黄体機能不全と不妊の関係とは? - 不妊治療専門漢方鍼灸治療院 馬場聖鍼堂

お電話でのお問い合わせ:072-633-3253 ご相談・ご予約はこちらから

HOME > 1分で分かる不妊治療 > 疾患と症状 > 黄体機能不全と不妊の関係とは?

黄体機能不全と不妊の関係とは?

2014年03月29日

黄体機能不全とは?

まず、黄体とは何でしょうか?

黄体は、排卵後の卵胞が変化してできるものです。

卵胞は、卵巣で卵子を排卵した後、黄体に変化して、プロゲステロン(黄体ホルモン)を分泌することで、受精卵が卵巣に着床しやすいように働きかけます。

この機能が何らかの要因により弱くなり、プロゲステロンの分泌が少なくなり、着床しにくくなってしまう疾患が黄体機能不全です。

原因は、ホルモン分泌を調節する視床下部という中枢に異常がある場合や、卵巣自体に異常があり、卵胞が黄体に変化する際に問題が生じているという場合もありますが、完全には解明されていません。

症状としては、プロゲステロンの分泌が少なくなることで、黄体期(高温期)が短くなり月経周期が短くなる頻発月経や、不正出血があったりすることもありますが、自覚症状としては現れず、気付かない場合も少なくありません。

黄体機能不全が不妊に関係してしまう理由

このように、黄体機能不全になると、授精まで正常に行えていたとしても、着床しにくいために、不妊状態に陥ってしまうのです。

黄体機能不全の治療と予防

妊娠を希望される場合は、黄体ホルモンを投与することで、十分な黄体期(高温期)を保てるようにし、積極的に排卵誘発剤によるホルモン療法が行われます。

妊娠を希望されない場合は、経過観察となる場合もありますが、不正出血の程度がひどい場合などは、ホルモン剤による月経周期の調整などが行われます。

また、同時に体質改善を図ることも重要で、クリニックで漢方薬が処方されることも少なくないようです。


もし、あなたが、黄体機能不全で悩まれておられ、思うように結果が伴っていないのであれば、漢方や鍼灸治療を併用されることをお勧めします。

漢方や鍼灸治療は、ご自身の自然治癒力を引き出し、高めることができますので、黄体機能不全のようなホルモンバランスの異常に対して非常に高い効果を発揮します。

不妊専門の漢方鍼灸治療院である当院でも、同じ悩みを持たれている方は少なくありませんが、やはり治療効果を体感して頂けています。
当院は、初回無料でカウンセリングと治療を体験して頂けます。
お気軽にお越し下さい。


合わせて読むことで、より参考になるおすすめページ
◆普段の生活の中に潜む不妊の原因とは?
不妊卒業への第一歩。月経と妊娠の関係
妊活を前向きにできる心の持ち方とは?

_btn08.jpg _btn09.jpg


お問い合わせ
お問い合わせ
お電話でのお問い合わせ:072-633-3253
カテゴリ内の次の記事


PageTop

btn_shindan01.gif
btn_shindan02.gif
btn_merumaga.png
メディアで紹介されました
赤ちゃんが欲しいクリニック 妊活スタートBOOK 2017
赤ちゃんが欲しいクリニック
妊活スタートBOOK 2017

不妊専門のおすすめ鍼灸院として紹介されました。

赤ちゃんが欲しい2016年秋号
赤ちゃんが欲しい
2016年 秋号

不妊専門のおすすめ鍼灸院として紹介されました。

医道の日本2015年10月号
医道の日本 2015年10月号
はりきゅう師向けの業界誌で当院の不妊鍼灸治療の内容などが紹介されました。

CREA2014年11月号
CREA 2014年11月号
不妊専門のおすすめ鍼灸院として紹介されました。

赤ちゃんが欲しいカップルのためのガイドBOOK
赤ちゃんが欲しいカップルのためのガイドBOOK
不妊専門のおすすめ鍼灸院として紹介されました。
出版書籍
「子宝地図」で赤ちゃんを授かる!
馬場乾竹著「子宝地図」で赤ちゃんを授かる!
新着記事
カテゴリー
メニュー
休診日カレンダー


:休診日

連絡先
〒567-0897
大阪府茨木市主原町6-32
馬場聖鍼堂

Tel/Fax 072-633-3253
受付時間 9:00〜20:00
馬場聖鍼堂ブログ
お問い合わせ