妊活中の不安「どうしよう病」にかかったとき - 不妊治療専門漢方鍼灸治療院 馬場聖鍼堂

お電話でのお問い合わせ:072-633-3253 ご相談・ご予約はこちらから

HOME > テーマ別ブログ > ホルモンバランスを整える > 妊活中の不安「どうしよう病」にかかったとき

妊活中の不安「どうしよう病」にかかったとき

2016年12月20日

妊活中には、いろんな不安に襲われます。
「月経がきたらどうしよう・・・」
「ホルモン値が悪かったらどうしよう・・・」
「いい結果が出なかったらどうしよう・・・」
こんな不安に襲われた時に
少しでも穏やかに過ごすコツをお伝えします。


妊活は、「希望」を持って取り組んでいるものの、
思うような「結果」がなかなか出ないこともあり、
辛く感じることが多いです。


「判定日」や「月経予定日」が過ぎるのを
待つ間は大変苦しい時間です。


「また、ダメだったらどうしよう・・・」
こんな思考にとらわれて、
寝ても覚めても結果について
グルグル考え続けてしまいます。


そして、月経が来てしまうと
今までの努力が水の泡に
なってしまったように感じて
落ち込んでしまいます。


この「どうしよう病」は、
一度はまってしまうと
なかなか抜け出せなくなる
怖い罠です。


でも、これは「願った結果が得られなかった」とき、
「強いショック」を受けるのが
分かっているから起るものです。


人によっては、
心を守る為に
「ダメな結果を受けたときを想像して、
 先にショックを受けておく」
という方法を取る方もいます。


もしくは、無意識のうちに
ダメな理由を作って
身を守ろうとすることもあります。


例えば、
無意識に転んで
結果、「転んだからダメだったんだ」と
言い訳を作ってしまう。

本当は、転びたくないのに!です。


また、結果が出ない自分に
「ダメ出し」をしてしまい、
そんな自分が嫌になって
落ち込んでしまうこともあります。


自分にダメ出しをしていると、
そんな辛い思いを
「もうしたくない!」という
気持ちから、
「どうしよう病」が発動してしまいます。

「どうしよう病」は、
未来の不安です。

「まだ、起っていないこと」に
不安を感じているときに
発動します。


ご飯を食べながら
「どうしよう・・・」
夜寝ながら
「どうしよう・・・」


このような、「ながら時間」を
ストップしていきましょう。


「ながら時間」は、
意識が遠い未来に
飛んでいってしまっている状態です。


まずは、
未来に意識を向けないようにすることが
大事です。


少しずつでいいので、
「今の時間」に集中してみましょう。

たとえば、
ご飯を食べているなら
その食事と味に集中する。


テレビを観ているなら、
テレビに集中する。


パートナーと話しているなら、
パートナーに集中する。

寝ているなら、
自分の呼吸に集中する。


少しずつでいいので
「今の瞬間」にだけ
意識を集中する時間を
増やしていきましょう。


未来の不安を考えなくなると、
今「ほっとする時間」が
増えてきます。


ほっとすると「安心感」で
満たされてきます。

ショックなことが起れば
誰でも傷つきます。
これは、当たり前です。


でも、今の「安心感」は、
未来に起るショックに対する
予防薬となります。
ショックなことが起っても
少しだけ
立ち直るのが早くなります。


ぜひ、「どうしよう病」からくる
未来の不安から
自分を守って下さい。

あなたの妊活の為に。

ホルモンバランスを整える担当
岡井志帆



お問い合わせ
お問い合わせ
お電話でのお問い合わせ:072-633-3253

PageTop

btn_shindan01.gif
btn_shindan02.gif
btn_merumaga.png
メディアで紹介されました
赤ちゃんが欲しいクリニック 妊活スタートBOOK 2017
赤ちゃんが欲しいクリニック
妊活スタートBOOK 2017

不妊専門のおすすめ鍼灸院として紹介されました。

赤ちゃんが欲しい2016年秋号
赤ちゃんが欲しい
2016年 秋号

不妊専門のおすすめ鍼灸院として紹介されました。

医道の日本2015年10月号
医道の日本 2015年10月号
はりきゅう師向けの業界誌で当院の不妊鍼灸治療の内容などが紹介されました。

CREA2014年11月号
CREA 2014年11月号
不妊専門のおすすめ鍼灸院として紹介されました。

赤ちゃんが欲しいカップルのためのガイドBOOK
赤ちゃんが欲しいカップルのためのガイドBOOK
不妊専門のおすすめ鍼灸院として紹介されました。
出版書籍
「子宝地図」で赤ちゃんを授かる!
馬場乾竹著「子宝地図」で赤ちゃんを授かる!
新着記事
カテゴリー
メニュー
休診日カレンダー


:休診日

連絡先
〒567-0897
大阪府茨木市主原町6-32
馬場聖鍼堂

Tel/Fax 072-633-3253
受付時間 9:00〜20:00
馬場聖鍼堂ブログ
お問い合わせ