子宮内膜が薄くてお悩みの方には鍼灸がおすすめ - 不妊治療専門漢方鍼灸治療院 馬場聖鍼堂

お電話でのお問い合わせ:072-633-3253 ご相談・ご予約はこちらから

HOME > テーマ別ブログ > 習慣性流産と心の治療 > 子宮内膜が薄くてお悩みの方には鍼灸がおすすめ

子宮内膜が薄くてお悩みの方には鍼灸がおすすめ

2016年02月25日

やっとの思いで陽性反応が出たにも関わらず、
流産になった場合、
自然に流れる場合と、
掻爬手術をする場合とがあります。
掻爬手術は子宮内膜を掻き出す処置のことをいいます。

掻爬手術をされてから、
内膜がなかなか厚くならないという方もいらっしゃいます。

何も手術などは受けたことがなくても、
内膜が厚くなりにくい方もなかにはいらっしゃいます。

また、クロミッドなどのホルモン剤の副作用により、
内膜が薄くなってしまった方もおられるかもしれませんね。


いずれにせよ、
子宮は卵をお迎えし、育てていく大事なところです。

何かしらの原因で
子宮への血流が悪くなってしまうと、
なかなか内膜が厚くならず、
着床しずらい状態になってしまいます。


カチカチに硬くなってしまうイメージですね。

そうなると、卵が根付いて着床しにくくなることは
想像がつくと思います。

そうなってしまっては困りますよね。。


卵が着床しやすくなるためにも、
妊娠を継続して流産を予防するためにも
大切なのは、温かくてふかふかの内膜を準備するために
子宮への血流を良くすることです。

では、子宮への血流を良くするためには、どうしたらいいのでしょうか?


まずは、何が原因で血流が悪くなっているのかをつきとめる必要があります。

よく、
"冷えると血流が悪くなる"と言われますよね。

血流が悪くなる原因のひとつに冷えがあります。

実際、内膜が薄い方の中には冷えている方が多いです。
当然、冷えがあれば血流は悪くなってしまいます。

ですが、ここで本当に問題なのは、どうして身体が冷えるのか?
ということです。

その原因はさまざまです。

東洋医学的に考えてみると、
食べ過ぎや偏食などの食生活の乱れが原因で、
消化の力が弱って、食べた物から血や元気をつくれなくなり、
冷えにつながっている場合もあります。

またはシンプルにアイスクリームや冷たい飲みものなど
冷たいもの摂りすぎでお腹全体が冷えていることも。

他にも、ハードな生活が続き、慢性的な疲れがたまっていると、
生命力や妊娠力と関係する腎の臓が弱って、
腎陽(身体を温める力)を消耗して、
冷えの原因になっていることもあります。

また、ストレスがたまっていると、
気血が滞ってめぐりが悪くなり、
結果的に冷えを感じている場合もあります。

さらに、むくみ体質の方であれば、
身体にたまった余分な水の停滞が冷えにつながっていることもあります。
水には冷やす性質があるからです。

また、一見冷えているように感じても
冷えているのは足のみで、上半身はのぼせている場合もあります。
いわゆる、冷えのぼせですね。
これは、腎の臓の弱りから起こることが多く、
ホルモンバランスが崩れて、
更年期のような状態になってしまって起こります。


このように、
"冷え"と一言でいっても
その原因にはたくさんあります。

しかも、先ほど述べた原因のなかのどれかが原因になっているのではなく、
複数の原因が重なって冷えていることが多いです。

ですので、まずは何が原因で冷えているのかを知ることが大切です。
そして、原因が把握できれば、
その原因に対して対処することができるようになります。

どのように対処したらいいのかについては、
鍼灸治療の得意分野です!
原因となっている体質に合わせた治療ができますよ。

また、冷えの原因をチェックすることで、ご自身の体質もわかるので、
生活習慣を改善していただくためにアドバイスもさせていただけます。

そうして生活習慣も改善していただくと、
日常生活の中で予め冷えを予防することができますし、
子宮への血流改善もスピードアップします。

体質改善をすることで、内膜が厚くなる方は多いです。

とにかく温めて冷えを改善しよう!!
という考えで温活に力を入れていた方、
これからはご自身の体質に合った方法で、
血流を改善してきませんか?

そのためには、鍼灸治療もおすすめですよ(^^)

繰り返す流産担当  池田由芽



お問い合わせ
お問い合わせ
お電話でのお問い合わせ:072-633-3253

PageTop

btn_shindan01.gif
btn_shindan02.gif
btn_merumaga.png
メディアで紹介されました
赤ちゃんが欲しいクリニック 妊活スタートBOOK 2017
赤ちゃんが欲しいクリニック
妊活スタートBOOK 2017

不妊専門のおすすめ鍼灸院として紹介されました。

赤ちゃんが欲しい2016年秋号
赤ちゃんが欲しい
2016年 秋号

不妊専門のおすすめ鍼灸院として紹介されました。

医道の日本2015年10月号
医道の日本 2015年10月号
はりきゅう師向けの業界誌で当院の不妊鍼灸治療の内容などが紹介されました。

CREA2014年11月号
CREA 2014年11月号
不妊専門のおすすめ鍼灸院として紹介されました。

赤ちゃんが欲しいカップルのためのガイドBOOK
赤ちゃんが欲しいカップルのためのガイドBOOK
不妊専門のおすすめ鍼灸院として紹介されました。
出版書籍
「子宝地図」で赤ちゃんを授かる!
馬場乾竹著「子宝地図」で赤ちゃんを授かる!
新着記事
カテゴリー
メニュー
休診日カレンダー


:休診日

連絡先
〒567-0897
大阪府茨木市主原町6-32
馬場聖鍼堂

Tel/Fax 072-633-3253
受付時間 9:00〜20:00
馬場聖鍼堂ブログ
お問い合わせ