テーマ別ブログ - 不妊治療専門漢方鍼灸治療院 馬場聖鍼堂

お電話でのお問い合わせ:072-633-3253 ご相談・ご予約はこちらから

HOME > テーマ別ブログ

テーマ別ブログ

馬場聖鍼堂の各分野のプロフェッショナルが綴るテーマ別ブログです。

『高齢不妊』に効く不妊治療
できる!『卵のアンチエイジング』
『月経不順』を解消して快適な月経ライフを
『ホルモンバランス』を整える
『繰り返す流産』は乗り越えられる!
『子宮筋腫』と不妊と鍼灸治療
『子宮内膜症』と不妊と鍼灸治療
『二人目不妊』の原因と治療
今すぐ!『男性不妊』治療のススメ
妊活と不妊の最新情報

不妊治療のやめ時とは?高齢不妊の妊活のしかた

2017年03月11日 [記事URL]

高齢不妊で妊活をしていると
必ず脳裏によぎることがあります。

---不妊治療のやめ時

続きを読む

願い叶って妊娠して不妊治療を卒業!
というのが、一番ですが、
必ずしも努力が報われるわけではないのが
不妊治療
です。

出口の見えないトンネルと言われる不妊治療ですので
やめ時を見極めることはやはり大事なことです。

そこで今回は、
高齢不妊の妊活で
良いやめ時を迎えるために大切なこと

お伝えさせていただこうと思います。


妊娠以外では何をもって不妊治療のやめ時とするか
これは人によって全然違います。

たとえば、最初から不妊治療に
年齢や日付、治療回数などの期限を設定している方もいらっしゃいます。

一番分かりやすい方法だと思います。

ただ、期限や目標を設定すると
その期限が迫るにつれ焦りやストレスが強くなってしまい
逆に身体を悪くしてしまうこともあります。

それでは元も子もありませんよね。

不妊治療は、思っていた以上に時間がかかることも少なくありません。
高齢不妊の場合は、特にそうです。

そんな状態で期限になり、強制終了では
後悔ばかり大きくなってしまいますよね。

ですので、
不妊治療の期限を予め決めたとしても
その時々で柔軟に期限は変えられるよう
ご夫婦で確認しておいた方が
精神的にも楽ですし、後悔を少なくしてくれるのに
良いと思います。


その他にも、金銭面の問題夫婦関係の悪化がきっかけで
不妊治療を終了されるという方もいらっしゃいます。

不妊治療は、高度な治療を受ければ受けるほど
高額な治療費が必要になりますから
どれだけ不妊治療にお金をかけていくのかは
ある程度目算しておき、予算を設定しておくというのも
一つの方法です。

妊活といえど、ご夫婦の生活が土台ですから
不妊治療のために財産を失い、妊活も終了せざるを得なくなる
ということは、できるだけ避けるべきです。

不妊治療にはお金がかかります。

国や各自治体の助成制度や一般の不妊治療保険なども
少しずつ充実してきていますので、
よく確認しておき、うまく利用していきましょうね。


そして、夫婦関係の悪化ですが
意外と少なくありません。

不妊治療を始めてからセックスが機械的になり
自然とセックスレスになり、
夫婦関係が急激にドライになっていってしまうご夫婦は珍しくありません。

高齢の方に限らず若いご夫婦でも最近では多いです。

そもそも女性と男性では違う所だらけなので
お互いの痛みを完全に理解し合うということは難しいことです。

そういうところから
夫婦間で意見のすれ違いが生まれてしまったり、
お互いが一杯一杯になってしまって、
本当なら支え合いたい所がお互いを思いやれなくなってしまう
というご夫婦もいらっしゃいます。

もともとお二人の子どもを授かりたいと願って始めたはずの
妊活や不妊治療だったはずなのに
夫婦関係の悪化が不妊治療のやめ時となってしまうのは
とても悲しいことです。

こういうやめ時を迎えないようにするためにも
オススメなのが
日々の夫婦間でのスキンシップです。

スキンシップだけで、
幸せホルモンのオキシトシンが分泌される
と言われています。

オキシトシンには、
ストレスを和らげ、幸せな気分にしてくれる働きがあります。

焦りがちな高齢妊活だからこそ
幸せを感じながら不妊治療をしていきたいですね。


などなど、
不妊治療のやめ時や終了のきっかけは
ご夫婦によって違うものですが
大事なことは、
ご夫婦がお互いに納得した上で
不妊治療を終了する
ということです。

一番は言うまでもなく妊娠&出産で不妊治療を卒業ですが
そうならなかったとしても
できることは全部やった!すっきり!
というのがやはり理想だと思います。

もちろん、何も後悔が残らないということは
とても難しいことだと思います。

後ろ髪を引かれる思いになるのは、当たり前です。

でも、
それだけ一生懸命にトライされてきたということですから
そこは自信をもっていただきたい所です。


不妊治療のやめ時は、本当に悩みますが
正解はありません。

ご夫婦によって違うもので
ましてや誰かに強制されることでもありません。

当院のゲストは40歳を越えてから不妊治療をスタートされた方や
何年も不妊治療を続けてこられたという方も多いので
やめ時に悩まれていた方もたくさんいらっしゃいますが
やはり、ゲストお一人お一人で違うものです。

どういう結果になったとしても
悔いなく妊活を卒業できるように
今回は高齢妊活のしかたを紹介させていただきました。


が、今回紹介させていただいた内容は
良いやめ時を迎えるためではなく
より良い高齢妊活を送っていただくためのものです。

即ち、
より妊娠しやすい身体づくりに通じていることです。


少しでもあなたの妊活の参考にしていただければと思います。


では、今回はこの辺で。


高齢不妊担当 万木祥太郎



不妊治療でホルモン剤を使用中なら大切にしたい生活習慣

2017年03月09日 [記事URL]

不妊治療中あるあるに、
ホルモン剤などの薬の副作用があります。


普段はそんなことないのに、
ホルモン剤を服用したり、
注射でホルモン補充をしたりすると、
なぜか体調が悪くなる・・・

というような経験をされた方は少なくないと思います。


食食不振、便秘、めまい、体重増加、ほてり、にきび、むくみ、吐き気、
子宮内膜が薄くなるなど、
不妊治療で使われるホルモン剤にはさまざまな副作用があります。

続きを読む

不妊治療でせっかく妊娠しやすくなっても、
体調が逆に悪くなってしまったら、
しんどいし、つらいですよね。


ですが、生活習慣においてあるところを気をつけることで
その負担を減らすことができるのです。


ということで、今回は不妊治療でホルモン剤を使用中の方が、
大事にしたい生活習慣
をお話します。


不妊治療で使われるホルモン剤の種類はたくさんあります。

卵子の成長を助けるもの、
排卵を促すもの、
また、排卵をストップするもの、
子宮内膜をフカフカにするもの、
着床を助けるもの、
妊娠を維持するもの
など、それぞれの目的に応じてホルモン剤が使用されます。


