不妊の原因は「腎臓の弱り」の落し穴 - 不妊治療専門漢方鍼灸治療院 馬場聖鍼堂

お電話でのお問い合わせ:072-633-3253 ご相談・ご予約はこちらから
お電話でのお問い合わせ:072-633-3253 ご相談・ご予約はこちらから

HOME > テーマ別ブログ > 高齢不妊から妊娠する! > 不妊の原因は「腎臓の弱り」の落し穴

不妊の原因は「腎臓の弱り」の落し穴

2016年09月10日

東洋医学的な不妊の原因で最も多いのは「腎臓の弱り」

腎臓は、東洋医学では、生命力や生殖力を担当するところですし
この表現は間違いありません。

ただ、一言で「腎臓の弱り」というと、確かにそうなのですが、
実はこの一言には、東洋医学的な不妊治療をするにあたり
絶対に見落としてはいけない落し穴があります。



もしかするとあなたも
鍼灸院などで不妊の鍼灸治療を受けられた際に
「不妊の原因は腎臓の弱り」と言われたことがあるかもしれません。

また、当院のホームページでできる無料のメール診断でも
原因は腎臓の弱り
となる方は、とても多いですし
実際にお身体を診させていただいても
原因は腎臓の弱り
という方はとても多いです。
(腎臓の弱りといっても原因の原因まで診ていくと千差万別ですが)


けど、腎臓って人間の身体の中には左右に2つあります。

そして、東洋医学でも腎臓は2つあると考えます。

「腎臓の弱り」というのは、
どちらのことを言っているのでしょうか?

右だけ?左だけ?
それとも両方?

実はこれ、東洋医学的な不妊治療をする上で、とても大事なことなのです。


現代医学で腎臓というと
尿を作り、体液の状態を調節したり、不要な代謝物を排出したり、
内分泌や代謝の状態を整えたりする
生命活動にはとても大切な臓器で
右も左も同じ働きをします。

一方、先ほども書きましたが、
東洋医学で腎臓というと、生命力や生殖力を担当します。

が、右と左では性質が異なるのです。


右の腎臓は、腎相火といい、陽で"火"の性質
左の腎臓は、腎水といい、陰で"水"の性質

をそれぞれ持っています。

この"水"と"火"の陰陽のバランスは非常に重要ですし
"先天の精"といい、生命力には欠かせません。


自然界で例えると、草木をイメージすると分かりやすいかもしれません。

元気な木が育つために欠かせないのは
太陽光の"火"の力と、栄養を得て循環させるための"水"
そして、養分となり根を張る"土"ですよね。

けど、太陽光("火")だけが強すぎると
枯れてしまいますよね。

逆に、水が大量すぎても腐ってしまいますし
土の状態が悪くても根付かなかったり、元気に育ってくれません。


この関係は人間にもそのまま当てはまります。

人間も生命力や生殖力を存分に発揮するためには
"火"、"水"、"土"がとても大事なのです。

(厳密には腎臓の"火"は"相火"なので、単なる"火"とは微妙に違いますが、
説明すると長くなるのでここではあえてスルーします)

ちなみに"土"は、私たち人間でいうと、
食べ物から得られる元気(いわゆる"後天の精")のことです。
(だから食養生もとても大事なのですが、今回は、その話もおいておきます)


最初に書いた、東洋医学的な不妊治療をするのに
腎臓の右と左、どちらにトラブルがあるのかを知ることが大事というのは
こういうことで、
例えば、
腎相火が弱っているのに、腎水を補うような治療をしてしまうとどうなるか・・・
腎水が弱っているのに、腎相火を補うような治療をしてしまうとどうなるか・・・

先ほどの草木の例で想像してみるとお分かりかと思います。

もちろん、どちらの場合でも腎臓の弱りを補おうとしているので
草木が枯れたり腐るかのような
大問題になることは少ないかもしれませんが
治療効果として薄くなってしまうことはあるかもしれません。


特に、高齢不妊でお悩みの方の場合
この左右の腎臓の元気のバランスの崩れが
ある症状で現れてきていることがあります。

いわゆる更年期の症状です。

たとえば、更年期障害の典型的な症状の一つに
のぼせや多汗があります。

これは、東洋医学では相火の妄動によるものと考えます。

つまり、腎臓の陰陽の気のバランスが崩れ、
腎水が弱り、腎相火が強くなりすぎている状態です。

この状態で、腎相火を補うような治療をしてしまうと
更年期の症状をさらに進行させてしまいかねない・・・
というのは、想像できるかと思います。

へたをすると妊娠力を下げることにつながってしまうかもしれません。


高齢での妊活は時間と妊娠力のキープが鍵!
といっても過言ではありません。

ですので、
どちらの腎臓に対して、どのようにアプローチしていくのかは
とても大事なことなのです。


そのためにも、
しっかり今の体質を見極めた上で
体質に合わせた治療で体質改善を図っていくことが
高齢での不妊治療では重要になります。

ただ、残念なことに
「不妊には三陰交」
というように、体質を診ずに決まった治療しかされない
鍼灸接骨院などが町には溢れています。

もし、あなたがこれから不妊の鍼灸治療を考えられておられるなら
単に腎臓の弱りに対して治療をするだけでなく
しっかりと、東洋医学的に体質を見極め、
あなたの体質に合わせた治療をしてもらえる治療院を選ばれることを
強くオススメします。


なお、当院はどなたも最初は無料の体験治療からとなっていて
本格的な治療をスタートするまで順々に体質チェックをしていきます。
随時受付中ですので、どうぞお気軽にご相談下さい。

お申し込みはコチラです。
http://www.e-harikyuu.com/briefing.php


では、今回はこのへんで。

高齢不妊担当 万木祥太郎



お問い合わせ
お問い合わせ
お電話でのお問い合わせ:072-633-3253

PageTop

btn_shindan01.gif
btn_shindan02.gif
btn_merumaga.png
メディアで紹介されました
赤ちゃんが欲しいクリニック 妊活スタートBOOK 2017
赤ちゃんが欲しいクリニック
妊活スタートBOOK 2017

不妊専門のおすすめ鍼灸院として紹介されました。

赤ちゃんが欲しい2016年秋号
赤ちゃんが欲しい
2016年 秋号

不妊専門のおすすめ鍼灸院として紹介されました。

医道の日本2015年10月号
医道の日本 2015年10月号
はりきゅう師向けの業界誌で当院の不妊鍼灸治療の内容などが紹介されました。

CREA2014年11月号
CREA 2014年11月号
不妊専門のおすすめ鍼灸院として紹介されました。

赤ちゃんが欲しいカップルのためのガイドBOOK
赤ちゃんが欲しいカップルのためのガイドBOOK
不妊専門のおすすめ鍼灸院として紹介されました。
出版書籍
「子宝地図」で赤ちゃんを授かる!
馬場乾竹著「子宝地図」で赤ちゃんを授かる!
新着記事
カテゴリー
メニュー
休診日カレンダー


:休診日

連絡先
〒567-0897
大阪府茨木市主原町6-32
馬場聖鍼堂

Tel/Fax 072-633-3253
受付時間 9:00〜20:00
馬場聖鍼堂ブログ
お問い合わせ