冷えチェックをして体質にピッタリの妊活を - 不妊治療専門漢方鍼灸治療院 馬場聖鍼堂

お電話でのお問い合わせ:072-633-3253 ご相談・ご予約はこちらから

HOME > テーマ別ブログ > 子宮筋腫と不妊と鍼灸治療 > 冷えチェックをして体質にピッタリの妊活を

冷えチェックをして体質にピッタリの妊活を

2015年08月27日

冬はもちろん、夏でもエアコンが効いた部屋でいることが多い今、
夏でも冷えが気になる方が増えています。

必要以上に冷やされた電車の中や、
自宅でも夫に合わせて部屋の温度設定をすると、長時間冷えてしまうことに(>_<)
夏の外出時に冷房の効いた室内に入ると、汗が乾いて一気に身体が冷やされます。

汗をかいている状態は毛穴が開くので
冷えも身体の中に入りやすく、風邪も引きやすくなります。
風邪を引いてしまったら、体力が低下し、妊娠力の低下にもつながってしまいます。


冷えをそれなりに自覚している人なら、
身体が冷えないように対策ができるのですが、
意外と冷えにドン感な人もけっこういらっしゃるのです。


自分の身体が冷えていると気付けると、
「どこが冷えているのか?」
「どうなると冷えるのか?」
「そもそも体質が冷えやすいのか?」
など、冷えの原因が具体的にわかるようになり、
その原因に対してより効果的な冷え対策ができるようになります。


一方、自分の冷えに気付くことができなかったら、
問題意識がないので、冷えっぱなしの状態になります。


そうなれば、妊娠に必要な血流はよくないままになってしまいます。
ですので、妊娠しやすい体質を目指すのであれば、
身体が冷えていると感じたら少しでも早く冷え改善をする必要があるのです。


子宮や卵巣にホルモンや栄養を送って妊娠力を底上げするためには
それらの運び屋である血を全身に送ってあげないといけません。


それができれば、血流の悪さから起こる子宮筋腫や内膜症などを
予防することができます。


血流をよくして妊娠しやすい体質になるためには
まず自分が冷えているかどうかを判断する必要があります。


そこで、以下の冷えチェックのための項目にいくつ当てはまるかチェックしてみましょう(・∀・)


・足や手を触ると冷たい
・冷房が苦手
・冬が苦手
・寒がり
・あおたんができやすい
・目の下のクマが気になる
・シミ・そばかすが多い
・顔色がどす黒い
・肌が硬く、ざらついている
・冷たい飲み物や食べ物が好き
・肩こりがある
・頭痛持ち
・トイレが近い
・下痢しやすい


いかがでしたか?
当てはまる数が多ければ多いほど、冷え体質ということになりますよ!!

冷えているかどうかがわかったところで、今度は原因を探ってみましょう。


冷えの原因にもいろいろあるのです。


*外からの冷え

身体は冷えやすいにも関わらず、肌を見せる格好をしている人に多いです。
寒さに弱い人や、冷房が苦手という人は基本的に夏でも露出はNG。
とくに冷やしたくない下半身は
長ズボン+靴下+靴をベースに上半身はストールや上着を持ち歩いて、
その都度対応できるようにしておくのがベストですよ。


*食生活による冷え(冷たい物や甘い物のとり過ぎ)

冷たい食べ物・飲み物や身体を冷やす働きのある物はとりすぎに注意です。
夏なら、身体を冷やす働きのある野菜なども食べていただいて問題ありませんが、
夏でも冷えが気になる方は、身体を冷やす性質のモノは
できるだけ生姜など温める性質の物と一緒に食べるか、
温かい料理にしていただきましょうね。

お腹を触って冷えていると感じたら、
お腹の冷たいところにお灸をしてあげるとお腹の内側まで
ぽかぽかになりますよ(^_^)


また、白砂糖は身体を冷やす働きがあるので、どうしても・・・の時以外は食べないのが一番です。
甘いスイーツに目がない方でも、
「何かをがんばったご褒美に♪」
という程度に抑えておきましょう!


*身体のエネルギー不足で温める気(陽気)が足りない

このタイプの冷えは、もともと疲れやすい、虚弱体質の人に多いです。
気力・体力を消耗しやすく、すぐに横になりたくなるような人です。

このタイプの人は疲れたら冷えが悪化し、お腹の調子も崩しがちになります。
とにかく無理せず、冷やさないよういつも意識しておくことが大事です。
あとは十分な睡眠をとって、その日の疲れはその日のうちに
解消できるよう心がけましょうね(^^)

朝日を浴びるのも陽気アップにおすすめですよ!


*ストレスによる冷え

ストレスも冷えの原因になります。
ストレスがかかると血管が細くなり、血流が悪くなってしまうからです。
このタイプの人は気のめぐりを意識した生活をすれば、冷えが改善されます。

運動をしたり、毎日お風呂につかってオン・オフの切り替えをできるようにしましょう。
時にはパーッとストレス発散のため、旅行に行ったりするのもおすすめです。

アロマやヨガ、ストレッチなど、ゆる~く楽しめるものをチョイスしましょうね♪

冷えの原因別の対策をご紹介しましたが、
冷えの原因は必ずしもひとつとは限らず、いくつか重なることも多いです。
ですので、冷えが気になったら自分の体質に合った冷え対策をして、温め過ぎにはご注意くださいね!


ほんわりポカポカを持続できる妊娠体質になれるような
自分らしい冷え対策をやっていきましょうね(^o^)


『子宮のトラブル』担当  池田由芽



お問い合わせ
お問い合わせ
お電話でのお問い合わせ:072-633-3253

PageTop

btn_shindan01.gif
btn_shindan02.gif
btn_merumaga.png
メディアで紹介されました
赤ちゃんが欲しいクリニック 妊活スタートBOOK 2017
赤ちゃんが欲しいクリニック
妊活スタートBOOK 2017

不妊専門のおすすめ鍼灸院として紹介されました。

赤ちゃんが欲しい2016年秋号
赤ちゃんが欲しい
2016年 秋号

不妊専門のおすすめ鍼灸院として紹介されました。

医道の日本2015年10月号
医道の日本 2015年10月号
はりきゅう師向けの業界誌で当院の不妊鍼灸治療の内容などが紹介されました。

CREA2014年11月号
CREA 2014年11月号
不妊専門のおすすめ鍼灸院として紹介されました。

赤ちゃんが欲しいカップルのためのガイドBOOK
赤ちゃんが欲しいカップルのためのガイドBOOK
不妊専門のおすすめ鍼灸院として紹介されました。
出版書籍
「子宝地図」で赤ちゃんを授かる!
馬場乾竹著「子宝地図」で赤ちゃんを授かる!
新着記事
カテゴリー
メニュー
休診日カレンダー


:休診日

連絡先
〒567-0897
大阪府茨木市主原町6-32
馬場聖鍼堂

Tel/Fax 072-633-3253
受付時間 9:00〜20:00
馬場聖鍼堂ブログ
お問い合わせ