それも、内服薬、注射、膣座薬、点鼻薬など
それぞれに適した補充の仕方があります。


不妊治療専門のクリニックでホルモン剤を使用しても
何の副作用もなくいつも通り過ごせる人もいますが、
なかには、合わないホルモン剤がある人もいます。


ホルモン値が足りないから補うことで、
治療の効果を高めていくわけですが、
それが結果的に逆に身体を弱らせてしまっては
元も子もありませんよね。


その人の体質にもよりますが、
実は、ホルモン剤を服用することで、
身体の中で負担がかかりやすいところ
があります。


ここからは東洋医学的な考え方のお話になるので、
西洋医学とは切り離して考えていただきたいのですが、
ホルモン剤によって、身体の中で負担がかかりやすいところは胃腸と腎臓です。


胃腸は食べたものから元気をつくり、
腎臓は妊娠力そのものを担当するところですので、
不妊治療中ならとても大事になるところです。


ですので、ホルモン剤を使用しているという方は、
胃腸と腎臓を元気にするためのケアが必要ですよ。


ちなみに、私も以前ホルモン剤を服用して
きつい副作用を経験しましたが、
そのときは、寝不足で疲れがたまっていました。

飲んでしばらくしたら、
ものすごい吐き気とめまいに襲われたのです。


東洋医学的には吐き気はそのほとんどが、
胃腸の疲れが原因で起こります。

胃腸は基本的に暴飲暴食や冷飲冷食に弱いです。
ですので、できるだけ胃腸に負担をかけない食生活を心がけましょう。
身体の冷えも胃腸の冷えにつながるので注意ですよ。
また胃腸を元気にするためには、適度な運動も効果的です。
ウォーキングやヨガなど好きな運動を取り入れていけるといいですね。


また、めまいにはいろんな原因がありますが、
腎精が不足することでもめまいは起こりやすくなります。

腎精というのは、腎臓に蓄えられている精力のことをいいますが、
腎精=妊娠力、生命力です。
このとき感じためまいはおそらく腎精の弱りからくるものだったと思われます。


寝不足も腎精の消耗を進行させてしまう原因になりますが、
実は過度な薬の負担も腎精の消耗に影響してしまうこともあります。

ホルモン剤はまだましですが、
栄養ドリンクなどを飲む習慣がある人は要注意です。

栄養ドリンクは飲むとそのときは元気に感じますが、
腎精を過度に消耗することで、
一日で使われる腎精をそれ以上に消耗してしまうからです。

なので、できれば栄養ドリンクに頼らなくてもやっていけるよう、
できれば仕事の負担を減らしたり、
生活習慣の改善などで体質をよくしていくことが大切ですよ。


腎臓は寝不足だけでなく過労でも弱りやすくなってしまいます。
できれば夜は早めに寝て、疲れをためないように
多忙過ぎないゆったりした生活を送れるといいですね。


ホルモン剤も栄養ドリンクも体外から異物が入ってくるのは同じです。

もし、そのホルモン剤や栄養ドリンクというカタチで
体内に入ってきたものがあなたの身体に合わなければ、
身体には何かしらの反応が起こるのは自然なことです。


問題はその負担がどこに現われるかですが、
その影響は胃腸と腎臓が受けやすいのです。


そもそも、ホルモンも東洋医学的には腎臓と深く関係しているので、
過剰にホルモンを追加すれば、
それだけ腎臓ががんばって働かなくてはならない状況
になります。

火に油を注げばどんどん火は強くなっていきますよね。
それと同じイメージです。


ホルモン剤の補充が多い周期は
夜にかかとがほてりやすいという人がいますが、
これも腎臓ががんばることで起こる症状だったりするんです。


かといって、
ホルモン剤を否定しているわけではありません。


加齢によってホルモンはその分泌が下がっていってしまいますが、
ホルモン値が下がってしまっても、
その人に合ったホルモン補充をすることで、
不妊治療の効果は高められるからです。


ですので、今不妊治療中の方が
ご自身に合ったホルモン補充をされることは
少しでも早く結果を出すためには効果的なことだと思います。


ここでお伝えしたいことは、
目には見えない身体にかかっている負担を
放っておかないことが大切
だということです。


不妊治療中はその程度には個人差がありますが、
身体に負担がかかるものです。


不妊治療中だけでなく、
この先もずーっとお付き合いしていく大事な身体です。

できれば、不妊治療中だからって酷使せず、
大事にしていきたいですよね。


ですが、不妊治療にはリミットがあるため、
年齢的にも今は不妊治療のがんばりどき、と努力されている方も多いと思います。


それはもちろん、早く授かれたらそれに越したことはないですが、
その後で身体が元気をなくしてしまっては、
あとで後悔することにもつながりかねません。


不妊治療は新たな道のりのスタート地点でもあります。

無事にお子さんを授かることができたら、
その後には出産を乗り切る体力と
育児を力強くこなしていく体力が絶対必要になります。

だからこそ、この先ずっとお付き合いしていく
あなたの身体を大事にして欲しいのです。


それでなくても忙しい不妊治療、そして妊活ですが、
ホルモン剤を補充しながらの不妊治療をされている方はなるべく、
胃腸と腎臓をケアしながら、身体を大事にして過ごしましょうね。


それが、結果的には妊娠力を高めるだけでなく、
妊娠後の流産予防や、おなかの中で元気な赤ちゃんを育てること、
また安産や育児に向けての体力づくり
につながりますよ。


不妊治療中の身体のケアには鍼灸治療も効果的ですので、
ご希望の方はいつでもご相談いただければと思います。
http://www.e-harikyuu.com/briefing.php


あなたの不妊治療、妊活を応援しています。


繰り返す流産担当 池田由芽



妊活には「良い睡眠が大事!」

2017年03月08日 [記事URL]

妊活には「良い睡眠が大事!」
なのに、快眠が得られずに
悩んでいる方も多いです。
寝付きが悪い、途中で目覚める、
身体がしんどすぎて眠れない・・・
このような状態による「睡眠障害」が
ホルモンバランスの乱れの
原因となっているかもしれません。

続きを読む

快眠が得られない原因は
色々ありますが、今回は、
「脳も身体も疲れているのになぜか眠れない」
「身体が疲れ過ぎてぐっすり眠れない」
こんな場合の「不眠(睡眠障害)」を考えてみます。

