1000年以上前から伝わる習慣性流産への東洋医学的な対処法とは!?その③ - 不妊治療専門漢方鍼灸治療院 馬場聖鍼堂

お電話でのお問い合わせ:072-633-3253 ご相談・ご予約はこちらから
お電話でのお問い合わせ:072-633-3253 ご相談・ご予約はこちらから

HOME > テーマ別ブログ > 習慣性流産と心の治療 > 1000年以上前から伝わる習慣性流産への東洋医学的な対処法とは!?その③

1000年以上前から伝わる習慣性流産への東洋医学的な対処法とは!?その③

2015年01月08日

1回の流産でも、
たとえ初期だったとしても悲しいことには変わりありません。

流産が何度も起こったら、
そのとき受ける心の傷は言葉になりません。

もうこれ以上流産をくり返さないために、、、
今回お話させていただく内容が
少しでもお役立てれば嬉しく思います。

昔から考えられていた"習慣性流産への対処法"。
古典の中には先人の教えがたくさんつまっています。
"妊娠数堕胎"や"滑胎"など呼び方は違いましたが、
昔から治療はされてきました。


今回ご紹介する古典は「鍼道秘訣集」です。
1685年に書かれた本で
打ち鍼という日本独特の鍼術が伝えられています。

でも、ここに書かれているのは
それだけではありません。

"心"のことについても大事なことが書いてあるんです!

『弓矢を引くときに、
意識的にするのではなくて、
無意識に我のない状態でやりましょう。
そしたら、その矢は必ず的に当たります。』

何を言いたいのか?
「無我無心」ですることが大事だということを述べています。

例えば、歩く時に意識して
右足をまず上げてから左足を上げて~
と、わざわざ動かさなくても
自然と身体が動くような感じです。

そんな自然に身をまかすような感覚でいることが大事なのです。


その後にこんなことも書いてありました。

『欲の心、怒る心、愚痴がなければ、
きれいな心でいられます。』

ここでは、欲の心、怒る心、愚痴の3つは雲に、
心は月に例えられています。

つまり、3つの雲がなければ、
月が雲に隠されず、スッキリきれいに見える
ということなんです。

このキレイな月がいい心の状態です。

こういった私たちの心身に関係することでも
何でも自然のものに置き換えて考えるのが
昔の人は得意だったんです。
なかなか情緒的ですよね(^^)


ここに出てくる一つ目の雲である"欲"。
お子さんを授かりたい一心で
ずっと妊活のことが頭から離れない方がいます。

それでは心も疲れてしまいます。
妊活とは全く関係ない時間を作りましょう!
お友達とランチに出かけてもいいですし、
散歩して外の空気を吸うのもいいです(^^)

お忙しい日々だと思いますが、
1日1回はそんな時間を作って
何でもいいので、妊活や不妊治療を忘れられる時間を
確保しましょうね!


そして、二つ目の雲が怒る心で、三つ目の雲が愚痴です。
妊活中だったらタイミングのときに
パートナーが飲み会で帰ってこなくて
タイミングがとれなくて、怒ってしまったり、
治療に協力的でないパートナーに愚痴をこぼしてしまったり、
いつもだったら何でもないことでも
むきになってしまったりするものです。


小さなことで夫婦げんかに発展したり、
治療と家事と仕事も合わされば
心も身体も限界というところまで追い込まれ、
心のゆとりもなくなってしまって当然です。

妊活中の方はがんばり屋さんな方ばかりです。
本当によくがんばっておられると思います!
たまには肩の力を抜いて休憩しましょうね。
じゃないとしんどくなってしまいますよね。

最終的に授かることができるかどうかは
誰にもわかりません。
確実な治療法はまだないのです。

だったら自然に身をまかせて
心を少し休ませてあげませんか?

「やれることはやったから、
あとは結果を待つことにしよう!」
そう思ってみませんか?

気が張りつめていると
身体も同じように
余分な力が入って血のめぐりにもよくありません。

血のめぐりが悪かったら。
赤ちゃんに栄養を送ってあげることができなくなります(+_+)


のびのびと気血をめぐらせるためには
心身ともにのびのびするのが一番です!

考え過ぎてしまうときは
バンザイしてぐーっと伸びをしてみましょう!
スッキリして気持ちがいいですよ(^^)


『繰り返す流産』担当、
池田由芽がお届けしました(^-^)



お問い合わせ
お問い合わせ
お電話でのお問い合わせ:072-633-3253

PageTop

btn_shindan01.gif
btn_shindan02.gif
btn_merumaga.png
メディアで紹介されました
赤ちゃんが欲しいクリニック 妊活スタートBOOK 2017
赤ちゃんが欲しいクリニック
妊活スタートBOOK 2017

不妊専門のおすすめ鍼灸院として紹介されました。

赤ちゃんが欲しい2016年秋号
赤ちゃんが欲しい
2016年 秋号

不妊専門のおすすめ鍼灸院として紹介されました。

医道の日本2015年10月号
医道の日本 2015年10月号
はりきゅう師向けの業界誌で当院の不妊鍼灸治療の内容などが紹介されました。

CREA2014年11月号
CREA 2014年11月号
不妊専門のおすすめ鍼灸院として紹介されました。

赤ちゃんが欲しいカップルのためのガイドBOOK
赤ちゃんが欲しいカップルのためのガイドBOOK
不妊専門のおすすめ鍼灸院として紹介されました。
出版書籍
「子宝地図」で赤ちゃんを授かる!
馬場乾竹著「子宝地図」で赤ちゃんを授かる!
新着記事
カテゴリー
メニュー
休診日カレンダー


:休診日

連絡先
〒567-0897
大阪府茨木市主原町6-32
馬場聖鍼堂

Tel/Fax 072-633-3253
受付時間 9:00〜20:00
馬場聖鍼堂ブログ
お問い合わせ