正しい理解と勇気で叶う夢 - 不妊治療専門漢方鍼灸治療院 馬場聖鍼堂

お電話でのお問い合わせ:072-633-3253 ご相談・ご予約はこちらから

HOME > テーマ別ブログ > 高齢不妊から妊娠する! > 正しい理解と勇気で叶う夢

正しい理解と勇気で叶う夢

2014年09月07日

晩婚化に伴う晩産化は「原因と結果」として当然のこと。
現在進行形で、いっそう妊活高齢化が進んでいるようです。

年齢が高くなれば、卵子も精子も老化するのは明らかなこと。
悲しいですが、誰もが老化現象から逃れることができないのです。
見た目が若くても、体内の卵の状態まで"美魔女"というわけには
いかないのが残念です(涙)

余り知られていなかった卵子老化の事実は、今や常識となりつつあります。
それを知った若い世代が重い腰を上げるきっかけになればいいですね。


ただ、すでにアラフォーとなった世代にとっては
「もっと早く知らせてほしかった」と悔しい思いです。

そして、高齢妊娠はいろいろたいへんらしい、
という情報も追い打ちをかけています。

最近ではインターネットを通じて情報過多になりがちで
間違った情報が独り歩きしたり、一部分だけが強調されたり、
ということもよくありますから、情報収集の際には
リテラシー*) が必要です。
(*膨大な情報の中から必要な情報を抜き出し、活用する能力)

そんななかで、高齢になると流産率が高くなる傾向や
それは染色体の異常が増えるから、といった原因も
多くの方に【高齢=染色体異常】という受け止め方をされることがあり、
「怖い」と感じてしまう方もいらっしゃるようです。

確かに、今では普通になってしまったアラフォー妊活ですが、
30代後半になると1年ごとに妊娠率が下がっていくのは
卵子が少なくなるだけでなく、染色体異常や子宮の問題や、
いろいろ複合的な原因があって
流産率が高まることが指摘されています。

誰しも流産を恐れる気持ちはあると思います。
そして、ダウン症に代表される障害を持った子どもが
生まれたらどうしよう? と恐れる方も多いようです。


障害児を育てる際に考えられるさまざまな問題は、
その家族だけではなく、社会全体の問題でもあるはずですが、
個人ですべてを引き受けなければいけないと感じる方が
非常に多いようです。
そのために産むことができないと結論づけてしまうことに。

確かに現状では弱者に対する社会のサポート体制に
不十分なところが多く、親だけが責任を追わなければならない
と感じさせる原因となっている
のは否めません。
そのへんが大きな課題だと思います。

すべてを個人的な責任にしてしまうことはできませんよね。


ですが、ダウン症の子どもが生まれたらどうしよう?!
と不安に感じてしまう人ほど、ダウン症のことをご存知ない

という傾向があるようです。
今までダウン症の方と直接接したことがないのはもちろん、
書物で学んだり、話を聞いたこともない方も多いのではないでしょうか。
知らないことからくる恐れ、不安感・・・

まずは正しい理解が必要なのではありませんか?

ダウン症に限らず、その他の障害・病気を持って生まれた方ご本人や
親御さんたちのことを知ってほしいなと思います。
当事者でないとわからないことってあるのではないですか。
苦労ばかりではなく、普通に生活するなかで喜びも幸せもあるのでは?

何も知らない段階で「怖い」とか「不幸」だからと否定してしまうのは
あまりにも失礼な話だと思うのです。

また、高齢だったら必ずダウン症の子どもが生まれると
極端に考えてしまう方もいらっしゃるみたいですが、
それも正しくはないですよね。
確率が上がるということですし、年齢が若ければ生まれない
というわけでもないのです。


そして高齢だと、流産も含めて、妊娠期間~出産前後で
問題ばかり起きるとも限らないことを忘れないでくださいね!

もちろん、高齢だからって何も心配はいらないというわけではなく、
高齢出産を奨励するということでは決してありません。
若くても問題が起こることはありますし、
高齢出産でも年齢要因以外のリスクはあります。

しかし、そうした起こるかもしれないすべてのトラブルを
恐れていたら、子どもを持つこと自体がハードル高過ぎです。

どんなに健康な女性でも、お産で危険な状態になることがあります。
そして、子どもは成長過程で、どんなことがあるかわからないものです。

「子どもがほしい」と願うことにはリスクが伴うことについては
誰でも平等と受け止めていただきたいです。

できるだけ安心したいという気持ちもわかるのですが、
"絶対安心"の保証を期待するのは無理があるのではないでしょうか。

同時に、悲しみや苦労だけでなく、喜びや感動の可能性も無限大
という、基本に立ち返るしかないのでは?

新型出生前検査についても誤解が多いようです。
ぜひとも冷静に「何がわかって、何がわからない」可能性があるのか
正しく理解してから受けるかどうか検討してくださいね。
高齢で出産すること、出生前診断を受けること、それ自体が
正しいか間違っているかではありません。
誤解や理解不足のまま決断することがないように願っています。

私も長い間妊活のお手伝いをさせていただいてきました。
リスクを覚悟しながらも、30代40代の方々が妊活をされて
赤ちゃんを授かるのを目の前で見せていただいてます。
そして、元気な赤ちゃんの誕生に感動します。

ゲストのみなさんは「鍼灸のおかげで」とおっしゃってくださるのですが、
高齢でも赤ちゃんを授かり、無事に出産できる力は
紛れもなく、一人ひとりのゲストのなかにあるものです。

そのことを、いつも実感しますね。

妊活したら100%願いが叶うというわけではありませんが、
正しい理解と勇気で叶う夢もあるということですね(^_^)/

一歩踏み出すあなたを全力で応援します!!

             高齢不妊担当の近藤琉水でした。



お問い合わせ
お問い合わせ
お電話でのお問い合わせ:072-633-3253

PageTop

btn_shindan01.gif
btn_shindan02.gif
btn_merumaga.png
メディアで紹介されました
赤ちゃんが欲しいクリニック 妊活スタートBOOK 2017
赤ちゃんが欲しいクリニック
妊活スタートBOOK 2017

不妊専門のおすすめ鍼灸院として紹介されました。

赤ちゃんが欲しい2016年秋号
赤ちゃんが欲しい
2016年 秋号

不妊専門のおすすめ鍼灸院として紹介されました。

医道の日本2015年10月号
医道の日本 2015年10月号
はりきゅう師向けの業界誌で当院の不妊鍼灸治療の内容などが紹介されました。

CREA2014年11月号
CREA 2014年11月号
不妊専門のおすすめ鍼灸院として紹介されました。

赤ちゃんが欲しいカップルのためのガイドBOOK
赤ちゃんが欲しいカップルのためのガイドBOOK
不妊専門のおすすめ鍼灸院として紹介されました。
出版書籍
「子宝地図」で赤ちゃんを授かる!
馬場乾竹著「子宝地図」で赤ちゃんを授かる!
新着記事
カテゴリー
メニュー
休診日カレンダー


:休診日

連絡先
〒567-0897
大阪府茨木市主原町6-32
馬場聖鍼堂

Tel/Fax 072-633-3253
受付時間 9:00〜20:00
馬場聖鍼堂ブログ
お問い合わせ