「頭(脳)も、身体も本当に疲れた!」

パタッとお布団に倒れ込んで
そのまま泥のように眠りたい・・


そんな状態なのに、
身体が鉛のように重くて
ぜんぜん寝付けない。

眠ったとおもったのに、
体重がかかったところから
ジーンとしびれてきて
肩から手の指先まで広がってくる。


フクラハギがダルクなって
揉んだり叩きたい衝動にかられる。

こんな状態から、
「なかなか寝付けない」
「夜中に目が覚めてしまう」
「目は閉じているのに身体は眠った感じがしない」
「快適な睡眠がとれない!涙」
という経験は、誰しもあると思います。
これらはほんの一例。


それが、一晩くらいならまだいいのですが、
長期間続くと、
身体の疲れが取れないままとなり、
昼間の活動にも影響が出てきます。


この、西洋医学でいう
「ムズムズ脚症候群」に近い症状は、
以外に多くの方が経験しています。


妊活中は、
「規則正しい生活を!」
「良い睡眠をとるように!」と
ゴールデンタイムにお布団に入るように
気をつけているのにもかかわらず、
思うように眠れない夜があると
本当につらいですね。

ホルモンバランスを崩す原因の一つに
なると言えるでしょう。

東洋医学では、夜の睡眠時間というのは、
「昼間に身体の外を守っていた気の流れが
 夜、身体の中に入り込んで
 中の守りを固める。

 そして、身体の腕や脚に
 あふれ流れていた血液も、
 身体の中に戻ってきて
 肝臓に集まり収まることで、
 昼間活動を活発におこなっていた身体を
 静かにさせ、穏やかな睡眠に入る」
としています。

この作用が上手に働く事で、
眠っている間の、
ほとんど活動する事がない身体の
気血の流れをスムーズにさせる仕組みとなっています。


身体がしびれてきたり、重くなったりして
眠れなくなるのも、
この、夜間の気血を流す仕組みが
うまく働かなくなる事が原因の一つです。


これらが起る原因は、
頭(脳)を使いすぎたり、
目を使いすぎる事で、
血液そのものが少なくなってしまっている事。

肝臓が疲れて
血液を上手に収められなくなっていること。

身体が疲れすぎて、呼吸が浅くなり、
気を身体中に上手に気血を
めぐらせられなくなった事。

これらが考えられます。


また、頭(脳)を使いすぎると、
そのエネルギー補給のために、
食べる事で補おうとします。

どうしても食べる量が増えてしまい、
それを消化するのに
胃腸はますます頑張ります。


そのため、身体の中からも疲れるという
悪循環を産む事になります。


こんなときに、
適度に身体を動かす事で
胃腸を助けてあげると、
とってもスムーズにエネルギーの
消化吸収が進むのですが、
頭(脳)ばかり働かせているときは、
忙しさに追われて、
運動につかう時間もとれずにいることが
ほとんどですよね。


運動ができれば
脳がリフレッシュでき
肝臓もノビノビする事が出きます。

頭にばかり熱がこもるのも
防げますし、
身体も助かり、胃腸も助かります。

この、「身体に心地いい疲れ」を味わう
「適度な運動」をする事が
良い睡眠を誘ってくれる
一番の方法です。


ですが、そんな時間が取れないときは、
東洋医学的治療、鍼灸治療が
症状改善に役立ちます。


眠れないということは、
「生命の危機」。
生命力の源である、
丹田(おへそ下)の辺りのパワーが
少なくなっていきます。

まずは、生きる為の気力・血液をまし、
身体の中からの疲れを取り、
頭(脳)の疲れを癒し、
また、それに伴い神経の疲れも取っていきます。


身体が癒され神経が落ち着いてくると、
浅かった呼吸も徐々に深くなり、
心臓がバクバク頑張っていたのが
穏やかになってきます。

西洋医学では、
ホルモンの調整をしてくれるのは、
脳の奥にある視床下部や脳下垂体という部分です。

そこから、分泌されたホルモンが
血液と一緒に身体中をめぐり
子宮や卵巣に運ばれると、
生殖器が反応して活動を始めます。


子宮が上手にホルモンに反応すると、
内膜を厚くすることが出来ます。

卵巣が上手にホルモンに反応すると、
良い卵が育ち、
排卵もスムーズにおこりやすい環境が整います。
良い卵が育つと、
高温期がしっかりと保てるので
受精卵をお迎えしやすくなるのです。

これらの一連の活動をスムーズにする為には、
脳をしっかり休ませることが大事です。
また、子宮や卵巣を収めている「身体」を
休めるためにも
「良質の睡眠」が必要です。

頭(脳)を休めるためにも、
身体を休める為にも、
適度なリフレッシュできる運動を
取り入れてくださいね。

また、鍼灸治療もお手伝いします。


どうしても時間が取れない場合は、
お風呂でゆっくり温まった後、
身体のダルクなる部分に
少しお水をかけてください。
そして、またお湯につかり。
また、少しお水をかける。

3回ほど繰り返してください。
最後は、お水で終わり。

1回目は、冷たくてビックリしますが、
3回目は慣れていくらか平気になりますよ。

表面を急に冷やされた身体は、
いっきに気血をめぐらせようと
活動を始めます。

ちょっとしたショック療法ですが、
以外と効果があるので
足を叩いて叩いて過ごすような夜には
オススメですよ。


良い睡眠が取れる夜を願っています。


ホルモンバランスを整える担当
岡井志帆



プレミアムフライデー、妊活にどう活かす?

2017年02月25日 [記事URL]

今月から始まったプレミアムフライデー
「職場でも導入された!」
という方もいれば、
「全然関係ない・・・」
という方もいらっしゃるかと思いますが
何らかの形で導入されたのであれば、折角ですし、妊活にも活かしたいですよね!

続きを読む



そもそもプレミアムフライデーって何??
という方もいらっしゃるかもしれないので
ざっくり説明すると
"毎月末の金曜日は15時で仕事を切り上げて、
有意義な時間を過ごして、お金を使いましょう!"

というものだと思います。

詳しくはこのページの一番下に公式サイトのURLを書いておきますので
そちらをご覧下さい。


さっそく導入された企業、利用された方は如何ほどだったのか?
そのあたりは分かりませんが
もし、あなたの職場でも導入されたのであれば
せっかくですし、妊活にも活かしたいですよね!

特に高齢不妊で妊活中だったり、男性不妊でお悩みの方は、
お仕事もバリバリで多忙を極めておられる方も少なくないので
積極的に妊活に活用したいところです。

ということで、今回は、
プレミアムフライデーを妊活に活かすオススメな過ごし方
をご提案させていただきます!


