流産を予防するための養生とは?!② - 不妊治療専門漢方鍼灸治療院 馬場聖鍼堂

お電話でのお問い合わせ:072-633-3253 ご相談・ご予約はこちらから
お電話でのお問い合わせ:072-633-3253 ご相談・ご予約はこちらから

HOME > テーマ別ブログ > 習慣性流産と心の治療 > 流産を予防するための養生とは?!②

流産を予防するための養生とは?!②

2015年04月02日

今回も前回に引き続き、
流産予防になる養生をお伝えします。
ぜひ、毎日の妊活にお役立てくださいね。

養生と言えば、何が思い浮かびますか?
食事、運動など色々あると思います。

その中でも運動というと、
苦手と感じる方が多いのではないでしょうか?!

ある研究によると、
運動をしている人としていない人で流産率を比べた結果、
運動をしている人の方が流産率が低いという結果が出ました。

運動不足で食べ過ぎが続くと
もちろん体重は増えていきます。


肥満が流産の原因になることもあります。
肥満になると、妊娠率が低下するだけでなく、流産率も上がります。
また、妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病、死産、先天異常が増えてしまったりと、
妊娠後のさまざまなリスクにもつながります。

他にも心血管疾患、糖尿病、子宮体癌、妊娠合併症、
無排卵、PCOS(多膿疱性卵巣症候群)、不妊、不育症に
なりやすくなるといわれています。

流産の中で多いのは、染色体異常です。
でも、肥満の方ではこの染色体が正常でも
流産してしまう確率が高いのです。
それは、肥満が影響して胎内環境が悪くなってしまうからです。

では、どういう基準で肥満になるのでしょうか?
その基準はBMI指数からわかります。
BMI指数というのは、肥満度を表す指数です。

BMI=体重kg÷(身長m×身長m)

BMIの普通体重は18.5以上、25未満です。
これより低ければやせ、高ければ肥満になります。
なので、この間に入るくらいが妊娠しやすいということを
覚えておいてくださいね。
やせ過ぎも肥満も両方、妊娠にとってはよくありませんよ(*_*)


また、太っている人はやせている人よりも、
卵巣の反応が悪いので、排卵誘発剤の量も多くなります。
卵巣の反応をよくし、できるだけ身体への負担を減らしながら
治療を進めていきたいものですよね。

ということで、
肥満の方だけでなく、肥満予防のためにもおすすめしたいのが
流産予防にもなる運動です。

運動をすると代謝がよくなりますから、
それだけ全身の細胞も生き生きしてきます。

運動をすると筋肉がつくので、
食べた物も効率よくエネルギーに替えられるようになるのです。

そしたら、食べたらすぐ太る、
飲んだらすぐに水太りになる、といったことになりません(^^)

ストレスによって暴飲暴食や、甘いものなどの偏食に走ってしまう時には
とくに運動がおすすめです。

結果がショックで落ち込んでしまって
ついつい食に走ってしまう時は心の問題があります。

その根本的な心の問題を解決しないと
その食欲は終わることがありません。

その心を替えようと思っても、
じーっとしていたら、同じことが頭の中をぐるぐるめぐります。

そういう時こそ、適度な運動をすることで
気のめぐりがよくなり、自然と心も楽になることが多いんです。

実際に当院のゲストでもこの方法を実践されている方は多いです。

心も身体も両方、大事です。
どちらかが病んでしまったら、それはもう片方に必ず影響します。

ウォーキングや、ヨガ、スポーツなど、何でもいいです。
有酸素運動がいいので、ウオーキングなら30分以上が理想です。
ちょっと汗ばむくらいの適度な運動がちょうどいいですよ!

無理はしないでくださいね。
体質改善のためには継続することが大切ですから。

手足を動かせば胃腸が元気になります。
下半身を鍛えれば、腎(生殖)が元気になります。

通勤で一駅歩いたり、なるべく車を使わずに歩いて行ったり、
エスカレーターではなく階段を使ったり、
まずはできることから始めてみませんか?

ちりも積れば山となるです(^-^)
コツコツ日々の養生を積み上げて流産を予防しましょう!


「繰り返す流産」担当 池田由芽でした(^^)



お問い合わせ
お問い合わせ
お電話でのお問い合わせ:072-633-3253

PageTop

btn_shindan01.gif
btn_shindan02.gif
btn_merumaga.png
メディアで紹介されました
赤ちゃんが欲しいクリニック 妊活スタートBOOK 2017
赤ちゃんが欲しいクリニック
妊活スタートBOOK 2017

不妊専門のおすすめ鍼灸院として紹介されました。

赤ちゃんが欲しい2016年秋号
赤ちゃんが欲しい
2016年 秋号

不妊専門のおすすめ鍼灸院として紹介されました。

医道の日本2015年10月号
医道の日本 2015年10月号
はりきゅう師向けの業界誌で当院の不妊鍼灸治療の内容などが紹介されました。

CREA2014年11月号
CREA 2014年11月号
不妊専門のおすすめ鍼灸院として紹介されました。

赤ちゃんが欲しいカップルのためのガイドBOOK
赤ちゃんが欲しいカップルのためのガイドBOOK
不妊専門のおすすめ鍼灸院として紹介されました。
出版書籍
「子宝地図」で赤ちゃんを授かる!
馬場乾竹著「子宝地図」で赤ちゃんを授かる!
新着記事
カテゴリー
メニュー
休診日カレンダー


:休診日

連絡先
〒567-0897
大阪府茨木市主原町6-32
馬場聖鍼堂

Tel/Fax 072-633-3253
受付時間 9:00〜20:00
馬場聖鍼堂ブログ
お問い合わせ