妊活中ならまずココをストレッチ♪ - 不妊治療専門漢方鍼灸治療院 馬場聖鍼堂

お電話でのお問い合わせ:072-633-3253 ご相談・ご予約はこちらから
お電話でのお問い合わせ:072-633-3253 ご相談・ご予約はこちらから

HOME > テーマ別ブログ > 子宮筋腫と不妊と鍼灸治療 > 妊活中ならまずココをストレッチ♪

妊活中ならまずココをストレッチ♪

2017年07月06日

梅雨ということで、
雨の日は自宅で過ごすことも多いかもしれません。

7月に入り、もうそろそろ梅雨明けという頃ですが、
暑くなってくると台風も増えてきますよね。

そうなると、また自宅にこもって、
運動不足になってしまいがちです。

意識して身体を動かさないと、
気(生命エネルギー)も滞って、
血流も悪くなって、
身体がだる重~という状態になってしまいますよね。

運動不足で気分も身体も重だるくなってしまっていませんか?

妊活中なら、重だるい身体よりも、
気血のめぐりがよくスッキリしている身体の方が、
もちろんいいのです。

なぜかというと、
気や血が全身をスムーズにめぐっていると、
全身の隅々に栄養がいき届き、また身体も温まり、
子宮や卵巣などの生殖の働きも活発になるので、
妊娠を目指す人にとって嬉しい体質になれるからです。

気血をスムーズにめぐらせるといっても、
そんなに難しく考える必要はありませんよ。

日常生活の中でも簡単にできるストレッチをするだけでも、
気血のめぐりはよくなります。

そして、気血のめぐりがいい状態に体質を変えていくには
それをコツコツ続けることが大切なんです。

ですが!めんどくさいことや手間がかかることは、
あまり長続きしませんよね。

ということで、
今回は妊活中に効果的なポイントにしぼって、
より効果的・効率的にストレッチをするために、
妊娠力アップにつながるストレッチのポイントをご紹介します。


そこでまずオススメなのが、股関節のストレッチです。

骨盤内には子宮や卵巣など、
妊娠するために欠かせない大事な生殖器が集まっています。
そのため、股関節のストレッチをすることで、
骨盤内の血流をよくしておくと、
生殖器の血流もよくなって、
妊娠しやすい環境に整うだけでなく、
妊娠を妨げる子宮筋腫や子宮内膜症の予防にもなります。

また、東洋医学的に妊娠に関係する経絡(気血の通り道)は
腎・肝・脾経がありますが、
股関節にはこの3つの経絡がすべて通っているので、
股関節のめぐりをよくすることで生殖の働きを助ける効果があるのです。

そこで、股関節のストレッチにはいろいろありますが、
その中でも私がよくやっているお気に入りのストレッチを
ご紹介したいと思います。

まず座ってあぐらをかくように、
股関節の前で両足の足の裏を合わせます。
そして、両手で両足先を持って、
自分の方に引き寄せながら、
上半身をゆっくり前に倒します。

IMG_1334 (225x300).jpg

よければ、右の絵を参考になさってください。→
こんな感じです。てるてる坊主ではありません。笑
ゆる~い絵になりましたが、ゆるい気持ちでしていただくぐらいが
リラックスできて丁度いいですよ。

どこをストレッチするときもそうですが、
無理する必要はありません。

痛気持ちいいくらいで、
ゆっくり呼吸をしながらじわじわ伸ばしてみてください。
時間があれば、1ポーズ30秒できれば理想です。

「股関節が伸びている」
というイメージを持ちながらしていただくとより効きますよ。


身体の中には、気血が滞りやすいところがあります。
それは関節です。

今ご紹介した股関節も妊活中にとってはとくに大事な関節なのですが、
他にも実は妊活中にケアしておいた方がいい関節があります。

それが、手首・足首です。

その理由は、
手首・足首付近には原穴といって、
生み出す働き、源となる穴という意味のツボが集まっています。

この原穴の働きは、その意味の通り、
妊娠力とも関係しているため、
妊活中なら大事にしたいツボなのです。

そして、この原穴が集まっている手首・足首の気のめぐりをよくしておくと、
この原穴たちも元気に働いてくれるので、
手首や足首を回したり、
ブラブラして気血のめぐりが滞らないように
ほぐしておくといいですよ。
これなら、お仕事の休憩中でもいつでもできますよね。