オススメ度★★★ 汗をかく

毎日忙しいと、スポーツなどでいい汗をかく機会がなかなかないと思います。

そういう方には、ジョギングやウォーキングがオススメです。

15時に退社できたとして、まだ日差しがある時間です。
ぜひ、日光を浴びながら、軽くジョギングやウォーキングをしてみて下さい。

身体を動かすことで、仕事ストレスなどで停滞気味の気のめぐりを促進することができますし
日光を浴びることで、身体の陽気をアップすることもできます。

そして、しっかりいい汗をかくことで、
新陳代謝がアップするだけでなく
身体の中で滞っていた不要な水分や悪い気を発散することができます。

多忙だったりストレスフルな生活をしながら妊活をされている方は
東洋医学的にお身体をみると
とにかく気のめぐりが悪くなっている方が多いので
運動+日光でいい汗をかくことが、とても効果的なのです。


オススメ度★★ リラックス&休息

お仕事をしながら妊活されている方に多いのは気のめぐりの停滞だけではありません。

身体が疲れ切っている方もとても多いです。

東洋医学的には腎虚(じんきょ)といって、腎臓の力が弱くなってしまっている状態です。

腎臓は、東洋医学では、生命力、精子力を担当しているところですので
卵子力、精子力も腎臓の元気さにかかっています。

けども、多忙な毎日でこの腎臓が弱り切ってしまっている方が
やはり少なくないのです。

常に眠かったり、朝に活力がなかったり
白髪や抜け毛が増えてきたり、身体が冷えやすかったり
耳が聞こえにくかったり

というような自覚症状があるという方は
腎虚状態が疑われます。

こういう方は、このプレミアムフライデーを
飲みに行ったり、遊びに行ったりというように時間を使うのではなく
リラックスしたり、身体を癒すことに時間を使い
いつもよりもスローな時間の流れの中で
早めに就寝されることがオススメです。

東洋医学的に腎臓を元気にするには、休息と良質な睡眠が一番なのです。


オススメ度★ 通院時間に充てる

お仕事をしていると、
クリニックや当院のような不妊専門鍼灸院に行ってみようと思っても
なかなか時間を作れず行けない
という方も少なからずいらっしゃいます。

クリニックに行く時は、だいたい有休を使っている
という方もいらっしゃいます。

また、男性の場合は、多忙を理由に精液検査すら受けていないという方も。

もしそうであれば、この時間でクリニックや鍼灸院に行ってみませんか?

プレミアムフライデーは月末のみではありますが
まずは、行ってみることが大事です。

適切な検査を受け、現状を知るということが妊活、不妊治療の第一歩ですし
東洋医学的にお身体を診て、不妊の原因体質をチェックすることも
妊娠しやすい身体づくりをしていくためにはとても大事なことです。

折角の時間なのに~と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが
不妊治療は時間との勝負でもあります。

折角の時間を無駄にしないということも大事ですよ。


オススメ度マイナス★★★ 不摂生なことに時間をつかう

逆にオススメしたくないプレミアムフライデーの使い方です。

言うまでもありませんよね。
不摂生なことに時間を使うことです。

時間が出来たからといって、早い時間からお酒を飲みに行って
そのまま終電まで深酒になってしまうことであったり
深夜遅くまでテレビやテレビゲームで過ごすなど
一般的に不健康といわれるようなことは
そのまま妊娠力を低下させてしまいますので積極的に避けるべきでしょう。

いつも帰宅時間や就寝時間が遅いという方ほど注意が必要かもしれません。


ということで、今一番ホットな話題(?)
プレミアムフライデーの妊活への活かし方をご提案させていただきました。

今月から始まったプレミアムフライデー、
お店や飲食店によっては、
プレミアムフライデーに合わせたキャンペーンをしているところもありますし
折角の機会ですから、楽しみたいですよね。

土日と合わせて旅行をするのもとても良いと思います。

高齢不妊や男性不妊で悩まれている方は
このプレミアムフライデーで
ご自身のケアをする時間が少しでもできれば
うまく妊活に良いことをしていきたいですね!


ただ、、、
サービス業などで、逆に忙しくなる!という方は
お身体悪くしないか心配です。。

なおさら、お休みの日を大事にしたいですね。(^_^;)


では、今回はこの辺で。


高齢不妊、男性不妊担当 万木祥太郎


<参考>
■プレミアムフライデー(Premium Friday) 月末金曜、何しよう?
https://premium-friday.go.jp/



放置しちゃダメ。妊活中に不正出血があったときには

2017年02月23日 [記事URL]

妊活中に多いトラブルのひとつに
不正出血があります。


ストレスがあったときに経験した!
という方もいらっしゃると思います。
実際、起こるとビックリしますよね。


「また生理?!にしては量が少ないし・・・。」
と思っても、よくわからないし、
とりあえず止まったからまぁいっか。
そんなふうに見て見ぬふりをしたこと、ありませんか?


ですが、妊活中ならなおさら、
原因不明の不正出血があったら心配ですよね。


今回はそんな不正出血の原因や対処法についてのお話です。

続きを読む

そもそも、不正出血というのは、
生理中以外のときに性器から出る出血のことをいいます。


不正出血には、
薄いピンクのものから、
茶オリ(おりものに茶色のものが混ざっているもの)、
また真っ赤な鮮血などがあります。


その色や質、量には個人差がありますが、
この不正出血に悩まされている人は少なくありません。


では、不正出血があると妊娠できないのでしょうか?


それはその原因によります。

不正出血の原因によっては、
不妊につながることもあるからです。


ですので、不正出血があったら、
まずは専門のクリニックできちんと検査を受ける必要があります。


不正出血にはいろんな原因が考えられますが、
どんな原因があろうと、
長期間そのまま放っておくのはよくありません。


実際、私も過去に半年間不正出血を放置していたことがありました。
そしたら、出血がひどくなったので、さすがに病院に行くと、
子宮頸部にポリープが見つかり、すぐに摘出してもらいました。
それもかなり大きくなってたのを覚えています(>_<)


不正出血があると、
どんな原因が考えられるかというと、
不正出血があるタイミングにもよりますが、
子宮筋腫や子宮内膜症、
子宮や卵巣、膣などの炎症や腫瘍、
性器の感染症、
またホルモンバランスの乱れ
などが考えられます。


そして、ときに子宮がんや卵巣がんなどの
病気が潜んでいることもあるので、
定期的に検査を受けることはとても大切なのです。


もしも、毎月排卵と同じ時期に出血があるのであれば、
排卵出血の可能性が高いので、
検査でも問題がなければ、
そこまで気にし過ぎることはありません。


排卵出血とは、
文字通り排卵のときに起こる出血で、
卵子が卵巣の表面を飛び出したときに
毛細血管が切れて起こるときと、
ホルモンバランスが崩れた結果、
子宮内膜がはがれて少し出血するときがあります。


