二層とは?低温期と高温期 - 不妊治療専門漢方鍼灸治療院 馬場聖鍼堂

お電話でのお問い合わせ:072-633-3253 ご相談・ご予約はこちらから

HOME > 1分で分かる不妊治療 > 月経と妊娠 > 二層とは?低温期と高温期

二層とは?低温期と高温期

2014年03月29日

低温期と高温期

基礎体温を測ると、個人差はあるものの概ね28日周期で体温が変動していることが分かります。
その中でも、大きく変動するのが、低温期から高温期に切り替わるときと、逆に高温期から低温期になるときです。
月経不順や妊娠等がなければ、この低温期と高温期の二層がだいたい28日周期で繰り返されます。

では、この低温期と高温期というのは、どういうことでしょうか?


低温期

まず、低温期です。
月経周期でいうと、月経期と卵胞期にあたります。
この低温期は、次の排卵に向けての準備期間になります。

低温期のうち、月経期では、不要になった子宮内膜が経血と共に体外に排出されます。
そして、卵胞期では、次の排卵に向けて、卵胞と子宮内膜を育てる期間になります。

低温期の基礎体温は、個人差があるものの36℃代前半となることが多いようです。
ただ、低温期といっても36℃を下回るほどの場合は、妊活中のかたにとっては、少し低すぎますので、注意が必要です。

排卵を経て高温期へ

そして、高温期へと移行するのですが、妊娠を臨む方にとって大事なタイミングがここにあります。

排卵です。

人によっては、排卵痛などで排卵期が分かるという方もいらっしゃいますが、このタイミングを見逃さないためにも、基礎体温のわずかな変化を読み取ることが大切です。
ポイントは、いつもの低温期の基礎体温から、ガクンと少し大きめに基礎体温が下がる日です。
ここが、卵胞期から排卵期に変わるタイミングです。
排卵が行われ、基礎体温が上昇し、低温期から高温期へと移行します。

基礎体温だけでは分かりにくい場合は、月経周期の日数と合わせてみると分かりやすいと思います。
また、市販の排卵検査薬というものもあります。

ただ、低温期や高温期の基礎体温が安定しない場合や、月経不順がある場合は、この変化を読み取るのは難しいと思いますので、婦人科のクリニックでタイミングを見てもらえば、一番確実です。

高温期

高温期には、排卵期と黄体期があります。
排卵期は、排卵を行い、受精が可能になる期間で、だいたい3日程度で終わります。
また、黄体期は、受精卵の着床を助けるための期間です。
黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌が盛んになることで、子宮内膜が着床に適した状態に成長します。

高温期の基礎体温は、低温期と同じように個人差があるものの、36℃代後半となるかたが多いようです。
低温期と比べ、0.3℃程度の差があり、しっかり、二層に分かれていることが理想です。

この高温期から分かることは、妊娠しているかどうかです。
妊娠できていれば、高温期のまま体温が下がらず、出産するまで月経期に戻ることはありません。
逆に高温期から体温が下がってしまった場合は、月経期を待たずとも、妊娠不成立となっている可能性が高いです。


このように、基礎体温を測り、低温期と高温期の変化を見るだけで、月経周期を細かく知ることができます。


もし、あなたが、これから妊娠を望まれる場合は、基礎体温を測り、ご自身の月経周期を確かめることからスタートされると良いと思います。
また、今はまだ妊娠を望まれていないとしても、基礎体温の計測は強くお勧めします。
なぜなら、月経自体が定期的にあったとしても、基礎体温が低温期と高温期の二層になっていなかったり、安定していなかったりという、自覚症状からはわからないことも多いからです。
こういった不妊の原因となり得る症状を早く発見するためにも、基礎体温を測るということは、とても重要なのです。


このページの次に読んで頂きたいおすすめページ
妊娠するためには、排卵期に精子と卵子が受精しなくてはなりません。
そのために必要なのは、排卵です。
では、排卵とは具体的にどういうことなのでしょうか?

_next_allow.png 卵胞?卵子?排卵のメカニズム

合わせて読むことで、より参考になるおすすめページ
◆不妊治療を初めて受けるときのススメ
充実した妊活の送り方
◆意外な不妊の原因とは?

_btn08.jpg _btn09.jpg


お問い合わせ
お問い合わせ
お電話でのお問い合わせ:072-633-3253

PageTop

btn_shindan01.gif
btn_shindan02.gif
btn_merumaga.png
メディアで紹介されました
赤ちゃんが欲しいクリニック 妊活スタートBOOK 2017
赤ちゃんが欲しいクリニック
妊活スタートBOOK 2017

不妊専門のおすすめ鍼灸院として紹介されました。

赤ちゃんが欲しい2016年秋号
赤ちゃんが欲しい
2016年 秋号

不妊専門のおすすめ鍼灸院として紹介されました。

医道の日本2015年10月号
医道の日本 2015年10月号
はりきゅう師向けの業界誌で当院の不妊鍼灸治療の内容などが紹介されました。

CREA2014年11月号
CREA 2014年11月号
不妊専門のおすすめ鍼灸院として紹介されました。

赤ちゃんが欲しいカップルのためのガイドBOOK
赤ちゃんが欲しいカップルのためのガイドBOOK
不妊専門のおすすめ鍼灸院として紹介されました。
出版書籍
「子宝地図」で赤ちゃんを授かる!
馬場乾竹著「子宝地図」で赤ちゃんを授かる!
新着記事
カテゴリー
メニュー
休診日カレンダー


:休診日

連絡先
〒567-0897
大阪府茨木市主原町6-32
馬場聖鍼堂

Tel/Fax 072-633-3253
受付時間 9:00〜20:00
馬場聖鍼堂ブログ
お問い合わせ