男性不妊の認識を刷新! - 不妊治療専門漢方鍼灸治療院 馬場聖鍼堂

お電話でのお問い合わせ:072-633-3253 ご相談・ご予約はこちらから

HOME > テーマ別ブログ > 妊活と不妊の最新情報 > 男性不妊の認識を刷新!

男性不妊の認識を刷新!

2015年06月07日

今でこそ、男性不妊について認知度が上がりました。
それでも、男性自身が"子種"が無い、"種ナシ"といった
誤ったコンプレックスを持ったり、男のプライドを深く傷つけられたり、
といった呪縛から抜け出せないようです。

長年不妊カウンセリングの講師をされてきた赤城惠子先生が
今年の不妊カウンセラー・体外受精コーディネーター養成講座にて
最終記念講演をされました。

ご自身も不妊体験がおありということもあり、
実体験に基づいて、不妊をめぐる1970年代からの社会の動き、
歴史を振り返ってくださいました。

赤城先生ご自身が初めて不妊と向き合い、
ショックを受けたこととして挙げられたエピソード。
まだ情報が乏しい時代、1977年に入手した不妊治療の本はたったの一冊。
しかも、そのなかで今は死語となった「石女」という言葉も
堂々と書かれていたそうです。
お若い方は見たこともないかな?

江戸時代ならいざ知らず、それほど大昔でもない70年代に
子どもを産むことができない女性のことをそのように表現する
風潮は続いていたのです。

ちなみに、英国で世界初の体外受精児が誕生したのは1978年のことでした。

日本では、その後も不妊は女性の問題としてみなされてきたのです。


男性不妊の領域は、この10年あまりでかなり進化してきました。

micro TESEなど医療技術の発展で、以前だったら妊娠を
諦めなければならなかったカップルにも福音がもたらされました。

私自身も関わらせていただいた方で、micro TESEのおかげで
2人のお子さんを授かることができたご夫婦がありました。
「奇跡の子」と言われていたのが印象的でした。


顕微授精に限らず、男性も治療に積極的に参加していただくのは
今ではとても重要なこととして認識されてきています。

それでも、なぜか男性の場合は「自分は問題無い」と、
根拠の無い自信を持っていることが多く、
男性因子の原因特定が遅れることがよくあります。

無精子症・乏精子症など大きな問題が無くても、
加齢や酸化ストレスによって精子の質は低下することがわかっています。

女性は"卵子の老化"が一般認知されるようになって
晩婚化とともに女性は危機感を持つようになりました。
でも男性は・・・?

不妊治療の世界では、世間の常識は通用しなくなってきています。

今回の石川智基先生(リプロダクションクリニック大阪CEO)
の講演でも、新情報を得ることができましたので
お知らせしたいと思います。


精液検査の所見に問題がある方はもちろん、
今回は問題が無かった方も、より早くいい結果を出すために
とくに気を付けるべき注意点は以下の通りです。

*年齢
*たばこ
*熱
*感染

ヒートショック、なかでもサウナはかなり危ないですよ!
そして下着はブリーフよりもトランクスで!

自宅で採精してクリニックに持参する場合は、
よく人肌で温めて、と言われてきましたが、
精子の適正温度は32~34℃なので
下着の中に入れたり、タオルでグルグル巻いたり
する必要はないそうですよ。

サプリで補うのならビタミンCとE、
コーヒーやアルコールは控えて規則正しい生活を。

精子は酸化ストレスにとても弱いため"抗酸化"がキーワードになります。

上記の注意点は、みな酸化ストレスを減らすことにつながります。

また、できるだけ禁欲期間を短くすることも抗酸化になります。

確かに精液量は減るかもしれませんが、
人工授精は別として、顕微授精ともなると量は影響しません。
週に3~4回がベスト、つまり禁欲期間は1~2日です。
「白血球に悪さをする時間を与えない!」ということだそうですよ。


ぜひとも、認識を新たにしていただきたいと思います。

石川先生は、婚姻年齢と不妊との関連性を調べたところ、
40歳~44歳で結婚した方の不妊率は63.6%だとのことです。

加齢によって卵子・精子の老化が進むことと、
晩婚化によって不妊治療のスタートも遅れるというダブルパンチ。

男のプライドや沽券はかなぐり捨てて、
ぜひとも早めの受診を。お二人揃って、でお願いしますね!


近藤琉水がお届けしました。



お問い合わせ
お問い合わせ
お電話でのお問い合わせ:072-633-3253

PageTop

btn_shindan01.gif
btn_shindan02.gif
btn_merumaga.png
メディアで紹介されました
赤ちゃんが欲しいクリニック 妊活スタートBOOK 2017
赤ちゃんが欲しいクリニック
妊活スタートBOOK 2017

不妊専門のおすすめ鍼灸院として紹介されました。

赤ちゃんが欲しい2016年秋号
赤ちゃんが欲しい
2016年 秋号

不妊専門のおすすめ鍼灸院として紹介されました。

医道の日本2015年10月号
医道の日本 2015年10月号
はりきゅう師向けの業界誌で当院の不妊鍼灸治療の内容などが紹介されました。

CREA2014年11月号
CREA 2014年11月号
不妊専門のおすすめ鍼灸院として紹介されました。

赤ちゃんが欲しいカップルのためのガイドBOOK
赤ちゃんが欲しいカップルのためのガイドBOOK
不妊専門のおすすめ鍼灸院として紹介されました。
出版書籍
「子宝地図」で赤ちゃんを授かる!
馬場乾竹著「子宝地図」で赤ちゃんを授かる!
新着記事
カテゴリー
メニュー
休診日カレンダー


:休診日

連絡先
〒567-0897
大阪府茨木市主原町6-32
馬場聖鍼堂

Tel/Fax 072-633-3253
受付時間 9:00〜20:00
馬場聖鍼堂ブログ
お問い合わせ