いずれも生理現象なので、
排卵出血があっても病気ではありませんよ。


また、排卵の一週間後くらいに、
着床する際に少し出血することもあります。
これもそこまで気にし過ぎることはありません。
そのまま順調に着床できたら何よりですね。


ちなみに東洋医学的な考え方では、
不正出血の原因は、
オ血(古血)、脾虚、腎虚
などが原因だと考えます。


つまり、もともとの血のめぐりが悪い体質(オ血)や、
胃腸が疲れて消化の働きが弱い体質(脾虚)、
また生命力や生殖の力そのものが弱っている体質(腎虚)

主な不正出血の原因だということです。


子宮筋腫が原因で出血が起こっている人は、
その場所や大きさによっては手術などで筋腫の摘出をした方がいい場合もありますが、
その必要がなく、また検査でも原因不明の場合や、
ストレスなどによるホルモンバランスの乱れが原因とされる不正出血は
体質改善で気にならなくなることもありますよ。


実際私もそうでした(^^)

ホルモンバランスの乱れにより
生理が半年くらい来ないときもあったり、
かと思いきや不正出血が起こることも多々ありましたが、
体質をよくすることで、生理不順も不正出血も治るものなんだ!
と実感しました。


そのような体験をしたからこそ、
今このブログを読んでくださっているあなたにも
妊活中なら体質改善を強くおすすめします!


生理でもないのに出血があったら、
不安でしかないですよね。

その気持ち、とてもわかります。


もし不正出血があって、不安と闘っておられるなら、
まずは不妊専門のクリニックで検査を受け、
そして、体質を改善して身体を元気にすることから
はじめてみてくださいね。


身体のコンディションがよくなることで、
生殖の力も元気になります。


体質改善をすることで、妊娠力が高まるだけでなく、
不正出血や不妊の原因にもなり得る
子宮筋腫や子宮内膜症など子宮やその他の生殖器の
トラブル予防
にもなりますよ。


体質改善をすることで
いいことはたくさんあっても、
悪いことは何ひとつありません。


体質を根本から見直して不正出血がない身体を目指したいと言いう方は、
いつでもお気軽にご相談くださいね。
http://www.e-harikyuu.com/briefing.php


あなたの不安が解消し、
夢がかないますように。


子宮のトラブル担当 池田由芽



「咽(ノド)から風邪になる人」の妊活体質チェック!

2017年02月21日 [記事URL]

朝起きると「最近いつもノドが痛い・・」
また、「風邪かな?」と思うときは
必ずノドから痛くなる・・・。
そんなタイプのあなたは要注意です!
あなたの体質を知ることで、
隠れた弱さをみつけていきましょう。
今回は、「ノドが痛くなりやすい人」と、
「妊娠力」の関係についてです。

続きを読む

まずは、ノドについてのお話からです。


寒い朝、目が覚めたときに
なんだかノドに違和感を感じる事って
ありますよね。


冬の乾燥した空気にさらされると、
ノドの粘膜が潤いを保てず
違和感を感じることがあります。

口を開けて寝ている事が
原因のひとつにもあげられますが・・・。
(^^;)
元気であれば、口を開けて寝ていても
ノドへの影響はそれほどでも無いはずです。

では、何故、すぐにノドに違和感が
起るのでしょうか?

ノドは、重要な守りの場です。

外からの空気や、
食べ物が通過する場所なので、
ノドは簡単に外界と触れてしまいます。


そういう意味では、
ノドは「とっても危険な場所である」
といえます。


空気中のゴミやほこり、
ウィルスなどは
目に見えない小さな物なので
自分ではよける事が出来ません。


なので、
まず「手洗い・うがい」をすることで、
ノドをきれいに保ち、手や口から
身体に悪いものが進入するのを防いでくれます。
これらは、とても有効ですよね!

外界からの目に見えない異物から
しっかり身体を守り、
悪さをするのを防いでくれているのが
ノドにある扁桃腺の働きです。


この強力な守りである
扁桃腺の働きですが、
身体が疲れているときは
やはり弱ってしまいます。


たとえば、
夜更かしをしてしまった翌日の朝。

仕事が忙しくて疲れてしまい、
たくさん寝ても
疲れが取れていないと感じる時。


このような時は、
扁桃腺の働きもそこそことなり、
菌の進入を容易に許してしまいます。


その結果、ノドが腫れて痛んだり、
また、発熱を起こしたりして
「今、菌と戦っているよ〜」
「ゆっくり休まないといけないよ〜」と
知らせるサインとなります。

また、ノドに影響するのは
物質だけではありません。
外気の影響も強く受けます。


空気の乾燥が厳しい時期や寒い時期、
とくに、最近のように、
暖かい日と寒い日が繰り返されるような時は、
身体は急激な変化に対応しきれず
「あ、咽(ノド)が痛い・・」
ということになってしまいます。


このような、身体を守る働きは、
東洋医学でいうと、
特に、身体を守る働きに関係する
「腎の臓」のグループが
重要になります。

もちろん、
ノドにはたくさんの経絡が通っていますが、
「守りの要」といえば
やはり「腎の臓」のグループです。


「腎の臓」のグループといえば、
妊活に大事な「生殖」や「生命力」にも
関係しています。

生命力があふれているからこそ、
病気もせず、生き生きとして
いられるのです。


「夜更かしが続いて身体が弱っている」
「咽が痛い!」というときは、
身体を守る方に力を注いでいます。


なので、
「新しい命を産み育てる」という働きは
二の次になってしまいます。

つまり、
「妊娠力もピンチ!」と
なってしまうと言えるのです。

これらのことからも、
「風邪の引き始めはいつもノドから」
というタイプの人は、
意識して養生をし
体質を改善していかなければいけません。


「腎の臓」の弱りが隠れている!と考えるなら、
身体を癒してあげて
「妊娠力をいつも保てるように!」
「腎の臓」の力をアップ
していくことが大事になります。


良い睡眠は、「腎の臓」を
喜ばせます♪
エネルギーチャージ!です。
免疫力アップとなります。


そして、「リフレッシュの為の運動」を
心がけて下さいね。

仕事で歩き回っても、
疲れを溜めてしまっているのであれば
逆効果です。


「気持ちいい」「スッキリした!」
と思えるような、動きを
取り入れていってください。


適度な休息、適度なリフレッシュ、適度な運動。


これらを意識して、
ノドが痛くならない身体=「腎の臓が強い」身体
を目指して行きましょう♪


あなたの妊活を応援しています!


