寒い冬の妊活、不妊治療は、エアコンの暖房で温めすぎに注意! - 不妊治療専門漢方鍼灸治療院 馬場聖鍼堂

お電話でのお問い合わせ:072-633-3253 ご相談・ご予約はこちらから

HOME > テーマ別ブログ > 高齢不妊から妊娠する! > 寒い冬の妊活、不妊治療は、エアコンの暖房で温めすぎに注意!

寒い冬の妊活、不妊治療は、エアコンの暖房で温めすぎに注意!

2016年12月17日

寒い日が続いています。
大阪でも朝は霜が降りるほどの寒さになりました。

妊活中や不妊治療中は、身体を冷やさないこと!

これは鉄則です。

けど、エアコンの暖房で温めすぎるのは逆効果
なってしまうかもしれません。



暖かい空気は上に昇り
冷たい空気は下に降ります。

そのため
寒いからとエアコンで暖房をがんがんに効かせても
部屋の上の方だけが暖かく、床に近い所はキンキンに冷えたまま・・・
こういう経験がおありの方もいらっしゃると思います。

そのため、
エアコンを効かせすぎた部屋では
頭や上半身は熱いのに
下半身は水に浸かっているような寒さ
という冷えのぼせ状態になってしまうことがあるのです。


こういう冷えのぼせ状態は東洋医学的に
妊娠力の低下を招く危険があります。


東洋医学で妊娠力!といえば、腎臓です。

腎臓は「作強の官」といって、
精(≒生命力)を蓄え、五臓六腑にその気(≒エネルギー)を供給することで
健康的な身体の機能を維持するという役割があります。

"精"というのは、
両親から受け継いだ"先天の精"
食事などから得た"後天の精"とがあり
生命維持にも、生殖力にも、この"精"の強さがとても大切です。

そのため、東洋医学で妊娠力といえば腎臓なのです。
(簡単に説明するために、詳細は端折ってます)


では、なぜ、先に書いたような冷えのぼせ状態が
妊娠力の低下を招く危険があるのか?ですが
それは、
エアコンの暖房による冷えのぼせ状態が
東洋医学的に腎臓の弱りを招くかもしれない
からです。


腎臓が弱る原因には色々あります。

たとえば、睡眠不足房事過多(セックスのし過ぎ)などがありますが
冬の季節に特に気を付けたいのが冷えです。

東洋医学では、身体の外から入ってくる病気のことを
外邪六淫というのですが
その中でも冷えの邪気のことを寒邪といいます。

その寒邪は、五臓六腑の中でも腎臓を弱めさせてしまうのです。


特に、冷えのぼせ状態は、腰から下の下半身が
冷え切ってしまっていることが少なくありません。

にもかかわらず、上半身が暑いために気付かないこともあるのです。

東洋医学では
この腰から下も、実は腎臓が担当している部位なのです。


つまり、
身体を温めようと、エアコンの暖房をがんがんに効かせていたとしても
冷えのぼせ状態になっていると
腎臓、妊娠力にとっては、あまり功を奏していない

ということもあるのです。


働きながら妊活や不妊治療をされている方には
空調管理された部屋でお仕事をされている方もたくさんいらっしゃいますが
そういう部屋こそ、足下の冷えに注意が必要です。

また、営業などで外回りのお仕事が多いという方も
地面からの冷気には注意が必要です。


さらに、高齢不妊でお悩みの方は
自分自身で身体を温める力も弱まっていることがあります。

東洋医学で自分自身で身体を温める力というと、
腎臓の持つ"命門の火"の力が鍵を握っていますが
この"命門の火"は、"命のろうそく"と例えることもあるように
年齢とともに力が弱くなっていくものなのです。

ですので、
年齢が上がれば上がるほど、
冷えのぼせや足下の冷えには注意が必要
ということです。


働きながらだと温活が制限されてしまうこともあるかもしれませんが
たとえば、
足裏にカイロを貼ったり
もこもこ靴下もこもこスリッパなどで、
ある程度、外からの外邪をケアすることができます。

また、ご自宅に帰った後は
ゆっくりお風呂に浸かること
足へのお灸
就寝時も湯たんぽを足下に置くなど
足下から身体の内側を温めるということも大事です。

当院でも、治療中は、足下に遠赤外線のマットと温石でしっかりケアさせて頂いてます。


これからどんどん寒くなる冬の妊活は、
妊娠力を落とさないためにも
ぜひ、足下の温活を欠かさないようにして下さいね!


では、今回はこの辺で。

高齢不妊担当 万木祥太郎



お問い合わせ
お問い合わせ
お電話でのお問い合わせ:072-633-3253

PageTop

btn_shindan01.gif
btn_shindan02.gif
btn_merumaga.png
メディアで紹介されました
赤ちゃんが欲しいクリニック 妊活スタートBOOK 2017
赤ちゃんが欲しいクリニック
妊活スタートBOOK 2017

不妊専門のおすすめ鍼灸院として紹介されました。

赤ちゃんが欲しい2016年秋号
赤ちゃんが欲しい
2016年 秋号

不妊専門のおすすめ鍼灸院として紹介されました。

医道の日本2015年10月号
医道の日本 2015年10月号
はりきゅう師向けの業界誌で当院の不妊鍼灸治療の内容などが紹介されました。

CREA2014年11月号
CREA 2014年11月号
不妊専門のおすすめ鍼灸院として紹介されました。

赤ちゃんが欲しいカップルのためのガイドBOOK
赤ちゃんが欲しいカップルのためのガイドBOOK
不妊専門のおすすめ鍼灸院として紹介されました。
出版書籍
「子宝地図」で赤ちゃんを授かる!
馬場乾竹著「子宝地図」で赤ちゃんを授かる!
新着記事
カテゴリー
メニュー
休診日カレンダー


:休診日

連絡先
〒567-0897
大阪府茨木市主原町6-32
馬場聖鍼堂

Tel/Fax 072-633-3253
受付時間 9:00〜20:00
馬場聖鍼堂ブログ
お問い合わせ