妊活中のお悩み!ムクミ取りにおすすめ - 不妊治療専門漢方鍼灸治療院 馬場聖鍼堂

お電話でのお問い合わせ:072-633-3253 ご相談・ご予約はこちらから

HOME > テーマ別ブログ > ホルモンバランスを整える > 妊活中のお悩み!ムクミ取りにおすすめ

妊活中のお悩み!ムクミ取りにおすすめ

2016年09月13日

妊活にチャレンジしていると、
ホルモン剤の影響で
手足のムクミに悩んでいるかたも多いです。
今回は、余分な水を出して
ムクミを取るお手伝いをしてくれる
食材をご紹介します。


妊活チャレンジすると、
ホルモン剤を使う機会が
出てきます。

すると、その薬の影響で
ムクミがきつくなり、
手足がパンパンになってしまう方も
多いです。

手をギュッと握ったときに
もわもわして、
いつもと違う感覚に
「違和感を感じる」と
うったえられます。


また、身体が重く感じたり、
お腹がはったり、
便秘に悩まされることもあります。


ホルモン剤は、妊活には
大切なお薬なのですが、
こんな症状は嫌ですね。


これらの症状を改善するのにいいのが、
「小豆(あずき)」です。

小豆は、生薬として日本に伝わったともいわれていますが、
縄文時代からすでに遺跡で発掘されているともいわれていますし、
古くから日本人に親しまれてきたものです。

小豆(あずき)は、その色から
赤・火・血を連想し、
「邪気をはらう」パワーがあるとされています。

昔から、ハレの日に「お赤飯」を食べる
という習慣もありますね。


女の子の初潮が始まったときのお祝いに出されたり、
お子様を授かったあとのお祝い
「お食い始め」には、
鯛と一緒に並べられる品の一つです。
(こういう未来の楽しいイメトレは大事です♪)


私たちには、
スイーツ・あんこのイメージが強いですが、
妊活中は「砂糖」は取りたくないので
砂糖の入っていない
「小豆のおかゆ」「スープ」「小豆茶」を
おすすめします。


日本では馴染みはないですが、
海外では「豆」のスープの具として
小豆(あずき)は食べられています。


「小豆のおかゆ」は、
土鍋で炊くと東洋医学的にも
「土」と「火」のパワーが強くなり
エネルギーもアップされ
身体もより温まります。


「小豆茶」は、
水洗いして乾かしておいた小豆(あずき)を
フライパンで乾煎りします。
黒くなるまで弱火〜中火で15分くらい炒り、
冷まして保存ケースで密閉保存します。
(出来るだけはやく消費してください。)
沸騰したやかんに炒った小豆を入れ、
煮だします。
香ばしいお茶を楽しめますし、
お茶にしたあとの小豆も
ごはんに混ぜたりして食べれます。


「小豆(あずき)」は、
本草綱目には「赤小豆」
甘鹹(あまみ・しおからみ)平。

おしっこをだし、お腹のはりをとり、
下痢を止める。瘀血(血の滞り)を散じ、熱の毒を治す。
気を通じ、脾と胃を健やかにする。
産難を治し、乳汁を通じさせる。
と書かれています。

文献には、
「冷」の記述もあります。
身体の熱をおしっこを出すことで冷してくれるので
「冷える」という意味よりは
「冷ます」ですが、
気になるようでしたら
生薑(しょうが)をいれて飲んでもいいですね。


小豆(あずき)は、ミネラルが豊富で
食物繊維も多いです。
鉄分・葉酸・タンパク質も豊富で、
ポリフェノールが血液をサラサラにしてくれます。
抗酸化作用もあるようです。
卵のアンチエイジングにも
うれしいですね!


妊活に大事な、血の滞りを良くして、
胃腸を元気にしてくれます。

妊活女子から妊婦さん、そして
産後まで身体を助けてくれる食材です。


秋の長雨も続きます。
身体の不要な水抜きにも効果があるので、
取り入れてみてくださいね。


「ホルモンバランスを整える」
ではないですが、
ホルモン剤の影響を改善する食材でした。


あなたの妊活を応援します!


「ホルモンバランスを整える」担当
 岡井志帆



お問い合わせ
お問い合わせ
お電話でのお問い合わせ:072-633-3253

PageTop

btn_shindan01.gif
btn_shindan02.gif
btn_merumaga.png
メディアで紹介されました
赤ちゃんが欲しいクリニック 妊活スタートBOOK 2017
赤ちゃんが欲しいクリニック
妊活スタートBOOK 2017

不妊専門のおすすめ鍼灸院として紹介されました。

赤ちゃんが欲しい2016年秋号
赤ちゃんが欲しい
2016年 秋号

不妊専門のおすすめ鍼灸院として紹介されました。

医道の日本2015年10月号
医道の日本 2015年10月号
はりきゅう師向けの業界誌で当院の不妊鍼灸治療の内容などが紹介されました。

CREA2014年11月号
CREA 2014年11月号
不妊専門のおすすめ鍼灸院として紹介されました。

赤ちゃんが欲しいカップルのためのガイドBOOK
赤ちゃんが欲しいカップルのためのガイドBOOK
不妊専門のおすすめ鍼灸院として紹介されました。
出版書籍
「子宝地図」で赤ちゃんを授かる!
馬場乾竹著「子宝地図」で赤ちゃんを授かる!
新着記事
カテゴリー
メニュー
休診日カレンダー


:休診日

連絡先
〒567-0897
大阪府茨木市主原町6-32
馬場聖鍼堂

Tel/Fax 072-633-3253
受付時間 9:00〜20:00
馬場聖鍼堂ブログ
お問い合わせ