卵のアンチエイジング担当
岡井志帆でした。



高齢だからといって不妊治療が全てではない。ということ。

2017年02月18日 [記事URL]

先日、芸能界からまたも
高齢妊娠のおめでたい話題がありましたね。

おしりかじり虫でお馴染みの(?)金田朋子さんとスポ根俳優(?)の森渉さんご夫婦です。

金田朋子さんは43歳と一般的には高齢といわれる年齢でしたが、
不妊治療をすることなく、自然妊娠で授かられたそうです。

続きを読む



お二人のブログを拝見させていただいたところ
不妊の検査は受けたけど、いわゆる不妊治療はしなかった
ということでしたので
検査結果には、たとえば体外受精しか無理というような大きな問題はなく
自然に授かるのを待っていたということでしょう。

とはいえ、
金田朋子さんの43歳という年齢に
妊娠したとしても高齢出産になるというリスクへの不安とは
日々戦っていたという胸の内もブログには書かれていました。(森渉さんのブログより)


そんなお二人がご結婚されたのは2013年でしたので
授かられるまでにだいたい3年かかったということです。

お二人は結婚後、
金田朋子さんの年齢を考えて早く妊娠した方が良いのか
それとも二人の目標を優先するのか
ものすごく悩まれたそうです。

そして悩んだ結果、
お二人は、お二人の目標達成を優先することにされたそうです。(金田朋子さんのブログより)

授かられるまでの3年を早いとみるか、長いとみるかは
人によって違うと思いますが
40歳からの3年間は妊娠力を考えると
とても大きいです。

それでも金田朋子さんと森渉さんご夫婦は、お二人とも納得の形で妊活をされ
その結果、3年の月日は経ちましたが
120%の気持ちで赤ちゃんを迎えられる状態 (金田朋子さんのブログより) で
妊娠されたということです。

まさにお二人にとって、ベストのタイミングで
赤ちゃんがきてくれたということですよね。

赤ちゃんはお腹に宿る前に、空の上から二人を見ている
という胎内記憶は本当にそうかもしれませんね。


さて、そんな金田朋子さんと森渉さんご夫婦の妊活は
具体的にどういったものだったのか
というのは、ブログでは明らかにされていませんが
運気を上げる努力をして、運の良さに賭けたそうです。(森渉さんのブログより)

長年不妊治療をしている方からすると
それだけ!?
という気持ちにもなるかもしれませんが
この潔さも不妊治療では大事な要素だと思います。


高齢不妊・妊活だから、
不妊治療を受けないと妊娠できない

そう思い込んでいませんか?

そんなことはないということを
金田朋子さん、森渉さんご夫婦が証明してくれましたね。


もちろん、
何かしら器質的な問題があり、高度生殖医療でしか
妊娠不可能という場合もありますので
人によって違います。

また、年齢要素など妊娠に至る確率も無視できませんし
誰しもが潔く妊活できるわけではありませんから
実際、金田朋子さんと森渉さんご夫婦のように
うまくいくのは希なことかもしれません。

だからこそ、
お二人のメンタル面の力が大きかったのではないかと
思います。


たしかに、
現実は無視できませんし、厳しいものです。

けど、
人は思ったようにしかなりません。

高齢だから不妊治療をしないと妊娠できない

もしかしたら、そう思い込んでいるだけかもしれませんよ。


思い込みはそれを引き寄せてしまいます。

ですので、

できれば、

高齢でも妊娠できる!

こういう気持ちで妊活していきたいですね。


あなたの夢を応援しています。


では、今回はこの辺で。


高齢不妊担当 万木祥太郎


<参考>
金田朋子オフィシャルブログ 「カネトモ地獄。早起きは三文の毒!!」 Powered by Ameba
http://ameblo.jp/kanetomojigoku/

森渉オフィシャルブログ「わたるの毎日運動会」Powered by Ameba
http://ameblo.jp/ra-menmania/



妊活中なら見逃せない!腰痛とサヨナラする方法

2017年02月16日 [記事URL]

春はもうすぐそこですが、
まだまだ厳しい寒さが続きます。


これだけ寒いと身体の節々がこわばって、
動きにくくなったり、
痛むことも多くなりますよね。


身体で痛みが出やすいところというと、
いろんなところがあると思いますが、
寒い時期には腰痛になる人が増えます。

続きを読む

腰痛というと、一度はなったことがある方も多いと思います。


ひどくなると、
ぎっくり腰になることもあります。
毎年寒くなると、ぎっくり腰になる
という方もいらっしゃいますね。


なかには、生理中に腰痛になりやすくなったり、
腰が重く感じるようになる方もいます。


腰が痛くなったり、
だるくなると何をするにもつらいですよね。


腰痛にはいろんな原因がありますが、
腰痛や腰の重だるさ、また腰の冷えが気になる方は、
その原因となっている体質が
実は、不妊と関係していることもあるのです。


ということで、
今回は東洋医学的に腰痛などの腰の症状が起こる原因と
不妊との関係
をお伝えしますね。


腰は人の身体でとても大事なところです。


それは、
腰という漢字の中には要という字が入っていますが、
腰は身体の要(かなめ)となるところだからです。


ちなみに、腰は東洋医学的には
五臓六腑でいうと腎臓と深く関係しています

(ここでいう腎臓は西洋医学で考える腎臓とは考え方が違いますのでご注意ください)。


そして、その腎臓が卵子や精子、それから子宮の働きなどの
妊娠力や生命力を担当しています。


意外かもしれませんが、腎という漢字にも、
実は「かなめ」という意味があるのですよ。


このことから、
身体のなかでも妊娠力、そして生命力を担当する腎臓が大事な存在で、
腰との関係性が強いことがわかりますよね!


ですので、腎臓が弱ると、
腰に痛みや重だるさ、冷えなどの症状が起こりやすくなるのです。


そもそも、腎臓が弱る原因としては、
過労や房事過多(セックスのし過ぎ)、
慢性的な寝不足やストレス
などがあります。


働き盛りで、
朝から晩まで仕事に追われる生活をされているうえ、
慢性的な食べ過ぎ(飲み過ぎ)もあるような、
過労+食べ過ぎ傾向にある方には
腎臓が弱っている方が多いです。


というのも、慢性的に食べ過ぎが続くと、
食べた物を消化するために、
腎臓のパワーがたくさん注がれてしまうからです。


そして、その分腎臓が弱ると妊娠力も弱ってしまい、
同時に、腰痛など腰に症状が起こりやすくなってしまいます。


腰痛の原因には他にもあるのですが、人によっては、
オ血(ドロドロ血、古血)が原因で起こる場合もあります。


オ血というのは、東洋医学の考え方で、
血のめぐりが悪い状態です。


生理中に腰痛が起こりやすい方は、
このオ血体質が原因となっていることが多いです。


このオ血は、
冷えやストレス、また食べ過ぎや偏った食生活
などが原因で起こります。


妊活中に多い子宮筋腫や子宮内膜症をお持ちの方は、
このオ血体質が原因で起こることが多いので、
それと同時に腰痛などの腰の症状も感じやすいです。


このように腰痛は意外にも、
誰にでもありそうな身近な原因から
起こることが多いことがわかりますね。


また、先ほどの腰痛の原因の中から
いろんな原因が重なって起こるので、
それらに対する対策をすることで、
腰痛もその原因となっている根本的な体質も改善していきます。


その体質改善こそが、
今より妊娠しやすい身体になるためのカギ
なのですよ!


