子宮の受精卵受容期間を調べる検査 - 不妊治療専門漢方鍼灸治療院 馬場聖鍼堂

お電話でのお問い合わせ:072-633-3253 ご相談・ご予約はこちらから

HOME > テーマ別ブログ > 妊活と不妊の最新情報 > 子宮の受精卵受容期間を調べる検査

子宮の受精卵受容期間を調べる検査

2015年04月12日

年齢が高くなってからの妊活がうまくいかなければ、
「高齢だから」「卵子の老化だから」と結論づけてしまいがち。

仕方がないと諦めないといけないのでしょうか?

30代後半、40代で妊活をスタートして、時間がもったいないから
すぐに体外受精にステップアップされる方は多いですよね。

一通りの検査を終えて、ご夫婦とも大きな問題はなく、
何度か体外受精に挑戦するものの、よい結果が出ないとき、
「やっぱり年齢的に難しいのかな」とご本人も考えてしまいがちです。
「原因は卵子の老化かな」とドクターから言われることもあるみたいです。

確かに、20代の女性と比べたら、その事実はあるでしょうね。
男性にも「精子の老化」はありますし。


でも、20代の方でも妊娠が成立しないのは、こういう理由
かもしれないのです。
 ⇒ http://www.ninsin-news.com/news_abaUS0FIKy_178.html?right
   「受精卵移植のタイミングが予測可能に」


受精卵が子宮内膜に着床する時期には個人差があり、
人によって数日間の誤差もある
そうです。

ですので、そうした方は移植のタイミングがずれてしまうと
若くてもうまくいかないのは当然のようなのです。

これは年齢にかかわらず起きるのは当然ですよね。


子宮内膜が着床可能かどうかを調べ、
最適のタイミングや場所がわかれば、もっと胚移植の成功率が
高まりそうですね!

子宮内膜着床能(ERA)検査というそうです。

現在臨床実験の段階ですので、期待して待ちましょう(^_^)/


高齢だから、というだけで諦めきれない方は少なくないはずですし、
何度も良好胚を移植しても着床しないという方は
「着床の窓」のズレが原因かもわかりませんね。

「ぜんぶ高齢の私のせい!」にしないようにしてくださいね(^-^)


近藤琉水でした。



お問い合わせ
お問い合わせ
お電話でのお問い合わせ:072-633-3253

PageTop

btn_shindan01.gif
btn_shindan02.gif
btn_merumaga.png
メディアで紹介されました
赤ちゃんが欲しいクリニック 妊活スタートBOOK 2017
赤ちゃんが欲しいクリニック
妊活スタートBOOK 2017

不妊専門のおすすめ鍼灸院として紹介されました。

赤ちゃんが欲しい2016年秋号
赤ちゃんが欲しい
2016年 秋号

不妊専門のおすすめ鍼灸院として紹介されました。

医道の日本2015年10月号
医道の日本 2015年10月号
はりきゅう師向けの業界誌で当院の不妊鍼灸治療の内容などが紹介されました。

CREA2014年11月号
CREA 2014年11月号
不妊専門のおすすめ鍼灸院として紹介されました。

赤ちゃんが欲しいカップルのためのガイドBOOK
赤ちゃんが欲しいカップルのためのガイドBOOK
不妊専門のおすすめ鍼灸院として紹介されました。
出版書籍
「子宝地図」で赤ちゃんを授かる!
馬場乾竹著「子宝地図」で赤ちゃんを授かる!
新着記事
カテゴリー
メニュー
休診日カレンダー


:休診日

連絡先
〒567-0897
大阪府茨木市主原町6-32
馬場聖鍼堂

Tel/Fax 072-633-3253
受付時間 9:00〜20:00
馬場聖鍼堂ブログ
お問い合わせ