多膿疱性卵巣症候群(PCOS)と不妊の関係とは? - 不妊治療専門漢方鍼灸治療院 馬場聖鍼堂

お電話でのお問い合わせ:072-633-3253 ご相談・ご予約はこちらから

HOME > 1分で分かる不妊治療 > 疾患と症状 > 多膿疱性卵巣症候群(PCOS)と不妊の関係とは?

多膿疱性卵巣症候群(PCOS)と不妊の関係とは?

2014年03月29日

不妊で悩まれている方で多い疾患が多膿疱性卵巣(PCO)または多膿疱性卵巣症候群(PCOS)です。
このページでは、多膿疱性卵巣症候群がどういった症状で、なぜ不妊に関係してしまうのかということを説明していきます。

多膿疱性卵巣症候群(PCOS)とは?

多膿疱性卵巣症候群とは、何らかの要因により排卵ができずに、卵巣内にたくさんの卵胞がたまってしまい、月経異常や不妊という症状をきたしてしまう病態のことをいいます。

原因としては、血液中のインスリン上昇により男性ホルモンが過剰につくり出されることで、黄体形成ホルモン(LH)が高くなってしまうことと考えられていますが、明確にはなっていないのが現状です。

ただ、卵巣内にいくつかの卵胞がたまること自体は、そう珍しいことではないので、月経異常やホルモン値の異常がなければ多膿疱性卵巣症候群とは診断されません。

症状としては、肥満や男性化(体毛が増えたり、声が低くなったりなど)、月経異常、不妊があります。
また、不妊の原因の2割程度は多膿疱性卵巣症候群であるといわれています。

多膿疱性卵巣症候群(PCOS)が不妊に関係してしまう理由

ではなぜ、多膿疱性卵巣症候群が不妊に関係するのでしょうか。

答えは簡単です。
排卵しないためです。

また、多膿疱性卵巣症候群になると、排卵しないために、基礎体温が二層にならず、月経周期がおかしくなり、月経異常となります。
そのため、タイミングも計りづらく、自然と妊娠しにくい状態になってしまうのです。

とはいえ、多膿疱性卵巣症候群で月経異常がありながらも、自力で排卵が起きることがある場合は、タイミングさえ合えば、妊娠する場合もあります。

多膿疱性卵巣症候群(PCOS)の治療と予防

治療は、ホルモン療法により、正常に排卵するようになることを目指して行われます。

特に不妊治療の場合は、クロミッド(クロミフェン)等による排卵誘発が一般的です。
それでも排卵が困難な場合は、腹腔鏡下卵巣焼灼術により、卵巣に数カ所の穴を開けて、排卵しやすくするということも行われます。

また、血糖値がホルモンに関係することから、食生活といったライフスタイルの改善も並行して行うことが大切です。
そのため、普段の生活の中で、規則正しい生活、食事、適度な運動といったライフスタイルに注意するということは、多膿疱性卵巣症候群を予防するためにも、ぜひ気をつけていただきたいところです。


なお、多膿疱性卵巣症候群による不妊とされていた方でも、治療を行うことで70%以上は妊娠できたという統計データがあります。

実際、当院でも多膿疱性卵巣症候群に悩まれているゲストの方は少なくありません。
けれども、多くの方が克服し、子宝を授かられています。

ですので、もし、あなたが多膿疱性卵巣症候群で不妊に悩まれているなら、ご安心下さい。
決して克服できない症状ではありませんので、前を向いて治療に臨んで頂きたいと思います。


合わせて読むことで、より参考になるおすすめページ
◆普段の生活の中に潜む不妊の原因とは?
不妊卒業への第一歩。月経と妊娠の関係
妊活を前向きにできる心の持ち方とは?

_btn08.jpg _btn09.jpg


お問い合わせ
お問い合わせ
お電話でのお問い合わせ:072-633-3253

PageTop

btn_shindan01.gif
btn_shindan02.gif
btn_merumaga.png
メディアで紹介されました
赤ちゃんが欲しいクリニック 妊活スタートBOOK 2017
赤ちゃんが欲しいクリニック
妊活スタートBOOK 2017

不妊専門のおすすめ鍼灸院として紹介されました。

赤ちゃんが欲しい2016年秋号
赤ちゃんが欲しい
2016年 秋号

不妊専門のおすすめ鍼灸院として紹介されました。

医道の日本2015年10月号
医道の日本 2015年10月号
はりきゅう師向けの業界誌で当院の不妊鍼灸治療の内容などが紹介されました。

CREA2014年11月号
CREA 2014年11月号
不妊専門のおすすめ鍼灸院として紹介されました。

赤ちゃんが欲しいカップルのためのガイドBOOK
赤ちゃんが欲しいカップルのためのガイドBOOK
不妊専門のおすすめ鍼灸院として紹介されました。
出版書籍
「子宝地図」で赤ちゃんを授かる!
馬場乾竹著「子宝地図」で赤ちゃんを授かる!
新着記事
カテゴリー
メニュー
休診日カレンダー


:休診日

連絡先
〒567-0897
大阪府茨木市主原町6-32
馬場聖鍼堂

Tel/Fax 072-633-3253
受付時間 9:00〜20:00
馬場聖鍼堂ブログ
お問い合わせ