妊活に疲れたら鍼灸の出番! - 不妊治療専門漢方鍼灸治療院 馬場聖鍼堂

お電話でのお問い合わせ:072-633-3253 ご相談・ご予約はこちらから

HOME > テーマ別ブログ > 習慣性流産と心の治療 > 妊活に疲れたら鍼灸の出番!

妊活に疲れたら鍼灸の出番!

2015年12月17日

・ずっとタイミングをとり続けてるけど、全然結果が出ない

・人工授精にステップアップしたけど、1回も陽性反応すら出ない

・採卵してもなかなかいい卵がとれず、移植までたどり着けない

・採卵して、移植をしても着床しない

・流産を何度も繰り返し、精神的にも身体的にも相当なダメージを受けた


このような状況で妊活自体に疲れてしまっていませんか?


西洋医学でのクリニックで治療を受けていると
ホルモン補充をしながらタイミングをとり、
その副作用でしんどくなることもありますよね。

また、体外受精になると、
採卵前には卵を成長させるために
内服や注射などでホルモン補充を行い、
たくさん卵が育つように進めていく場合が多いです。

卵巣が薬に反応しやすい人は、採卵後に卵巣が腫れて、
いつも履いているパンツがきつくて履けなくなったり、
ひどい場合だと歩くのもしんどくなる時もあります。

そして、移植前には子宮内膜を少しでも厚くするために、
またホルモンを補充して、厚くしていきます。

場合によっては、その時のホルモン剤の副作用で
便秘になったり、頭痛や吐き気がしたり、出血したりすることもあります。

お薬の副作用は人によってさまざまです。

ただひとつ共通して言えることは、
どの副作用でもつらいことに変わりはないことです。
とても不快ですよね。

その負担はどうしても男性よりも
女性の方に重くのしかかります。

「どうして私だけこんなつらい思いをしなくちゃならないの?」

と、つらい本音を誰にも理解してもらえない環境で、
誰にも話せずにガマンしている人は多いです。

一回の結果がダメだった時のショックが大きいのはもちろんのこと、
薬の副作用だけでも、とてもストレスですよね。
疲れてしまうのも当然です。


また、何度もダメな結果が続くと、
プレッシャーと焦りが増していく一方で、
それと反比例するように、気力と体力は下がっていきますよね。

そんな時には不妊治療を休憩してみるのもひとつの選択肢です。

人によって程度の差はありますが、
実際に不妊治療によって酷使し続けた子宮や卵巣を含め、
身体全体は弱ってしまいます。
心身が受けた肉体的・精神的なストレスは測りしれません。

なかには、自分の存在を完全否定されたような気持ちになってしまう方も
いらっしゃいます。

悲しい気持ち、つらい気持ちをひとりで抱え込まないでくださいね。
自分を責める必要はないのです。

あなたはひとりではありません。仲間はいます。
話を聴いてもらえる場所だってあります。

もしも、不妊治療でもう疲れたという時には、
不妊治療専門の鍼灸師にご相談ください。

まずは身体をゆっくり治療で休めて回復していきながら
体質に合った自宅でできる生活習慣などもアドバイスさせていただきます。
ご自身の体質をふまえて、これからの治療方針も一緒に考えましょう。

不妊治療を頑張ってきて、
もう疲れてしまったという方は、
おもいきって休憩してみてはいかがでしょうか?

その間にのんびり旅行に行って気分転換するのもいいですね(^^)

その休憩の間、鍼灸治療をすることで、
心身の回復を早めることができます。

もちろん、疲れたけど、休憩はせず、
このまま続けていきたいという方でも鍼灸を併用していただくことで、
身体の負担は軽減しますよ。

酷使し続けた心と身体にはSOSのサインが出ます。
そのサインは人によって全然違った形で現れますが、
それに気付いてあげられるのもあなたしかいませんよ。

体質がわかれば、それがどこから起こっているサインなのかが
納得できるようになります。

妊娠には関係なさそうなことでも、
東洋医学的には関係していたということも
とてもよくある話なんですよ。


不妊治療により酷使され続けたお身体で負担がかかっていても
そのまま休憩せず採卵・移植と続くこともあります。

焦りもあるけど、このまま治療を続けて
ストレスが溜まった状態で果たしていい結果は出るのだろうか?
でも休むのもチャンスを無駄にするみたいで怖い

そう不安になったりもしますよね。

でも、勉強でもお仕事でも、スポーツでも何でもそうですが、
疲れた状態では100%の力は発揮できません。

妊娠もそれと同じです。

あなたの身体が最大限の力を発揮できるようにお手伝いさせていただくのが、
鍼灸治療です。


子宮や卵巣だって、疲れていたら
身体を守る方を優先して妊娠にはエネルギーが向かなくなりますよ。

流産せず、妊娠後もお腹の中の赤ちゃんを
出産まで養えるようにするための準備(体質改善)は
できるだけ早めからはじめておいた方がいいですよ。

妊娠後に赤ちゃんに栄養をとられて、
免疫力が下がって風邪を引きやすくなる方もいます。

そうならないためにも、
妊活では身体の負担を軽くし、労ってあげることも忘れないでくださいね!


心身の疲れを癒して回復させるのは鍼灸の得意分野です。

もしも、妊活で疲れたらと思ったら、
いつでもご相談くださいね(^^)


繰り返す流産担当 池田由芽



お問い合わせ
お問い合わせ
お電話でのお問い合わせ:072-633-3253

PageTop

btn_shindan01.gif
btn_shindan02.gif
btn_merumaga.png
メディアで紹介されました
赤ちゃんが欲しいクリニック 妊活スタートBOOK 2017
赤ちゃんが欲しいクリニック
妊活スタートBOOK 2017

不妊専門のおすすめ鍼灸院として紹介されました。

赤ちゃんが欲しい2016年秋号
赤ちゃんが欲しい
2016年 秋号

不妊専門のおすすめ鍼灸院として紹介されました。

医道の日本2015年10月号
医道の日本 2015年10月号
はりきゅう師向けの業界誌で当院の不妊鍼灸治療の内容などが紹介されました。

CREA2014年11月号
CREA 2014年11月号
不妊専門のおすすめ鍼灸院として紹介されました。

赤ちゃんが欲しいカップルのためのガイドBOOK
赤ちゃんが欲しいカップルのためのガイドBOOK
不妊専門のおすすめ鍼灸院として紹介されました。
出版書籍
「子宝地図」で赤ちゃんを授かる!
馬場乾竹著「子宝地図」で赤ちゃんを授かる!
新着記事
カテゴリー
メニュー
休診日カレンダー


:休診日

連絡先
〒567-0897
大阪府茨木市主原町6-32
馬場聖鍼堂

Tel/Fax 072-633-3253
受付時間 9:00〜20:00
馬場聖鍼堂ブログ
お問い合わせ