高齢妊活、こういう自覚症状がある時は鍼灸や漢方も併用がおすすめ! - 不妊治療専門漢方鍼灸治療院 馬場聖鍼堂

お電話でのお問い合わせ:072-633-3253 ご相談・ご予約はこちらから
お電話でのお問い合わせ:072-633-3253 ご相談・ご予約はこちらから

HOME > テーマ別ブログ > 高齢不妊から妊娠する! > 高齢妊活、こういう自覚症状がある時は鍼灸や漢方も併用がおすすめ!

高齢妊活、こういう自覚症状がある時は鍼灸や漢方も併用がおすすめ!

2017年04月22日

現代では40歳を越えてからの結婚や妊活は
決して珍しいことではありません。

社会には女性の管理職がどんどん増えていますし
女性の晩婚化は年々進んでいるので
40歳を越えてから、
いわゆる高齢妊活をスタートされる方が増えてきているのも
納得のご時世だと思います。

ただ、高齢妊活をスタートしていくのに
見逃さないで欲しい自覚症状
がいくつかあります。


それは、
抜け毛や白髪の増加
冷えのぼせや火照り
大量の汗(特に上半身)
急なめまいや耳鳴り
物忘れの増加や情緒不安定

といった症状です。

こういった自覚症状があるという方は
妊活スタートと同時に鍼灸や漢方薬での治療も併用されることを
強くお勧めします。


40歳を超えてからの高齢妊活の場合
クリニックで一通りの検査を受けると
ほとんどの場合、すぐに体外受精へのステップアップを勧められます。

それは、
年齢とともに妊娠率が下がることと、卵子の老化も進むため
時間をかけてタイミング法や人工授精で妊娠を目指すよりも
体外受精や顕微授精のほうが妊娠率が高いとされているためです。


ただ、高齢妊活で着目しなければならないのは
妊娠率や卵子の老化だけではありません。

特に、多忙な仕事などで不規則な生活を長年続けてきた人は
東洋医学的にお身体を診ると
腎臓の弱りが同年代の主婦の方よりも進んでいることがあり
妊娠するために重要な腎精がきわめて消耗されてしまっていたり、
閉経や更年期障害の症状が現れてくるのも
早くなっている可能性がある
のです。

※ここでいう腎臓の弱りは、東洋医学的な考え方に基づくもので
 東洋医学では腎臓が生命力や生殖力を担当しており、
 東洋医学的に腎臓の弱りが診られたからといって
 実際に、現代医学的な腎臓病があるという訳ではありません。
※腎精というのは腎臓の持つ生命力のことをさします。


先ほどあげた自覚症状は
東洋医学的に腎臓が弱りが著しくなってきた時に出てくる症状であり
更年期障害でも出てくる症状でもあります。

高齢妊活では
卵子の老化を抑えるだけでなく
閉経や更年期障害への進み方を今以上に加速させないことが
欠かせません。


クリニックの検査で分かるホルモンバランスの乱れは
ホルモン剤などである程度コントロールすることができますが
母体のもつ生命力や妊娠力である腎精は
西洋医学的な治療ではコントロールすることができません。

むしろ、多忙を極める中での妊活で
先ほどのような自覚症状があるにもかかわらず
何もケアしないまま妊活を進めていると
さらに腎臓の弱りが加速してしまい
腎精が消耗し、妊娠力が低下してしまうこともありえます。

それは、東洋医学的には
結果的に閉経や更年期障害への速度が速くなっている状態ともいえます。


ですので、妊娠するためには
母体のベースアップは欠かせません。

だからこそ、西洋医学的なクリニックでの治療だけでなく
鍼灸や漢方薬での治療を併用していくことがお勧めなのです。


高齢妊活は時間との勝負でもあります。

それでなくとも
年齢とともに腎臓の力も弱くなっていきます。

つまり、繰り返しになりますが
母体へのケアを何もしないままで妊活をすすめていると
不妊治療の進行状態とは裏腹に腎臓の弱りが進み
妊娠が難しい状態になっていってしまう可能性もある
のです。


東洋医学的な腎臓の弱りを補うのには
東洋医学的な不妊治療が一番です。

しっかり、今の生活習慣や体質を把握した上で
あなたに合わせた形でアプローチしていくことが大切です。


妊活、不妊治療をできる時間は限られています。

後悔しないためにも
高齢妊活の場合は
ぜひ、最初から鍼灸治療や漢方薬を妊活や不妊治療に取り入れることを
考えてみて頂ければと思います。


妊娠、そして赤ちゃんを産みたいあなたを応援しています。


高齢不妊担当 万木 祥太郎



お問い合わせ
お問い合わせ
お電話でのお問い合わせ:072-633-3253

PageTop

btn_shindan01.gif
btn_shindan02.gif
btn_merumaga.png
メディアで紹介されました
赤ちゃんが欲しいクリニック 妊活スタートBOOK 2017
赤ちゃんが欲しいクリニック
妊活スタートBOOK 2017

不妊専門のおすすめ鍼灸院として紹介されました。

赤ちゃんが欲しい2016年秋号
赤ちゃんが欲しい
2016年 秋号

不妊専門のおすすめ鍼灸院として紹介されました。

医道の日本2015年10月号
医道の日本 2015年10月号
はりきゅう師向けの業界誌で当院の不妊鍼灸治療の内容などが紹介されました。

CREA2014年11月号
CREA 2014年11月号
不妊専門のおすすめ鍼灸院として紹介されました。

赤ちゃんが欲しいカップルのためのガイドBOOK
赤ちゃんが欲しいカップルのためのガイドBOOK
不妊専門のおすすめ鍼灸院として紹介されました。
出版書籍
「子宝地図」で赤ちゃんを授かる!
馬場乾竹著「子宝地図」で赤ちゃんを授かる!
新着記事
カテゴリー
メニュー
休診日カレンダー


:休診日

連絡先
〒567-0897
大阪府茨木市主原町6-32
馬場聖鍼堂

Tel/Fax 072-633-3253
受付時間 9:00〜20:00
馬場聖鍼堂ブログ
お問い合わせ