男性不妊予備軍にならないための養生法 - 不妊治療専門漢方鍼灸治療院 馬場聖鍼堂

お電話でのお問い合わせ:072-633-3253 ご相談・ご予約はこちらから

HOME > テーマ別ブログ > 男性不妊の治療のススメ > 男性不妊予備軍にならないための養生法

男性不妊予備軍にならないための養生法

2014年09月12日

前回は、男性不妊の助成制度と治療について
お伝えさせて頂きました。

今週は、
そもそも男性不妊にならないようにするにはどうしたらよいか!?
男性不妊を防ぐ養生とは!?
についてお届けさせて頂きますね!

まず男性不妊とは何かを簡単におさらいしてみましょう。


男性不妊は、大きく
器質的な男性不妊と、非器質的な男性不妊とに
分類することが出来ます。

器質的な男性不妊というのは
手術などで精子を運ぶ管が切れてしまっているなど
物理的に精子を射出することができない男性不妊です。

一方の非器質的な男性不妊は
射精は出来るけども、精子の量や質などの要因から妊娠に至らない
というものをいいます。

また、勃起障害や早漏といった性機能障害
東洋医学的には男性不妊の症状ととらえることもできます。


これらのなかで
普段の養生でケアできるのは
非器質的な男性不妊です。

ということで今回は
精子の質を下げないようにするための養生法
東洋医学的な視点で紹介させて頂きますね。

男性不妊を防ぐための養生で一番大切なこと
それは"腎臓を養う"ということです。

腎蔵というのは、東洋医学では
生命力生殖力を担当していると考えます。

ですので、精子の質を下げないようにするためには
腎臓を養うということがとても大切なんです。


では、どうすれば腎臓を養うことができるのかですね。


一番は、「良質な睡眠」これに限ります。

20140911_昼寝.JPG

というのも腎臓は陰陽でいうと陰中の陰の臓器です。

つまり、
陰の時間である夜にしっかり睡眠をとることで養われる
というように東洋医学では考えます。


ですので、一にも二にも、まずは「良質な睡眠」が欠かせないのです。

そして、その上で
腎臓を疲れさせないということも重要です。

腎臓を疲れさせる要因は
 ・過度なストレス
 ・暴飲暴食
 ・過労やセックスのしすぎ
などがあります。


当てはまることはありませんか?


日常生活のなかでストレスなしということは
なかなかありませんし
妊活中の男性は年齢的に仕事上重要な立場がある方が多く
どうしてもストレスを常に抱え、過労気味、
さらに食事の時間も遅く、睡眠も不足しがちです。

どうしても腎臓を疲れさせてしまいやすい環境だったりします。


だからこそ、
休みの日や通勤中などは
できるだけ体を癒やし、気分をリフレッシュする時間に
してほしいと思うわけです。


ちなみに僕がサラリーマン時代など社会経験のなかで
実践してきたプチリフレッシュの方法というのもあるので
また紹介させて頂きますね!


ということで、今週はこの辺で。

男性不妊担当 万木祥太郎


最後は僕の地元に飛来したコウノトリの写真です。
みなさんの元にも可愛い赤ちゃんを届けてくれますように。

20140911_コウノトリ.JPG



お問い合わせ
お問い合わせ
お電話でのお問い合わせ:072-633-3253

PageTop

btn_shindan01.gif
btn_shindan02.gif
btn_merumaga.png
メディアで紹介されました
赤ちゃんが欲しいクリニック 妊活スタートBOOK 2017
赤ちゃんが欲しいクリニック
妊活スタートBOOK 2017

不妊専門のおすすめ鍼灸院として紹介されました。

赤ちゃんが欲しい2016年秋号
赤ちゃんが欲しい
2016年 秋号

不妊専門のおすすめ鍼灸院として紹介されました。

医道の日本2015年10月号
医道の日本 2015年10月号
はりきゅう師向けの業界誌で当院の不妊鍼灸治療の内容などが紹介されました。

CREA2014年11月号
CREA 2014年11月号
不妊専門のおすすめ鍼灸院として紹介されました。

赤ちゃんが欲しいカップルのためのガイドBOOK
赤ちゃんが欲しいカップルのためのガイドBOOK
不妊専門のおすすめ鍼灸院として紹介されました。
出版書籍
「子宝地図」で赤ちゃんを授かる!
馬場乾竹著「子宝地図」で赤ちゃんを授かる!
新着記事
カテゴリー
メニュー
休診日カレンダー


:休診日

連絡先
〒567-0897
大阪府茨木市主原町6-32
馬場聖鍼堂

Tel/Fax 072-633-3253
受付時間 9:00〜20:00
馬場聖鍼堂ブログ
お問い合わせ