不育症を東洋医学で治療するには?! - 不妊治療専門漢方鍼灸治療院 馬場聖鍼堂

お電話でのお問い合わせ:072-633-3253 ご相談・ご予約はこちらから
お電話でのお問い合わせ:072-633-3253 ご相談・ご予約はこちらから

HOME > テーマ別ブログ > 習慣性流産と心の治療 > 不育症を東洋医学で治療するには?!

不育症を東洋医学で治療するには?!

2014年10月09日

妊娠はするけど、
流産や死産を繰り返してしまうという不育症。


正式に何回流産したら、不育症という定義はまだ決まっていません。


考えられる"リスク要因"はあるものの、
はっきりとした原因もまだ研究段階です。

今研究されているリスク要因の中では
子宮の形がよくない子宮形態異常や、
甲状腺の異常、染色体の異常、
そして、血が固まりやすくなる抗リン脂質抗体症候群や、
凝固因子異常などがあります。


東洋医学的に、不育症は気血が滞りやすくて起こります。

もちろんそれだけが原因ではありませんが、
気血が滞りやすい人が多いのです。
気血が滞るとお腹の中の胎児に
うまく栄養が送れなくなってしまいます。


お腹の中の胎児への栄養はお母さんの胎盤、
そしてへその緒を介して送られます。


ですが、その胎盤は妊娠すると、
胎児に栄養や酸素を送るため、血の流れがゆっくりになるんです!
ということは、血がサラサラではなくドロドロであれば、
血のかたまりができやすくなります。


そしたら、血の流れは滞り、
胎児にちゃんと栄養を送れなくなってしまうのです。


血のめぐりは普段の生活習慣も大きく関係します。
食生活が乱れがちで、脂っこいものや甘いものが多ければ、
それだけ血はドロドロしてしまいます。


また身体が冷えていても血のめぐりは悪くなりますから、
血の滞りもできやすくなります。
今の時期はとくに寒暖の差が激しいので
しっかり温活していきましょうね。


さらに、ストレスも血のめぐりを悪くする要因の一つです。
気血の滞りを起こさせてしまいます。
ゆっくりリラックスしたり、ゆとりをもてる時間をつくりましょう(^^)


心と身体はつながっているので
当院の治療では心のケアもしっかりさせていただくため、
カウンセリングも行いますよ!


今の生活環境では自分で気を付けなければ、
すぐに妊娠しにくい体質になってしまいます。


いろんな誘惑も多く、ストレスも多い現代社会。
不妊の人が多くなるのも納得です。


妊娠し、無事に待望の赤ちゃんを出産するには
お腹の中に宿った胎児を育てるだけの生命力が必要です。
つまり、二人分の力が必要になります。


それだけの生命力を東洋医学では底上げできるよう、
手助けしていきます。


そのためにお一人お一人の体質チェックをさせていただき、
オーダーメイドの治療をしていくことで
妊娠しやすい身体づくりをしていきます。


それに加えて日々の養生もプラスされると
それだけ効果も上がります。


そして、東洋医学による不妊鍼灸では
産後の子育てのための体力づくりも同時にできます(^-^)


自ら妊娠、出産、そして元気に子育てができる身体づくり、始めませんか?


池田由芽がお届けしました(^^)



お問い合わせ
お問い合わせ
お電話でのお問い合わせ:072-633-3253

PageTop

btn_shindan01.gif
btn_shindan02.gif
btn_merumaga.png
メディアで紹介されました
赤ちゃんが欲しいクリニック 妊活スタートBOOK 2017
赤ちゃんが欲しいクリニック
妊活スタートBOOK 2017

不妊専門のおすすめ鍼灸院として紹介されました。

赤ちゃんが欲しい2016年秋号
赤ちゃんが欲しい
2016年 秋号

不妊専門のおすすめ鍼灸院として紹介されました。

医道の日本2015年10月号
医道の日本 2015年10月号
はりきゅう師向けの業界誌で当院の不妊鍼灸治療の内容などが紹介されました。

CREA2014年11月号
CREA 2014年11月号
不妊専門のおすすめ鍼灸院として紹介されました。

赤ちゃんが欲しいカップルのためのガイドBOOK
赤ちゃんが欲しいカップルのためのガイドBOOK
不妊専門のおすすめ鍼灸院として紹介されました。
出版書籍
「子宝地図」で赤ちゃんを授かる!
馬場乾竹著「子宝地図」で赤ちゃんを授かる!
新着記事
カテゴリー
メニュー
休診日カレンダー


:休診日

連絡先
〒567-0897
大阪府茨木市主原町6-32
馬場聖鍼堂

Tel/Fax 072-633-3253
受付時間 9:00〜20:00
馬場聖鍼堂ブログ
お問い合わせ