それと最後に、忘れてはいけないのが、腰のストレッチです。
東洋医学で妊娠力を主に担当しているのは、腎臓のパワーです。
(ここでいう腎臓は西洋医学でいう腎臓の働きとは異なりますので、ご注意ください)

この腎臓と関係が深いのがです。
当院でも体質チェックをさせていただくと、
腰痛をお持ちの方は東洋医学的に腎臓が弱っている方が多いです。

腰という漢字の意味からしても、
腰は身体の中で要となる大事なところであることがわかりますよね。

ですので、この腰をストレッチして
ケアをしておくことは、腎臓をケアすることにもつながり、
結果的には妊娠力を高めるためのケアにもなるのです。

腰を伸ばすためにも、
いろんなストレッチの方法がありますが、
立ったまま前屈をしたり、
または長座のポーズから前屈をするだけでも腰は伸びますよ。

ちなみに、腰を伸ばす私のお気に入りストレッチは
正座をしてそのまま前に倒れ込み、
猫が伸びをするような姿勢で腰を伸ばすストレッチです。
これをすると、腰だけでなく、
ワキの下辺りも伸びてほんとに気持ちよくなります。

IMG_1337 (300x167).jpg

右の写真のような感じです。→

これを朝晩、起きてすぐと寝る前のタイミングにするだけでも効果がありますし、
ベッドの上ならやりやすいのでオススメですよ♪

いかがですか?

どれも簡単なので、続けられそうじゃないですか?

余裕があるときは、
他にも普段こりやすいところを優先的に
ストレッチしていただくといいですよ。

こりやすいのは肩や首まわりが多いかもしれませんが、
妊娠力を主る腎臓は下半身とも関係しているので
下半身を念入りにストレッチしておくといいですよ。

暑い日には身体の中に熱がこもりがちになりますが、
熱のこもり過ぎも身体には負担となって、
体力も妊娠力も消耗してしまいます。

気のめぐりを普段からよくしておくことで、
余分な熱を身体にためない
発散上手な身体にしていきたいですね!


私も一ヶ月ほどお風呂上がりのストレッチを継続中ですが
身体が軽く、動かしやすくなり調子がいいです。
移動中でも駅の階段を上る時に1段飛ばしでもしんどくならず、
軽々上れるようになりました。
以前の私なら下半身がかなり重かったので、
考えられません。

続けることで、
身体はいい方向に変わっていきます。

妊娠力を高めて授かる準備をするためにも、
この夏を快適に過ごすためにも
おすすめのストレッチです。

ぜひ、毎日の習慣にしてみてくださいね(^^)
一日一回でも身も心もリラックスできると、
とてもリフレッシュできますよ♪

あなたが毎日心地良い気持ちで妊活できますように。

子宮のトラブル担当 池田由芽



お問い合わせ
お問い合わせ
お電話でのお問い合わせ:072-633-3253

PageTop

btn_shindan01.gif
btn_shindan02.gif
btn_merumaga.png
メディアで紹介されました
赤ちゃんが欲しいクリニック 妊活スタートBOOK 2017
赤ちゃんが欲しいクリニック
妊活スタートBOOK 2017

不妊専門のおすすめ鍼灸院として紹介されました。

赤ちゃんが欲しい2016年秋号
赤ちゃんが欲しい
2016年 秋号

不妊専門のおすすめ鍼灸院として紹介されました。

医道の日本2015年10月号
医道の日本 2015年10月号
はりきゅう師向けの業界誌で当院の不妊鍼灸治療の内容などが紹介されました。

CREA2014年11月号
CREA 2014年11月号
不妊専門のおすすめ鍼灸院として紹介されました。

赤ちゃんが欲しいカップルのためのガイドBOOK
赤ちゃんが欲しいカップルのためのガイドBOOK
不妊専門のおすすめ鍼灸院として紹介されました。
出版書籍
「子宝地図」で赤ちゃんを授かる!
馬場乾竹著「子宝地図」で赤ちゃんを授かる!
新着記事
カテゴリー
メニュー
休診日カレンダー


:休診日

連絡先
〒567-0897
大阪府茨木市主原町6-32
馬場聖鍼堂

Tel/Fax 072-633-3253
受付時間 9:00〜20:00
馬場聖鍼堂ブログ
お問い合わせ