では、
腰痛の原因がわかったところで、
どんなことに気をつけたら、
より妊娠しやすい状態を目指せるのでしょうか?

まずは、腎臓が元気になる生活を送るのが一番ですので、
できる限り疲れをためないことが大切です。
そして、しっかり良質の睡眠をとること、
食生活では食べ過ぎは控え、
甘い物やアブラ物はできるだけ控えめ
にしましょうね。


また、ストレスはなるべくためないように発散し、
なんでもため込まないよう、
しんどいときには誰かに頼りましょう。


それと、冷えは万病のモトです。
妊娠力を担当している腎臓は冷えに弱いうえ、
身体が冷えると血のめぐりが悪くなり、
オ血の原因になってしまいます。


妊娠にとって大事な生殖器や卵子や精子などに
栄養やホルモンを常に届けるためには、
血のめぐりをよくすることが大切です。


腰痛や腰の症状が気になる方は、
ぜひ体質を見直してみてくださいね(^^)


きっと今より元気になりながら、
妊娠しやすい身体に近づけます♪


もちろん、腰痛の原因となっている体質を改善して、
妊娠力を高めるためには鍼灸治療も効果的ですよ。


いつでもご相談お待ちしています。
http://www.e-harikyuu.com/briefing.php


あなたの力になれますように。


子宮のトラブル担当  池田由芽



男性不妊に対する鍼灸治療の可能性とは?

2017年02月11日 [記事URL]

不妊の原因の約半分は男性です。

当院にも男性不妊の症状で悩まれるゲストや
遠方からご相談をいただくことが増えてきました。

でも実際、男性不妊に対する鍼灸治療の可能性はどの程度なのでしょうか。

続きを読む



まず、男性不妊かどうかは、
不妊専門のクリニックや泌尿器科のクリニックなどで
精液検査や生殖器の検査などを受けることで
診断されます。

当院に男性不妊でお悩みで来院下さったり、ご相談をくださる方は
こういった検査を受けた上で男性不妊と診断され
西洋医学的な治療をある程度やってみたけど

効果が思っていたほど上がらない・・・
男性不妊の手術を回避したい・・・
体外受精にステップアップしたくない・・・

という方がほとんどです。

ですので、
色々やった最後の最後で東洋医学に懸けたい!
という方が多いのです。

とはいえ、
当院にお越しになれるゲストの方に東洋医学のイメージをお聞きすると
万能、身体に優しい、謎、、、
などなど、
治療効果に期待はしたいけど、よく分からない・・・
ようです。。(^_^;)

まぁ、正直そうだと思います。

ので、
今回は、男性不妊の症状別に不妊の鍼灸治療が適応なのかどうか
一つ一つ簡単に解説してみようと思います。

造精機能障害、OAT症候群に対する鍼灸治療

造精機能障害というのは、
精子を作る能力に問題があり、妊娠に十分な精子を作ることが出来ない状態のことです。

また、OAT症候群というのは、乏精子症、精子無力症、奇形精子症のことをいいます。
つまり、精液検査で精子濃度や運動率、奇形率に問題があった場合です。

男性不妊の原因の90%は、造精機能の問題といわれています。

精巣やホルモンバランスの問題など、
なんらかの要因(西洋医学的には原因不明な場合も)で造精機能にトラブルが生じて
このような状態になるのですが
東洋医学的な鍼灸治療で改善が期待できる症状でもあります。

症状だけで全てを判断することは出来ませんが
東洋医学的にお身体を診ると、体質や生活習慣などに
原因を見出せることが多く
実際、当院に男性不妊でお悩みでお越しになる
ほとんどの方が、こういった症状でお悩みです。

東洋医学的な不妊の鍼灸治療でもっとも大切な
体質改善が造精機能障害、OAT症候群の改善にも鍵になってきます。

経過は人それぞれですが
わずか2,3ヶ月の治療で精液検査の結果が良くなった!
というゲストの方もままいらっしゃいます。

精索静脈瘤に対する鍼灸治療

程度にもよりますが、鍼灸治療で改善することもあります。

精索静脈瘤は、東洋医学的には
瘀血(オケツ)という体質から起こっていることが多く
この体質を改善していくことで、
初期の精索静脈瘤なら改善を期待できます。

ただ、ドクターから手術を提案されるなど
ある程度大きくなってしまった精索静脈瘤については
私も手術をお勧めします。

時間が経てば経つほど、男性だけでなく女性も妊娠力が
低下してしまいます。

早く治療できる方法があるのであれば
早く赤ちゃんを授かるためにも、そちらの方が良いと思います。

ただ、瘀血(オケツ)という体質が改善されないままだと
再発という懸念もありますので
手術をするにしても積極的な体質改善は大切だと思います。

無精子症に対する鍼灸治療

無精子症には、閉塞性の無精子症非閉塞性の無精子症とがあります。

閉塞性というのは、読んで字のごとく
精子が作られていたとしても、射精されるまでのどこかに
器質的なトラブルがあって、射精できない

という状態です。

たとえば、鼠径ヘルニアの手術などで
精路のどこかが癒着や閉塞してしまっていたりすることがあります。

こういう状態では、いくら体質改善をしたとしても
精子が射精されることはありませんので
鍼灸治療のみでは改善することはありません。

精路再建術で精子の通り道を通す手術であったり
TESEやMD-TESEという精巣から精子を採取する方法が必要です。

もちろん、より精子の状態を良くするために
東洋医学的な不妊の鍼灸治療などで体質改善をすることは意味があります。


また、 精路に問題がない非閉塞性の無精子症については
東洋医学的な鍼灸治療を試してみる価値はあるかもしれません。

東洋医学的な鍼灸治療は
体質を見極めた上で、ご自身の生命力、自然治癒力に対して
アプローチしていくものです。

過度な期待は禁物ですが
わずかでも造精能力が残っていれば
鍼灸治療でその力を底上げすることができる可能性はあるかもしれません。

まとめ

男性不妊の症状ごとに鍼灸治療の可能性について書かせて頂きました。

東洋医学だからといって万能というわけではなく
鍼灸治療が適応になるものと、そうでないものとがあるということが
お分かりいただけたかと思います。

基本的には、
器質的な要因(生殖器自体の問題、精路のつまりなど)には、鍼灸治療は適しておらず
その他の要因であれば、鍼灸治療で改善の可能性がある

ということです。

男性不妊の症状の程度や体質などで
改善にかかる時間や経過などは人それぞれですし
先ほども書いたように、時間をかければかけるほど
女性の妊娠力も低下していってしまいますので
状態によっては積極的に手術などの先端医療を勧めることも
少なくありません。

