不妊治療中の禁煙は、目先の妊娠だけでなく、生まれてくる子どもの将来のためにも - 不妊治療専門漢方鍼灸治療院 馬場聖鍼堂

お電話でのお問い合わせ:072-633-3253 ご相談・ご予約はこちらから
お電話でのお問い合わせ:072-633-3253 ご相談・ご予約はこちらから

HOME > テーマ別ブログ > 妊活と不妊の最新情報 > 不妊治療中の禁煙は、目先の妊娠だけでなく、生まれてくる子どもの将来のためにも

不妊治療中の禁煙は、目先の妊娠だけでなく、生まれてくる子どもの将来のためにも

2016年05月07日

妊活中なら禁煙は男女とも当たり前!
男女とも喫煙が流産リスクをあげたり、胎児や新生児に悪影響がある
ということは常識です。

少し前ではありますが
AFP通信の記事に
妊婦の喫煙が、胎児だけでなくDNAレベルで子どもに影響が残る
という研究結果がありましたので
紹介したいと思います。

内容は概ね次のようなものです。

妊婦の喫煙は
死産や新生児の先天的な口唇裂や口蓋裂、肺病、神経系の発達障害などに
つながるリスクが非喫煙者の妊婦よりも高いことが
DNAレベルで認められた。

さらに、新生児だけでなく、6歳前後子どもにも一部のDNAの変化が
依然として残ってしまっている。

こういった影響がその後の疾病リスクにつながるかどうかは
不明だが、妊娠中の喫煙が、子どもの小児期まで残る永続的な影響が
遺伝子情報として残り
喫煙と関連する疾病との関連性も実証された。

(AFP通信の記事を要約しています)

妊活中にもかかわらず
禁煙できないという方は、やはりいらっしゃいます。

ただ、その喫煙は、妊娠・出産という夢を遠ざけているだけでなく
なんとか出産までたどりつけたとしても、
何の罪もない大事な子どもにまで影響が残ってしまう可能性がある
ということです。

今回の研究で判明したというDNAの変化が
その後、疾病に影響するのかどうかは、さらに研究を重ねる必要がある
とされていますが
妊活中でも禁煙できていないという方は
あなたの今だけでなく、あなたの子どもの将来のためにも
禁煙されることを
改めて、強くオススメしたいと思います。

もちろん男性もです。


では、今回はこのへんで。


高齢不妊、二人目不妊、男性不妊担当 万木祥太郎


<参考記事>
『胎児のDNA、妊婦の喫煙で変化 大規模調査で確認』
http://goo.gl/JOouPb(AFPBB Newsのサイトが開きます)



お問い合わせ
お問い合わせ
お電話でのお問い合わせ:072-633-3253

PageTop

btn_shindan01.gif
btn_shindan02.gif
btn_merumaga.png
メディアで紹介されました
赤ちゃんが欲しいクリニック 妊活スタートBOOK 2017
赤ちゃんが欲しいクリニック
妊活スタートBOOK 2017

不妊専門のおすすめ鍼灸院として紹介されました。

赤ちゃんが欲しい2016年秋号
赤ちゃんが欲しい
2016年 秋号

不妊専門のおすすめ鍼灸院として紹介されました。

医道の日本2015年10月号
医道の日本 2015年10月号
はりきゅう師向けの業界誌で当院の不妊鍼灸治療の内容などが紹介されました。

CREA2014年11月号
CREA 2014年11月号
不妊専門のおすすめ鍼灸院として紹介されました。

赤ちゃんが欲しいカップルのためのガイドBOOK
赤ちゃんが欲しいカップルのためのガイドBOOK
不妊専門のおすすめ鍼灸院として紹介されました。
出版書籍
「子宝地図」で赤ちゃんを授かる!
馬場乾竹著「子宝地図」で赤ちゃんを授かる!
新着記事
カテゴリー
メニュー
休診日カレンダー


:休診日

連絡先
〒567-0897
大阪府茨木市主原町6-32
馬場聖鍼堂

Tel/Fax 072-633-3253
受付時間 9:00〜20:00
馬場聖鍼堂ブログ
お問い合わせ