専門のおすすめ鍼灸院として紹介されました。

医道の日本2015年10月号
医道の日本 2015年10月号
はりきゅう師向けの業界誌で当院の不妊鍼灸治療の内容などが紹介されました。

CREA2014年11月号
CREA 2014年11月号
不妊専門のおすすめ鍼灸院として紹介されました。

赤ちゃんが欲しいカップルのためのガイドBOOK
赤ちゃんが欲しいカップルのためのガイドBOOK
不妊専門のおすすめ鍼灸院として紹介されました。
出版書籍
「子宝地図」で赤ちゃんを授かる!
馬場乾竹著「子宝地図」で赤ちゃんを授かる!
新着記事
カテゴリー
メニュー
休診日カレンダー


:休診日

連絡先
〒567-0897
大阪府茨木市主原町6-32
馬場聖鍼堂

Tel/Fax 072-633-3253
受付時間 9:00〜20:00
馬場聖鍼堂ブログ
お問い合わせ