いずれにしても
東洋医学的な男性不妊の治療で大切なのは
東洋医学的に診た原因と体質です。

もし、男性不妊の症状でお悩みで
鍼灸治療を迷っておられるのであれば
参考になさってみて下さいね。

ご相談もお気軽にどうぞ。
http://www.e-harikyuu.com/briefing.php


では、今回はこのへんで。


男性不妊担当 万木祥太郎



お肌の荒れも見のがさない!アンチエイジングのために

2017年02月08日 [記事URL]


この冬一番の寒波がやってくるそうです。
乾燥注意報もたくさんでているこの時期、
もっとも気になるのがお肌の荒れですね。
とくに、「ある場所」の肌荒れがでると
妊活中は気になります・・・

続きを読む

立春を迎え
暦の上では春がきたというのに、
外の寒さはマックスです!
雪がちらつく日がたびたびありますね。


天気予報では、毎日のように
乾燥注意報が流れています。

もちろん、こちらは
火事についての注意報ですが、
空気が乾燥しているのは
気になりますね。

冬は、空気の乾燥、
エアコンの温風などの影響で
お肌はカサカサになってしまいます。


でも、からだの防衛機能が
しっかり働いていれば
影響は最小限に抑えられます。

お肌を潤す保湿力。
東洋医学でいうと「陰を保つ力」が
きちんと働いてくれると
潤いを保つことが出来ます。

この、潤いを保つ力は
妊娠に関係する「腎の臓」のパワーと
かかわっています。


生まれ持った「腎のパワー」が強い。
また、養生をしっかりして
「腎のパワー」を健やかにしている。

このような人は
いわゆる「アンチエイジング」が得意です。


日々の生活が乱れると、
養生がうまく出来なくなり
目に見えてお肌の状態が
悪くなっていきますね。


ストレスや睡眠不足が
お肌が荒れる原因となることは、
女子なら誰でも知っているはず。

もちろん、環境も影響します。

たとえば、生活のなかで
お水にたくさんふれる機会があったり、
また、鍼灸師のように
エタノールをたくさん
使って消毒したりすると、
お肌の油分が取れてしまい
どんどん荒れていきますが、
その環境から離れれば、
もとにもどっていくはずです。


同じ環境でも、
影響が強くでる人もいれば、
そうでもない人がいます。

身体を守ってくれる力、
すなわち「腎のパワー」が強い!
ということです。


ですが、もともと生まれついて
「腎のパワー」が弱い人は
お肌が荒れがちですし、
さらに、養生が出来ていなかったりすると
お肌はどんどんカサカサになっていきます。

「腎の臓」の疲れは、
妊活には大敵です。

踵(カカト)は、
東洋医学では「腎の臓」の
経絡が通っているので
その反応が現れやすい所です。

あなたの踵(カカト)は
いかがですか?(^^)


私も、昔から踵(カカト)の荒れに
悩まされてきました。

なので、「腎の臓」が弱いのだ!と
思って、日々 チェックして
気にかけています。

また、腎のパワーを弱らせる
原因のひとつに
食事も関係があります。


たくさん食べ過ぎると
胃が熱をもち、
その熱でお肌が乾燥していきます。

また、便秘になってしまうと、
その余分な熱が腸にたまり
お肌をさらに痛めつけ
乾燥が激しくなります。


東洋医学でも、
「大腸とお肌の関係は大変深い!」
と言われています。

まさに、その通りですね!

何度も言いますが、
東洋医学では、
そのカサカサが現れる場所も
重要視します。

カサカサが現れるところには、
経絡が流れているので、
身体の不調がその経絡で分かるのです。


例えば、食べ過ぎで胃の問題があれば、
脚のスネ(前側)やお腹、
お顔にカサカサが現れます。


腸に問題あれば、腕や
手の指先に現れがちです。


そして、踵(カカト)や腰に
カサカサが現れると、
腎の臓が疲れているということが
分かります。


また、食べ過ぎは、
回り回って
「腎の臓」も疲れてしまいます。

足の裏や踵(カカト)が
カサカサしているように感じたら、
妊活中は要注意!

「最近、養生が出来ていないかも?」
もしくは、
「もともと弱いからいたわってあげよう♪」
そう思って
生活を見直してください。

睡眠はきちんと取れているか。
食べ過ぎていないか。
便通は問題ないか。


ぜひ、ご自身の身体でチェックしてみて
下さいね。

お肌の状態は、表面的なものです。
大事なのは、根っこの部分です。

オイルやクリームで肌をいたわれば
もちろんキレイになりますが、
塗っても塗っても荒れが治らない。
という状態は、生活から見直さないと
いけませんよね。


もし、そんな状態であるならば、
妊活中は特に身体をいたわって
あげましょう。


妊活に重要な、
「生命力の源!」
「腎のパワー」を養っていきましょうね♪


あなたの妊活を応援しています!


卵のアンチエイジング担当
岡井志帆




《 前 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 


お問い合わせ
お問い合わせ
お電話でのお問い合わせ:072-633-3253

PageTop

btn_shindan01.gif
btn_shindan02.gif
btn_merumaga.png
メディアで紹介されました
赤ちゃんが欲しいクリニック 妊活スタートBOOK 2017
赤ちゃんが欲しいクリニック
妊活スタートBOOK 2017

不妊専門のおすすめ鍼灸院として紹介されました。

赤ちゃんが欲しい2016年秋号
赤ちゃんが欲しい
2016年 秋号

不妊専門のおすすめ鍼灸院として紹介されました。

医道の日本2015年10月号
医道の日本 2015年10月号
はりきゅう師向けの業界誌で当院の不妊鍼灸治療の内容などが紹介されました。

CREA2014年11月号
CREA 2014年11月号
不妊専門のおすすめ鍼灸院として紹介されました。

赤ちゃんが欲しいカップルのためのガイドBOOK
赤ちゃんが欲しいカップルのためのガイドBOOK
不妊専門のおすすめ鍼灸院として紹介されました。
出版書籍
「子宝地図」で赤ちゃんを授かる!
馬場乾竹著「子宝地図」で赤ちゃんを授かる!
新着記事
カテゴリー
メニュー
休診日カレンダー


:休診日

連絡先
〒567-0897
大阪府茨木市主原町6-32
馬場聖鍼堂

Tel/Fax 072-633-3253
受付時間 9:00〜20:00
馬場聖鍼堂ブログ
お問い合わせ